<< Evason Phuketへc... 「鏡は嘘をつかない」 インドネ... >>
チャンプアンから白タクで♪ Murni's warung, Bridges, GAYA, Dunia
b0161409_14411938.jpg



サンティカスパの後、髪が半乾きの状態で取り敢えずお茶をする場所を探しにチャンプアンの方へ・・・

実はこの辺車で通るばかりでじっくり歩いた事がないのです

パッと見ぼろぼろな橋なので渡るにも思わず躊躇してしまう
おじさんが歩いていたので、なら歩いてみよう(笑)


b0161409_14422240.jpg


ぎゃぁ~穴だ!
思ったより板が薄い気が・・・
所々に穴が空いてて、穴からは川が見えるというまるで吊橋にも似た恐怖を感じられます^^;


b0161409_1564565.jpg



ここには落ちたくないなぁ・・・



b0161409_14414358.jpg



お得意のトリップアドバイザーで高評価だったBridges
こちらでお茶でもしようなんて思ってわざわざ来た訳なんですが、何となく足が向かず・・・

でも今となってはやはり気になるので次回訪問したいと思います(笑)


Bridges
Jalan Raya Campuhan,
Ubud, Bali 80581 Indonesia
Phone: 62 361 970 095



b0161409_14424229.jpg



で結局、老舗中の老舗 ムルニーズワルンが近くにあったので初訪問となりました
入り口から入ると奥に渓谷の緑が見えていてなかなか良さそう


b0161409_14425740.jpg



老舗のお店が長く続いているにはそれなりの支持される理由があるんだろうな

これまではそういったお店をわりと避けてしまいがちだったので、これからはたまには訪問して
実際にどんな具合か体験してみようかと最近思い始めてます


b0161409_14434223.jpg



後で気付いたけれど1Fから下に向かって3フロアがあるんです
より川に近付いて緑を感じたかったら下のフロアの方が良いかもしれません
でもちょっと暗いかも


b0161409_14431964.jpg



ストロベリージュース RP25000++
チョコレートケーキRP30000++

ケーキは甘かった・・・(笑)


Murni's Warung
At The Bridge, Campuhan,
Ubud, Bali 80571, Indonesia
Phone: 62 361 975 233


ムルニーズワルンの後、テガルハユまで両替に行こうとしたけど歩くにはしんどい
今から宿に送迎を頼むのも非効率だったので白タクにしようなんて言ってたら、
ムルニーズワルンを出た瞬間、タイミングよく白タクの運転手に声をかけられた
ちょっとガッツ石松風だったので一瞬ひいたけど、めちゃくちゃ愛想がいいので車を見せてもらうとこれが車も新しくてきれい!
さて料金の方はというとここからテガルハユまでRP50000だって

「RP50000? mahalじゃない?近いからRP30000だよ」

「高くないよ~RP50000、普通だよ」

「ええ~でも前ヌリスからカキアンまででRP50000だったよ」

「う~ん、じゃあRP40000」

「ええ~RP35000でどう?」

「だめだめ~RP40000」

とここで粘っている私にオットが耳打ち
「RP5000てたったの50円の違いじゃない?時間がもったいないからトットと乗ろうよ」
・・・確かに(笑)

「じゃぁRP40000で」と言うとガッツは顔をクシャクシャにして満面の笑み
負けた・・・という敗北感をひきずりながら車に乗り込んだけど
このガッツが超面白いおじさんで、ある意味当たりだったかも

こっちは覚え立てのインドネシア語、ガッツはぎこちない日本語で会話が始まる
「インドネシア語を覚えてくれてうれしいでございます。今日はあなたのインドネシア語の先生になります。何でも教えるよ」
というその言葉に負けて、テガルハユで終わるつもりが、買い物とGAYAのジェラート食べにいくのとその後ホテルに戻るまでの車を結局お願いすることになってしまった
ここでも値段交渉が始まり、ガッツが10万というと私は7万(笑)
結局、8万で交渉成立


b0161409_14444255.jpg



JL.ハノマンにあるヨガウェアのショップ Dunia


b0161409_14445843.jpg



ヨガは苦手だけど、かわいらしくて動きやすいウェアが欲しくて訪問
真ん中にあるのはヘアバンド
カラフルで種類も豊富でかわいい♪


b0161409_14451476.jpg



パンツの生地が思ったより厚手だったので結局購入には至らず・・・


Dunia
JL. Hanoman NO.23, Padang Tegal
Ubud, Bali, Indonesia
Tel : 62-361-273-5225


ハノマンからサヤンにあるGAYAまでの道中、覚え立ての単語を駆使しながらガッツと会話
ガッツはイケメンでマッチョでバスケの選手でおまけに頭のいい息子がいるらしい・・・どんな息子だ(笑)
あんまり自慢するものだから、じゃあ写真見せてというと今はもっていないって
明日車を利用してくれるなら持って来るんだって・・・うまいな(笑)


b0161409_14461292.jpg



インドネシア語の会話に付いてこれないオットの存在をすっかり忘れたところでGAYAに到着
かわいらしい制服の笑顔が素敵なスタッフに迎えられ入店

昨年、ウブドのバタンワルでデザートに出されていたジェラートがGAYAのもので美味しかったので一度本店の方にお邪魔したくって、ようやく実現できました
サヤンは私にとっては遠くて不便な場所なのよね


b0161409_14453625.jpg



おお~ジェラートの種類も豊富に揃ってます
タイチョさんお気に入りののオレンジチョコ(上右から3番目)もありました~!
早速ガッツの分も注文



b0161409_14462641.jpg



店先の椅子に座って食べようと思ったら、お店に入った数分の間に突然の豪雨に唖然!
慌てて車に駆け込んで結局車の中で三人でジェラートを食べながら雨宿り
その後も帰り道ずっと会話しながらホテルに到着
車代は8万ルピアに私の下手なインドネシア語に付き合ってくれたお礼ということでチップを2万ルピア追加
結局言い値の10万ルピアを渡したのでした^^
その時もガッツが顔をクシャクシャにして「本当にありがとうございます。インドネシア語を覚えてくれてうれしいよ。で明日どこ行きますか?」というので
「ごめんね~明日は帰ります」
と言ったら大袈裟なくらい悲しそうな顔をして今度来た時にと言って名刺を渡されました

折角なので名刺を載せようと思ったんですが、あろうことかどっかにやっちゃいました(笑)
ご興味ある方はムルニーズワルンの店先に客待ちをしている「ガッツ石松風」or「チャウチャウ犬風」の人で名前がマデさんなら多分彼なので声を掛けてみてください~!


GAYA
Jl. Raya Sayan, Ubud,
Bali, Indonesia 80571
Phone: +62 (0) 361 979252
[PR]
by enakdays | 2011-10-29 22:42 | bali food | Trackback
トラックバックURL : http://enakdays.exblog.jp/tb/16554076
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< Evason Phuketへc... 「鏡は嘘をつかない」 インドネ... >>