カテゴリ:airline( 10 )
まさかの重量オーバーとダブルブッキング@Air Asia
b0161409_1523206.jpg



いつの間にかブログ内の記事のランキングが勝手に表示されていて
それによるとエアアジアの記事が上位にあります
夏の旅行シーズンなのでエアアジアを利用されて検索される方も多かったのでしょうか?

私は初めて利用したのが昨年の11月 
KLを起点として近隣の国へ短距離で利用しました
そして羽田ーKLの長距離も含め現在まで数えてみたら何と12フライト
かなりの頻度でエアアジアを利用しておりました(汗)

乗る前はディレイが多いとか、フライトキャンセルの話等聞いていたので警戒していましたが
実際利用するようになってディレイは1度だけ 
特に何の問題もなく、サービス面で割り切れば快適に利用できています

ところが以前こんなことがありました

前回5月の終わりにバリ入りした時 私のスーツケースは23キロありました
でもガルーダだったので重量制限は20キロでしたがオーバー分は多めに見てもらったようでお咎めなし

問題は帰り バリを発つ便はエアアジア
エアアジアは荷物を預けるのも料金がかかるので、
荷物の重量を念の為25キロで申請しておりました

バリ滞在中数冊本を購入し、あとジョグジャ生活に向け食料も買い増しなどした為、若干重量オーバーしているかなと気にはなっていたんです
でも行きよりも多めに申請しているし、仮にオーバーしたところでまさかスーツケースをその場で開けて荷物を減らすってことはないだろうと楽観的に考えていました

ところがそのまさかが起こったんです(汗)

空港のエアアジアのカウンターへドロップオフする為に出向くと、対応してくれたのは気の良いお兄ちゃん
何か愛想のいい感じだし、「私の隣空いてる?」て聞いたら「大丈夫だよ~」なんて会話をしながら穏やかなムード

ところがこれも長くは続かなかったのでした

問題の荷物を台に載せてみると・・・・チーン 28キロ!
想定外の数字に驚く私 25キロで申請していたのに3キロオーバー

でもここで動揺してはいけないとすぐさま素知らぬ顔を決め込む・・・

すると・・・

Tolong buka kopornya di sini...... kurangi barangnya.....と容赦ない厳しいお言葉

ここでスーツケースを開けろといいました? 荷物を減らせですと??

確か超過料金は1キロ当たり2000円だとどこかで見た気がした・・・
となるとこの場合 3KG x 2000円 = 6000円 高い!!
注)この料金は羽田~KL間の長距離の場合でした

この時咄嗟にステイ先で一緒になったフランス人大学生仮名ジャン・ピエール(本名は違うけど、ジャン・ピエールって感じ)の言っていた話を思い出したんですねぇ
以前シンガポール航空で重量オーバーだった時、「はるばる遠くまで来て勉強している金のないしがない学生なんだ」的なことを言って泣きついたらOKになったという話

設定は無理があるけど・・・やるしかない そう思った(?)

なぜか外人のように大袈裟に困ったポーズを取り、懇願してみるも、お兄ちゃん笑いながら首を振る

ちょっと粘ってみたけど、もういい加減感情に訴えるのも滑稽なので諦めてスーツケースを開けましたとも(怒)

エアアジアのカウンターで(笑)計量台に載せたまま

そしてばっさばっさと目に付いた物を手荷物のカバンに押し込む私
意外とこれが目方が減らずまだ27キロ

「belum! 」 まだ足りないと笑いながらいうお兄ちゃん

これでどうだとばかりに手にしたのは買ったばかりのシャンプー

すると「それは駄目」と阻止される・・・そっか液体だものね 

案外冷静にチェックしているお兄ちゃんでした(笑)

必死にあれこれ引っ張り出して 計量表示が26.3キロを差した時ようやく「OK」が出ました
まだ1.3キロオーバーしておりましたが、そこは大目に見てもらえたみたい^^

とこんな感じでカウンターをしばし占領していた私ですが、後続がどれだけ待たされたかは
気にする余裕も無く、思いがけない荷物整理と恥ずかしさから解放され、そそくさとその場を立ち去りました
でも手にした荷物が・・・手荷物が・・・ずっしりと重みを増したのは言うまでもありません(汗)

あ、そういえば手荷物についてエアアジアでは7キロまでというルールがあります
この時の私の荷物はノートブックもあったし絶対7キロは超えておりましたが、そこまではお咎めなしでした

教訓:エアアジアの計量はシビアです

この教訓をもとに、羽田へ帰る便ではmaxの32キロで申請 実際の荷物は何と30キロでした
持ち上げるとよろめく程
我ながらよく持って帰ってこれたもんだ


b0161409_1523576.jpg


もう一つ オットと二人旅の時
エアアジアの座席指定をいつもの後方の座席でしておりました

早々と乗り込みカメラをいじっていると、乗り込んできたマレーシア人だかタイ人だかよく見分けがつかない乗客達がキャビンクルーを捕まえて何かこちらを見ながら言っている

すると案の定(笑)、キャビンクルーが私の所に来てボーディングパスを見せてと言う
どうぞと見せるとちょっと困惑の表情
そう、私達の座席番号と同じボーディングパスを持った客が他に1組いたのです

これってダブルブッキング!?

で、どうするの?とちょっと落ち着かない気分になってきた私達

よく新幹線なんかでこういう席のトラブルがあると緊張感漂う空気になりがち
おばさんとかが青筋立てて「あんた、私の席に何座ってんのよ」的な

でも、でも・・・・・・・・・・何?
この終始 ゆる~ とした雰囲気は(笑)


ダブルブッキングになった後から来た二人は初めこそキャビンクルーに
「誰か座ってるし~」て言ってたようだけどその表情は終始笑顔 

そして歯向かうことなく空いている一番の後ろの最悪の席(リクライニング不可)に素直に収まり

キャビンクルーはと言えば「煩わせてごめんね」と言う事もなく、きれいな巻髪をたなびかせモデルのような颯爽とした歩きで業務に戻っていきました(笑)

一揉めあるかと思ったのに
ん~何だか一人だけ焦って損した^^;

教訓:エアアジアはダブルブッキングがあります でもアップグレードなんてものはなくてダウングレードはあるかも

まだまだエアアジアに関するこぼれ話や教訓は出てくる可能性有りなので
その時はまたUPする予定?です
[PR]
by enakdays | 2012-09-01 00:00 | airline | Trackback
私的エアアジア利用術
b0161409_13533078.jpg



以前から興味津々だったAIR ASIA
東京~クアラルンプール間は就航していますが、初LCCでいきなり長距離・深夜路線というのは
体力的にいささか抵抗があり、いつか短距離でデビューすることを願っていました
そしてようやくそのチャンスが巡ってきました

今回のように東南アジア4カ国を周遊する場合やはりエアアジアの存在は欠かせません
他の通常航空会社を利用した時にかかる金額の約3分の1程度の料金で抑えることができたのですから利用しないわけにはいきません~

ただ初めてなので不安なことがいっぱい!

エアアジアと言えば不安視されるのがフライトのディレイやフライトキャンセルですが、
キャンセルは一切なかったですし、ディレイに関しても1時間遅れというのはあったけれど許容範囲
通常のエアラインでももっと大幅なディレイに巻き込まれた経験がある私からするとエアアジアはすこぶる優秀でした

実際利用してみて感じたこと、わかったことを忘れないうちにまとめておこうと思います


1.ブッキングは早い方がいい

これは言わずとしれた話ですが、身を持って経験しました
忙しさにかまけ、予定は決まっていたもののブッキングの入力が面倒臭く保留にしていたのですが
2日後、ようやくブッキングをしてみると前回見た金額より1フライト2000円値上がりしていました!
二人だと4000円の差・・・これって結構大きいです


2.ラッキー!チケット代金0円!!でも・・・

エアアジアは時期によっては数々のキャンペーンレートが打ち出されます
今回はそのキャンペーンを目にする事は殆どなかったのですが、1路線だけ「0円」チケットを入手することがました
区間はシンガポールークアラルンプール間
ただ「0円」といっても、

運賃代金 0.00 SGD
運賃、税金、および手数料 36.00 SGD

運賃0円ですが税金および手数料で1人あたり36シンガポールドル(約2200円)
かかてきます

これに下記の追加代金を支払ったので

大型 – 25kg まで---------23.00 SGD ←荷物も追加代金扱い
AirAsia Insure------------ 5.00 SGD
支払い手数料-------------- 8.00 SGD
Seat Fee-----------------3.00 SGD     

結果、総額75.00 SGD (約4500円)

とこんな具合で、1人当たり4500円の出費となりました

もちろん機内預け荷物がなく、保険も座席指定もしなければ、
36SGD + 8SGD (支払い手数料)=44SGD と約2640円で済んでしまいますが

燃油チャージが高騰している昨今、近距離とはいえ、この価格で国際線の飛行機に乗れるのですから
驚きです



3.機内食等の追加サービスの予約は出発日近くになってから

エアアジアは原則払い戻し不可です
機内食等の追加料金分を初めから込みでブッキングしてしまうと、いざキャンセルする時返金されない額が多くなってしまいます
予定がはっきりせずキャンセルが予想される場合、極力基本料金のみで予約して
予定が確実になった時点で追加サービスのブッキングをした方が良いと思われます


4.エアアジアの機内は寒い??

エアアジアの機内は冷蔵庫のように寒いという意見をよく目にしました
毛布も追加代金を徴収するので、これは事前に防寒対策をして毛布も購入した方がいいのかもと心配しておりましたが、結果は「寒くありませんでした」(笑)

利用したのはSIN-KUL, KUL-HKT, HKT-DPS, DPS-SIN間でしたが
Tシャツに薄手のカーディガンくらいは羽織る必要はあったものの、なくても乗り切れる程度

NRT-SIN間で利用したユナイテッド航空がそれこそ冷蔵庫のようで、ダウンジャケットを着た上に、毛布では足らず、更に毛布をリクエストした程で危うく初っ端から風邪をひくところでした

多分、冷蔵庫のように寒いのはNRT-KULの深夜の長距離路線なのかな?
少なくとも私の利用した東南アジア4路線は寒すぎず、暑すぎず、快適でした


5.居心地の良い座席

b0161409_123841.jpg



今回利用した東南アジア間のエアアジアの座席表
機内前方の赤で示された座席はHOT SEATと呼ばれ、指定料金も通常指定料金の5倍も払うことになります
1番前の座席だと足元が広いのでメリットを享受できそうですが、それ以外のシートはさほど魅力を感じられないのですがどうでしょう?

私は元々後方座席を好んで座ります
何かで読んだのですが飛行機事故で被害が少ない確率は後方座席が高いそうです
それに後方だと窓から写真を撮影する時、翼がちょうど入っていい構図で写真が取れます
他にもトイレが近くにあるなど等々

b0161409_12142715.jpg



通常は最後尾の席を指定するのですが、エアアジアの場合はそれは避けました
というのも最後尾の座席はイスの背もたれがリクライニングできない仕様となっている最悪の席

その最後尾の席を好き好んで座る人はまずいないだろうから、その一つ前の30番のシートが
後ろに気を遣うことなく座席を倒せ快適ではないだろうかと

そして指定するのは並びではなく真ん中の席を開けて通路側と窓側です(〇で囲んでいる箇所)
よっぽど満席ではない限り、後方の座席でしかも真ん中のシートに入ってくる人はいません

エアアジアの初フライトのSIN-KUL間で私は当初短い距離だったこともあり、
前方の座席の11番、通路側から2席並びで予約を入れてみました ちょっとした実験です
すると前の方は1席の空きなくびっちり埋まり、案の定、私達の並びで1席空いていた窓側にシンガポーリアンのおじさんが座りました
後方を見てみると前方に比べだいぶ座席に余裕があるようです
大人3人ぴっちり並ぶのはちょっと窮屈だったので、結局後方の席に移動する事にしました

それ以降座席は、後方、そして座席は真ん中空けの窓側と通路側を指定
それからは一切他人が入ってくる事もなく込みすぎず快適にすごせました

前の方の座席が混んで窮屈なんでしょう
離陸後、後方へ避難してくる欧米人やカップルが多かったです
大人3人並ぶ前方座席より、リクライニングがなくても最後尾座席3人分利用したほうがまだ気楽なんでしょうね(笑)



6.エアアジアの機内食はおいしかった!

最近、一般の航空会社の機内食の味・質ともかなり落ちている気がしています
LCCのエアアジアはどうでしょう?
LCCだから大したものではないと偏見を持っていた私
猛省することとなりました(笑)
中には街のお店で食べるより美味しいと感じる物も!

当日機内でも購入可能だそうですが、希望のものがないケースも多いよう
事前に予約した方が割安ですし、安心です


メニュー


b0161409_1050262.jpg




今回SIN-KUL以外の3フライトで機内食を予約してみました
100mlのお水が付いてきます

機内食は大体300円ほどになります



b0161409_10504524.jpg


KUL-HKT間

左がナシレマ 右がチキンライス


どちらもウマ~!!
でもナシレマッが最高♪♪
サンバルの辛さとココナッツミルクで炊いたごはんと小魚とのバランスがいい感じ
利用者の間ではエアアジアのナシレマが旨いと評判だそうです
機会がありましたら是非♪♪


b0161409_1051827.jpg


HKT-DPS間

左がベジタリアンコフタ 右がナシレマッ

ベジタリアンコフタはミックスベジタブルとチーズの団子をトマトベースのインド風カレーで
煮込んでいます
これがベジタリアンとは思えない、コクのある旨味が出ていてとっても美味♪


b0161409_10512217.jpg


DPS-SIN間

左がナシ・クニン・メナド 右がグリーンカレー

スパイシーな鰹と牛肉(ルンダン)とナシクニンの組み合わせ
グリーンカレーはちょっとカレーソースが少なめでした


どれも不味いと思ったものは一つもなく、
機内食はほぼ必ず残す私達ですが全部完食したほどです!


敢えて、個人的にランキングをつけるとすれば

1.ナシレマッ、ベジタリアンコフタ (同率1位)
3.チキンライス
4.ナシクニンメナド
5.グリーンカレー

といった感じ(笑)
今でもあのナシレマは定期的に食べたいと思ってしまうのです^^

と初めてエアアジアを利用してみて感じた事をまとめてみましたが
後になって思い出すこともあると思います
その辺はまたエアアジア搭乗レポなんかもUPした際にお伝えできればと思います♪

尚、内容に関しては個人的見解となるのであくまでも参考程度にお願い致します
[PR]
by enakdays | 2011-12-18 14:30 | airline | Trackback
帰りはマレーシア航空ビジネスで 2011年GW
b0161409_12225555.jpg



今更ですが写真を撮っておいたので記録を残しておきます
GWのバリは行きは大韓航空、帰りはマレーシア航空でした


b0161409_12231085.jpg



バリのングラライ空港のラウンジ
以前よりお料理が増えている気がしました
でも揚げ物多いです^^;

隣の席の欧米人のご家族がクアラルンプールのガイドブックを見て
次の旅行先の研究をしていました
親近感わきます♪


b0161409_12232798.jpg



DPS-KUL間の機内
がらんとしてますね~
実はこの日のビジネスは4,5人くらいしかいませんでした!
大好きな最後尾の座席を指定していたのにも関わらず、
乗務員に前に移動するよう指示を受け、
出発後、後ろの席は乗務員の寛ぎの場になっていました(笑)どういうこっちゃ!



b0161409_12234443.jpg



小さなモニターが前方にあるのみ・・・今となっては懐かしい機種です



b0161409_1224188.jpg


こちらが昼のメニュー

b0161409_12241757.jpg



ツナサラダとフルーツ盛り合わせはエコノミーと殆ど見た目変わらない感じ^^;


b0161409_12243667.jpg



メインはビーフシチューとアヤムマサック
強いて言えばビーフシチューの方が好みでした


b0161409_1224524.jpg



クアラルンプールに到着直前、窓から見える景色にびっくり!
一面の見慣れない緑・・・これはパームツリーなのかゴムの木なのか?
初訪問の場所は新鮮でワクワクします~


b0161409_12251151.jpg



KLには2泊滞在しました
目的はコンドミニアム物件の視察
その件に関してはまたいつか時間ができたらUPするとして・・・

いきなり帰国の日の夜です
日本が誇る黒川紀章作品 素晴らしいです


b0161409_12253093.jpg



MHゴールデンラウンジ
広々として高級感漂うラウンジでした


b0161409_12254667.jpg



途中席が満席で相席になったりもしました


b0161409_12262639.jpg



お料理の種類も豊富
コールド&ホットミールも充実
デザートもいろいろありました♪


b0161409_1226236.jpg



珍しいのが、お料理はオーダーもできるのです
こちらのオーダー可能なメニュー



b0161409_12264133.jpg



帰りのフライトMH0088 成田行
ビジネスは満席で中の様子はこれくらいしか撮れませんでした


b0161409_12265670.jpg



深夜過ぎにサテを勧められても食べる気がおきず
サテは何本と乗務員に聞かれたので試しに1本だけ注文
向こうに座ったおじさんが「サテ8本にビール!」と居酒屋のように威勢がいい
美味しかったけど死ぬほど眠いのでその後爆睡(笑)


b0161409_12271194.jpg



そしてまだ半分寝ている状態で出された朝食 ナシレマ
今見るととても美味しそうです
でもこの時は起きがけで刺激が強すぎ~
真っ赤なサンバルソースにむせながら二口くらいで降参(笑)

今回利用した大韓航空とマレーシア航空はサービスも食事の内容もはっきりいって大したことなかったです

MHはおかまちゃんが多いかなぁ(笑)
KEはビビンバは美味しかったけれどエコノミーでも頂けますしね~
[PR]
by enakdays | 2011-11-17 13:00 | airline
仁川空港で5時間・・・そしてバリへ
b0161409_1026249.jpg


帰国後今週は忙殺されてまして、ようやく週末ゆっくり過ごせそうです

初めて降り立つ仁川空港
噂に違わず、きれいで立派な空港です

b0161409_10265438.jpg


成田も降り立って明るい気分になるような雰囲気にできないものなのかなぁって思ったりして・・・

ラウンジへ向かう道すがら、広場で人だかりに遭遇

b0161409_10272677.jpg


近づいてい見ると観光プロモーションの一環なのか
昔の衣装に身を包んだ人たちがいて旅行客が記念写真を撮っています

韓国の歴史物ドラマは好きなオット
ちょっと記念写真風に一枚(ちなみに女性は私ではありません)
それにしてもこのモデルの人達、皆さん背が高い~
180、それ以上はあるかと思う

b0161409_10274770.jpg


KALラウンジへ
中はとっても広くて成田のラウンジとは規模がさすがに違います
この時は大勢の人がいて混みあっているせいかちょっと写真も撮りづらく
こんな写真しか残ってません

飛行場を見渡せる窓際の席が人気
席数は多いけどあまりゆとりがある配置ではないです
一眠りするのに適したソファがあればとうれしいんですがそれはなかった

b0161409_10282760.jpg


食事は種類はそんなに多くないけれど
ハイアットホテル製のホットミールやコールドミールが並んでいてなかなかゴージャス

b0161409_10284854.jpg


お寿司なんかもありまして、さすがキンパの国
海苔巻き美味しかったです^^

このまま読書をしたいというオットを置いて私は空港散策

今回の旅からMUSTになったアレを入手する為にスタバへ♪

スタバ好きだったけどグッズには興味がなかったんですよね
でも最近今更ながらなんですがマグに興味が沸き
今後、旅に出た時は旅先の記念にご当地マグカップを1個ずつ購入していこうと決めました
記念すべき第一号はソウルで!

b0161409_10292864.jpg


悩んだ末、ハングルプリントのマグを購入♪ W7000也
今回の旅でソウル、バリ、クアラルンプールと3個ゲットできました 詳しくはまた後ほど~

b0161409_10295741.jpg


ああ~こんなの食べたかったなぁ
機内食、ラウンジ食でお腹がいっぱい
韓国の本場の味を試したかったのに!

b0161409_10301430.jpg


何か熱い視線を感じたらビオテルムのポスター
このイケメンは韓流スターなんでしょうか??
ちょっとハーフっぽい?とにかく美形ですね
ところでソウルの巷には本当にイケメンいっぱいいるのかな?
そのうちソウルにて検証が必要だわ(笑)

b0161409_10304668.jpg


5時間の待ち時間は長過ぎず、短過ぎず
バリ行きKE629に搭乗です~

KEの制服の首に巻いたスカーフの先っぽ
ピンと立ちあっがったように加工されているのがカワイイ

b0161409_10311399.jpg


KE629も満席
残念ながら窓側が取れず、真ん中の席の後ろから2列目 配置は2-2-2でした
成田からのKE706よりは若干足元が狭かったけれど
シェルフラットタイプで寝心地良かったです

b0161409_10314594.jpg


似ているお皿ですが、左が詰め物のアミューズ、右がチーズを使った前菜
どちらも美味しかったです♪

b0161409_1032626.jpg


メインはさすがにビビンバは止めて、お魚
味は普通
なぜかチューブ入りコチジャンも付いてましたよ(笑)
お醤油感覚なんでしょうね~

右は到着前の軽食
海老せんとサンドイッチ
このサンドイッチ、野菜のグリルとチーズがサンドされていてこれが意外にも一番美味しかったです♪

「英国王のスピーチ」を見て、寝ていたらあっという間に到着

エコノミーの癖で早く出れるようにすぐに席を立ち上がったら、
CAにこちらにどうぞって誘導されて一番初めに機内から出ることができました
バリの地に一番先に降り立つことが出来たのが何かすごく嬉しかった^^

b0161409_1033241.jpg


途中で写真を撮っていたら他の乗客に追い越されちゃったんですが
ファーストやビジネスってこんな風に係員に誘導されるものなんですね

b0161409_10332675.jpg


ここを見ると「着いたー!」って気がする(笑)
ガルーダではないので心配した入国審査もあっという間

お迎えの三郎さんと無事に会うことができ、さて車へ乗り込む前の一軒

b0161409_10341178.jpg


空港駐車場の右手にあるサークルK

近くにコンビニがなかったり、深夜到着だとここで取り敢えず水を購入するのが便利
早速アクアのボトルを購入し、本日のお宿に向かいます♪
[PR]
by enakdays | 2011-05-14 10:38 | airline | Trackback
大韓航空で出発!
b0161409_0165820.jpg


今回のGWの旅は1年前から予約済み
マイレージを使ってようやく悲願達成といったところです(笑)

成田はこの大きなフライト掲示板があるのがやっぱりいい!旅気分が盛り上がりますからね~
私たちの乗るフライトは上から二つ目の9:25発のKE706

ソウル系由でデンパサールへ向かい、帰りはマレーシア航空を利用しクアラルンプールでストップオーバーして帰国といった行程
どちらも初めて利用する航空会社なので楽しみ~

b0161409_0171463.jpg


成田エアポートレストハウス
前泊で利用しました
通常ならHオーナーズの会員なのでヒルトン成田に宿泊するんですが、
今回は余震等の心配もあったので空港の敷地内に泊まった方がより安心かと思いこちらを予約
古いホテルでしたけどきちんと掃除されていて良かったですよ
結構前泊で宿泊されている方が多かったです
第一ターミナルなら歩いて行けるようですが、シャトルバスがちょうどあったので利用
2分くらいで到着です 
楽天トラベルで朝食なしプラン7500円ほどと格安でした

チェックインカウンターはGWということもあり長蛇の列
思わずいつもの習慣でエコノミーの列に並ぶとこでしたが(笑)、

b0161409_0175789.jpg


今回はこっちで良かったのね・・・ということでガラガラのプレステージクラスの方へ
ここでデンパサールまでのチェックインを行いました

b0161409_0294446.jpg


身軽になったので早速KALラウンジへ

b0161409_0183337.jpg


入ってみると、思ったより狭いような・・・
窓際は半分がビジネス、右半分がファーストクラス用
窓際が殆ど取られてしまったので適当に空いている席に座ることに

b0161409_0185023.jpg


こちらで飲み物と食べ物が用意されているんですが

b0161409_019856.jpg


おにぎりとかパンくらい
ホットミールのようなものはありません
ちょっとショボイ??

NHKの「おひさま」がやっていたのでそれをボケーっと見てるうちに
あっという間にボーディングの時間

b0161409_0193771.jpg


KE706
最新型の機内
シェルフラットタイプがうれしい^^

b0161409_0195846.jpg


この日はビジネスも満席状態
ドリンクの後の食事
やはりKEと言ったらビビンバ?ということでオーダーしてみる

b0161409_0205427.jpg


こちらがビビンバ
驚くことにご飯とおかずが別盛なんですね~
しかもご飯がレトルトパック
コチジャンチューブを適量入れてチャンプルします

b0161409_0212369.jpg


コチジャン控えめのビビンバと食後のフルーツ
このビビンバ
確かに本当に美味しかった!次のフライトでも頼もうかと思ったほど

b0161409_0224756.jpg


朝が早く寝不足気味なので短いフライトでも寝ることに
こんな風に足を伸ばせて寝れるのはやはりビジネスクラスならでは
これを知ったらエコノミーに戻れない~!
いえいえ、これからずーっとエコノミーですから(泣)

b0161409_0233082.jpg


ウトウトしているとあっという間にソウル仁川空港到着
初めて降り立つ仁川空港

b0161409_0241148.jpg


きれいで明るい雰囲気じゃないですか~!

さて、これからデンパサール行きまでの5時間ほど何をしようかな?
[PR]
by enakdays | 2011-05-13 00:31 | airline | Trackback
陸マイラー宣言から一年・・・結果発表!
b0161409_9215475.jpg

                               2010年7月 ヌサドゥア

気付くと今年も残すところ10日
厳粛な気持ちで1年を振り返ってみたりする訳なんですが、
そうそうちょうど1年前に前のブログで私は陸マイラー宣言をしてたことを思い出しました(笑)
突然、陸マイラーとしてどれだけマイルが貯まるのか実験的に取り組んでみたんですね

さてその成果は果たしてどうだったのか・・・?
その後の行く末を気になっている人はいないと思いますが(笑)、
一応宣言をした手前、自分の記録としてこの一年の成果を発表したいと思います

ちょうど一年前ANAアメックスカードを作りANAマイレージクラブのマイルを貯めました

b0161409_9181947.gif


一年で貯まった総マイル数     68,139マイル(内フライトマイル 12,184マイル)
純粋に陸だけで貯まったマイル数 55,955マイル

たった一年でバンコク、シンガポールの東南アジア方面のローシーズン必要マイル数 
30,000マイル x2名分=60,000マイルに到達することができました
純粋に陸だけで貯めたマイル数だと60,000にはちょっと届きませんが、香港までのANA便・提携便利用可の2名分必要マイル数に達しています

もちろん、ANAアメックスカードに入会した時の入会時キャンペーンなどが功を奏しているのですが、
自分で言うのも何ですが、やはり地道な努力の賜物だと思います(笑)
といってもこういうコツコツ・地道系は超苦手なんですけど本当は!

恥ずかしくてなかなかできなかった・・・100円単位でもカード払い
ANAプラスマイルが付くお店を優先的に利用
Edy利用でマイル加算

そして特に楽天の存在が大きかったような気がしてます
楽天でも取り扱っている物ならなるべく楽天で買うようにしたり
ポイント10倍の時を狙ってまとめ買いしたり

そして嬉しかったのが楽天ポイントのマイルへの交換率が
楽天のポイントは2ポイント=1マイルなんですが、
期間限定キャンペーンで2ポイント=2マイルに交換できる時期があったんです
普段の2倍マイルが貯められるんですよ!
その時を狙って貯まったポイントを一挙にマイルに交換したのが大きかったような気がしてます

1年で55,955マイル貯めたということは、単純に1マイル=100円として559万5500円を費やした計算になるんですが、1年にまさかこんな金額を消費をしているとは考えられない訳で、
いかにANAや提携している会社のキャンペーンを活用するのが有効かということの表れです

1年前、たまたまテレビで陸マイラーのニュースを見たオットにそそのかされて始めた陸マイル
それまでは殆どフライトマイル貯めることしか頭になくて、一応デルタの提携カードは持っていたものの
あまり積極的にカード払いをしようと思いませんでした
それが陸マイラー宣言をして普段の生活でたった1年で東南アジアまで行けてしまうマイルが貯まるなんて

侮れませんよ 陸マイル!

ということで来年もコツコツがんばりたいと思います
[PR]
by enakdays | 2010-12-21 09:36 | airline | Trackback
チャンギでの乗り継ぎそしてバリへ
b0161409_0245087.jpg



チャンギに降り立ったら、モニターで乗り継ぎ便のゲートナンバーを確認します
SQ942はE27 
確認できたら後は出発まで2時間ほどあるので時間を潰します
以前、成田発だと乗り継ぎ時間がちょっとしかない為、チャンギで買い物なんて暇すらなかった
今回は逆にたっぷり時間はあるけど何せ眠くて買い物どころではなかったです


b0161409_025447.jpg


チャンギのいい所はこんな風にインターネットコーナーがいたる所にあること
旅先の情報収集とかするのに気軽に使えて便利!
もちろんフリーです
日本だと10分100円とかだもんね~ケチくさ!


b0161409_027533.jpg


眠たい私としては物凄く誘惑に駆られるスペース!
あそこで寝た~い♪
思わず近づいて見たけど、クッションがちょっぴり黒ずんでいたので諦めました

b0161409_0282331.jpg


b0161409_0273576.jpg


飛行機が見れる窓際沿いにはカフェや寛ぎスペースがたくさんあります
羽田もこういうとこ見習ってほしい~!


b0161409_0292199.jpg


カフェで飛行機を見ながらモーニングコーヒー


b0161409_0293921.jpg


飛行機好きな私も大満足のロケーション
やはりこうでないと^^

チャンギでは帰りのシンガポール滞在用に両替 1ドル=63円!
2年前来た時は75円だったからすごい違い!

お茶飲んで、飛行機見て、両替してたら意外とあっという間に2時間は過ぎてしまいました


b0161409_0301441.jpg


デンパサール行きは羽田-シンガポール間と打って変わって満席状態!
面白いことに殆どが白人系でした
シンガポール在住の欧米人?オーストラリア辺りからの人々?
この時期なんでリゾート路線が混んでいるのか不思議
そういう私たちもこの時期暢気に旅行してますが(笑)


b0161409_0303028.jpg


シンガポール離陸時の光景
さすが貿易の拠点だけあって商船がいっぱいです


b0161409_0305521.jpg


ランチとして出された機内食
シーフードを選んだら、シンガポールのキャロットケーキでした
大根餅を卵と海老と炒めて甘辛く味付けしたローカルフード
お味はまずまず・・・でもこれって私にとっていわゆる「もんじゃ」みたいなおやつの感覚なんですよね
SQのミールは以前と比べ質が落ちているような印象
きっとその分、ラッフルズクラスは相当いいのかもね(笑)

そうこうしているうちにングラライ空港に到着~!
2時間半なんあてあっという間
やはりこの距離感がうれしいので将来はシンガポールやマレーシアに住みたいな♪

前回と違ってGAの機内入国審査はないので到着後が心配・・・
ちょうどMHも到着したようなので最後尾の席からずっと小走り状態でした(笑)

b0161409_0352941.jpg


昨年の時と違いVISAの販売窓口が出来ていました!
しかも4つほど?窓口がありました
VISAを買って反対側の入国審査に並んでス~イスイ♪
あっという間に手続きが終わり、荷物もすぐに出てきて
空港外に出れたのは到着から確か20分後!
これまでの最短記録かも~
明らかに改善された様子。やればできるじゃん(笑)
ちなみに昨年のあり得ない状況はコチラ


b0161409_0355934.jpg


さすがに見慣れたけど
この光景を見ると幸せな気分です~♥
[PR]
by enakdays | 2010-11-20 00:50 | airline
羽田発SQでいざバリへ
b0161409_22582715.jpg


11月にどうせ行くならやはり羽田から?
ということで羽田発のSQで出発です

行き
SQ633 HND-SIN 0:30-6:55
SQ942 SIN-DPS 9:25-12:05

帰り
SQ943 DPS-SIN 13:00-15:35
シンガポールへステイして二日後
SQ634 SIN-HND 15:40-23:05


今回羽田発にすることでどれだけのメリットがあるのか興味津々でした

さて羽田を使ってみての結論・・・・やはり成田でいいかな

まず羽田発は深夜便が多いので出発早々睡眠不足でダルダル~
「仕事帰りに羽田から海外へ!」なんて宣伝されてるけど、あれは30前半までですな(笑)
私達にはちょっときつい・・・

それに帰りの足のコネクションが悪いのが難点
帰国時も深夜になるので羽田から自宅まで辿り着くのに一苦労
私たちの場合、リムジンバスの本数が深夜だと1時間に1本しかないので
それを逃すとまた1時間近く待たないといけない
疲れていたのでタクシーの誘惑もあったんですが中央区の自宅までたった20分の距離なのに
深夜料金割り増しで8000円以上もするってことで、結局じっと待つことにしました・・・
もちろんモノレールを使って大江戸線乗り換えもあるんですが、やはり深夜だったので乗り継ぎも悪いし、
荷物を持ってあの浜松町から大門までの上り下りは避けたくもあり・・・

あと羽田の国際空港としての設備やサービスが伴っていない気がします
もっと画期的に便利かと期待していたのですが、実際利用して見ると意外と不便だったという印象
段々これもこなれていくのかどうか・・・?


b0161409_2302791.jpg


自宅からタクシーでTCATに行き、TCAT発羽田行きのリムジンバスに乗車
TCATからは30分弱で着くのであっという間です
ところでこのバス  乗車していたのは私たちを入れてたったの5人
大丈夫なのか?ちなみに帰りは3人だけでした(笑)


b0161409_230547.jpg


さすがに以前見学した時と違って空港自体稼動しているっていう実感があります
隣のカウンターでチェックインするSQの方々

自宅でインターネットのオンラインチェックインをしていたのであとは荷物を預けるだけ
・・・・だったのに、なぜか時間がかかっている(汗)
担当してくれた女性が初めなので慣れていないのか、全く動きが見られない
初めは私も写真を撮って時間を潰していたけど、明らかに隣の通常のチェックインカウンターの方がどんどんはけているのでおかしいことに気付いた
他のカウンターのスタッフも気付いているけど彼女をヘルプするわけでもなく
結局手続きするのに15分以上かかってしまった
これじゃ全然インターネッットチェックインの意味をなしてないし
しかも返されたボーディングパスに不備があったのでそれをまたやり直してもらって・・・
とんだ時間のロスだった
ここでかなり羽田のイメージが悪くなる


b0161409_2315719.jpg


成田のような巨大なフライト掲示板もない 
パタパタ式のアレを見ると出発の気分が盛り上がって好きなんですが・・・
仕方がないのでモニター画面を撮ってみる

手荷物検査、出国審査はバリアフリーですぐの場所なのでここでは時間が短縮されて好印象でした


b0161409_2325881.jpg


出国審査を抜けると目の前にエスカレーター


b0161409_2332431.jpg


広くはないけれど新しくてきれい


b0161409_2334943.jpg


ブランドショップもあって深夜なのに営業してました


b0161409_2341423.jpg


小腹が空いたので何か食べれそうなお店を探すも出国後はここくらいしかなかったような
エスカレーターを上った2Fにある24H営業のフードコート
とはいっても22時以降は頼める料理も限られてて何だかなぁって感じ 
オットがカレーが食べたいというので一つ頼んでシェアしました
出発前に羽田で食事を考えている人は出発ロビーにあるレストラン街の方が種類が多いのでそっちの方が良いかも
ところで羽田の国際線ターミナルには滑走路や飛行機を見ながら食事ができる所がなかった気がします
飛行機マニアとしては物凄く欲求不満
空港で窓がない所で食事ってテンション下がります
もしあるんだったらどなたか教えてください~!


b0161409_2344984.jpg


ここは本当にテーブルと席の間が狭くって、小柄な日本人ならいざ知らず、大柄な欧米人はどうするんだろう
国際ハブ化っていうけれど言葉だけ先行してて、こういう施設もちゃんと考えた方がいいと思う


b0161409_2352190.jpg


出発ゲートに向かいます
出発前にコーヒーでも・・・と思ったら
近くのコーヒーショップ閉店してました
あの~24Hハブだよね?
それに深夜に出発便が集中しているので深夜こそ需要があると思うんですけど・・・


b0161409_23272142.jpg


仕方ないので子供の遊び場?でオットは一休み(笑)


b0161409_2365183.jpg


今は深夜0じなり


b0161409_2371689.jpg


さぁボーディングの時間です♪


b0161409_2374471.jpg


私たちの定位置 最後部の2列席
最後部なので早めに搭乗したのでガラガラです
でも実際席が空いてて、オットは真ん中3席独り占めしてました
深夜便なので足を伸ばせて助かりました!
これ結構重要ですよね

そういえば今思い出したんですけど
私の斜め前の席のインド人ビジネスマンが毛布に首までくるまってガタガタ震えていました
しかも咳を連発して(汗)
もしかしてこの人からオットはバクテリアをもらったのか?
インド人バクテリア説がここで急遽浮上(笑)


b0161409_2383114.jpg


0時30分に出発後、1時過ぎに軽食のサンドイッチが配られます
そして5時間後には朝食が配られます 和食を選択
味はあまり美味しくありませんでした
それよりもっと寝たかった・・・

寝ぼけ眼で飛行機を降りると


b0161409_23563328.jpg


そこはチャンギ!
アジアのハブ空港 さすが規模も設備も違うぞ~
ここからデンパサール行きに乗り継ぎです

次回に続く
[PR]
by enakdays | 2010-11-18 23:46 | airline | Trackback
ANAでバリが安い~!
ANAからメルマガで久々にANAのページにアクセスしてみると嬉しい情報が!


b0161409_184447.jpg



成田発デンパサール行きが期間限定価格で燃油込み47000円(別途成田空港使用税2540円追加)
からあるそうです!

販売期間: 2010年10月29日から12月31日
設定期間: 2011年1月7日から3月31日     日本出発分


最近ANAもジャカルタ行きが設定されて、なぜデンパサールがないの?と嘆いていたんですけど
乗り継ぎっていうパターンでやるんですね~

さてHPで調べてもよくわからないので早速ANAに電話してみました

1月時点のフライトスケジュール

NH937 NRT-JKT 8:40 - 14:25
GA412 JKT-DPS 17:20 - 20:05

GA725 DPS-JKT 19:15 - 20:00
NH938 JKT-NRT 21:10 - 6:30

行きはちょっと成田が朝早いということと、ジャカルタでの待ち時間が3時間と気になるところですが
選択肢が増えて嬉しい限り♪

ところでGAの乗り継ぎってANAとGAはスターアライアンスで提携するのかしら~?
HP上では提携会社に入っていませんが・・・

↑ 再度問い合わせしたんですが(一度で聞けって感じで^^;)
乗り継ぎ便としてGAを使うだけでマイルでの提携はないそうです・・・残念
JKT-DPS間のマイルはANAマイレージクラブ及びスターアライアンスには加算されないとのこと


1月から3月まで旅行の計画がある方は早速チェックですね~!
[PR]
by enakdays | 2010-10-29 18:21 | airline | Trackback
さすが、ガルーダ!
b0161409_10334657.jpg


ガルーダはかれこれ2年ぶりの利用
あの頃の記憶は機内のどっかが壊れ、凍死するかも(大げさじゃなく)と思うほど機内は寒く、
オンデマンドではなかったので時間を持て余して退屈気味・・・

でも今回利用するにあたりタイミングよく最新鋭機で、サービスもよく、それにクルーの日本語もちょっとだけ向上されていた(笑)
さすが2010年度の「世界で最も改善された航空会社」に選出されただけあります
ちなみに日本人クルーがこれから搭乗する予定なんですよね・・・
あの変な日本語が聞けなくなるのは寂しい気がします☇

b0161409_940985.jpg


モニターもこのとおり完備されてます!
映画も多彩なプログラムだったけどなぜか日本語字幕がなかったような・・・

韓国の女刑務所を舞台にした映画を見たのですが、途中から不覚にも涙腺が破壊され、
涙ボロボロ、鼻水ジュルジュル、おまけに嗚咽まで出そうになる有様・・・
しかもラストがハッピーエンドではないので、その後しばらくどんよりした気分に・・・
ああ、私はこれから南国のリゾートへ行くのにどうしてくれる~(笑)

b0161409_109286.jpg


明るいクルーの笑顔に癒され


b0161409_1094948.jpg


機内食は三人全員和食を選んだので、和食の絵のみ
" ツナと穴子の山椒照り焼きソース”
水羊羹がデザート♥ 下手なケーキよりいいかも
味は結構美味しかったです

途中、アクアのボトルとアイスが(ちなみにアイスは食べた後)

b0161409_10102657.jpg


いちいち頼まなくても良いので、機内でアクアのボトルは有難いです
それにハーゲンダッツではないけれど、アイスのサービスは嬉しい!
逆にガルーダでいまだハーゲンダッツが出たら、コスト管理、経営面を心配してしまいますから~

b0161409_10114582.jpg


機内での入国審査
係官が2人各席を回って手続きするのですが、絶対こっちが楽!
これだけでも何倍も得した気分になります
でも着陸後の乗り継ぎ手続きでごたごたしてかなり混乱したんです
その話はまたいつか・・・


今回絶景ポイントのマハギリからはアグン山がきれいに見えなかったので残念だったのですが、
行きのGA881ではデンパサール到着前にはこんなキレイな山々が見えました

b0161409_9381481.jpg

b0161409_10343318.jpg

b0161409_10345727.jpg


私は座席の好みが最後尾の左側
今回もNRT-DPS間もDPS-JOG間も全席事前にRQしておきました
左側だと到着前の山が良く見えますし、それに翼も邪魔しないので気に入ってます


ついでに帰りのGA880の機内食もアップしておきます
帰りは乗ってすぐに出される食事が不味い記憶があって、帰りだけベジタリアンミールでリクエストしました
ところがフライト時間は2年前と違って遅くなった分、乗ってすぐの夕食はサンドイッチ1切れに変わり、帰りは朝食だけしか出ないんです
そうと知っていれば普通食でも全然良かったのですけどね

ベジタリアン 洋食 

b0161409_10252013.jpg


そしてベジタリアン アジア風
b0161409_10254562.jpg


何と朝からカレー!
朝からはちょっと・・・と引き気味だったけれど、これが意外にもイケル!
優しい味の野菜カレーで刺激少なめだけどしっかりとした味で美味しかったです♪

普通の朝食は「オムレツ」か「和のお粥」の選択
朝からカレーを食べたい胃袋に自信のある方は「べジタリアン アジア風」をリクエストしても良いかも~

ここまで改善されて洗練されたガルーダをご紹介しましたけど最後にオチが・・・

More
[PR]
by enakdays | 2010-07-30 10:55 | airline | Trackback