カテゴリ:bangkok etc.( 20 )
またね、バンコク・・・
b0161409_1023670.jpg



先月発生したタイの洪水
この画像の辺りは今どんな状況なのでしょうか・・・

ニュースで見る度その被害の大きさに心を痛めると同時に
個人的には相当やきもきしておりました

というのもバンコクへの旅を計画していたんです 実は

洪水って雨が止んで時間が経つと普通水がひくよねと軽く考えていましたが
タイの場合は普通ではないようで・・・

勾配や海抜等の地形の問題や排水設備の問題、はたまた人的災害とまでいわれていますが
月が変わって良くなるどころか今回の活動の中心となるバンコクの都心部も危うくなってきました
それに汚水ばかりか、毒蛇やワニが逃げたり、感染症の問題等様々な問題が出てきています

今回スコータイ遺跡周遊のツアーに参加を決めていた我が母
3度目の正直(過去、今年の3月は東日本の地震の直後で旅行をキャンセル、昨年はバンコクのデモでキャンセル)ということで満を持しての旅で、たまたまバンコクへ行く事になった私達と途中のフリータイムの時間だけ合流しようという計画も立てていました

ところが母のツアーの方が最近になって催行中止を決定
私達は個人手配でホテルもエアも払い戻し不可のものだったのでギリギリ状況を見て考えようと思っていましたが、状況が急速に良くなるとは思えないと判断して、まだ時間はあるけれどこのタイミングでキャンセルすることに決めました

今回コンラッドバンコクに滞在する予定でした
アドバンスパーチェスの払い戻し不可の料金で予約をしていて、これはいかなる理由でも払い戻しできないという条件になります

コンラッドの東京の予約センターに払い戻しできないか問い合わせてみるとあっさり断られました
次に現地のコンラッドバンコクのリザベーション宛に交渉したところ、驚くほどあっさり払い戻しすると回答が得られて拍子抜けしたくらい
キャンセルが殺到していて大変だろうに、ここは譲歩して次回につなげようという意図なのでしょう
ホテルのご厚意に感謝すると同時に、また絶対帰ってくるからねという想いが強くなりました
エアの方はというとまだ一部払い戻しができないのでペンディングなのですが・・・(汗)

さよならバンコク

行けなくなるとますます行きたくなってしまう(泣)

今はとにかくタイの洪水が一日も早く収束し、復興することを願っています
[PR]
by enakdays | 2011-11-08 11:40 | bangkok etc.
歓喜の激安SPA体験 バンコク旅行記 2011年1月
次回バンコクに行くとしたら・・・
きっとその最大の目的となりそうなのがバンコクのマッサージ

年がら年中、どこかしら身体が凝っている私としては
街中あらゆる所に店舗があり、値段が安い、おまけに店がきれい・・・と
三拍子揃ったバンコクのSPAは魅力的
それだけでバンコク再訪の理由になりうるくらい(笑)

散々文句を言ったバンコクの初めの滞在先ナナでしたが
こういったSPAには通いやすい場所だったのでその点は高評価です~

今回行ったお店をご紹介


b0161409_13582741.jpg



その名もヘルスランド Health Land アソーク店

日本人からすると何だか変なイメージがつきまといそうなネーミングですが
言葉のまんまいたって健全なお店

バンコクのSPAでも大手のようで支店も何店舗かありますが
ここはどちらも店構えがすごくゴージャス!

一見、何のお店かわからないです
地図を見て辿りついた時にはオットと二人後ずさり(笑)
「ここでいいのか?」「地図だとここなんだけど・・・」って



b0161409_13585562.jpg



この看板を見て、ああやはりマッサージのお店で間違いないのねと確認できます
ちょっぴり変な絵だけど(笑)



b0161409_13591674.jpg



そしてこちらが建物外観です
何風というのか・・・白亜の豪邸な佇まい
ちょっと中に入るのが楽しくなってきました~



b0161409_13593964.jpg



恐る恐る入ってみるとドーンとロビーが!
まるでホテルのロビーのような豪華さ
とてもSPAとは思えないです


b0161409_19175260.jpg



上手く写真を撮れなかったけれど
ロビーは本当に広くてホテルのようなゆったりとした空間
あちこちにソファがあって寛げました
お客さんも老若男女で結構男性客が目に付き、
幅広い層に人気があるようです

オットはタイ古式マッサージ 2時間 450バーツ (約1200円)
私はアロマセラピーボディマッサージ 1.5時間 850バーツ (約2300円)

どちらもとってもリーズナブル♪
このゴージャスな雰囲気で街スパ価格で受けられるっていうのが嬉しいです!


b0161409_140216.jpg



アロマセラピー用の個室
ご覧のようにとってもきれいでセンス良い雰囲気
バスタブはありませんが、施術後シャワーを浴びることができます

アロマセラピーの担当はおばちゃんではなく
20代後半くらいの若い女性
こちらの要求にもちゃんと応えてくれてなかなか良かったですよ♪

オットも初めて受けたタイ古式マッサージは相当気に入った様子
あんまりいいって言うので後日またこちらで二人タイ古式マッサージを受けましたから(笑)

タイ古式マッサージは2時間びっちり身体全体を隅から隅まで揉みほぐしてくれて旅の疲れがス~と取れていき、
思わず寝ちゃったくらい
身体もものすごく軽くなっているのを実感できます!
あんなに激しい動きなのに揉み返しもなかったのは感動
日本でもたまにマッサージで揉み返しってあるんですけどね


施術が終わってからエレベーターに一人乗り込むと
古式マッサージ担当のおばちゃんスタッフ軍団に遭遇
ポケットからお金を出して見せながらワイワイ話してます
タイ語だから全然わからないけどどうももらったチップの自慢大会だと思われ
「私は1回でこんだけもらった」的なことを言っていたようなそんな感じ^^;
ガイドブックでバンコクのマッサージではチップが別途必要と書かれていたのを
チェックしておいてよかった~
バリでは滅多にあげませんから
ここではあげないと大変なことになってたかも(汗)



b0161409_1402289.jpg



もう一軒行ったのはやはりアソークの駅前にあるアーバンリトリート urban retreat
予約なしだったけれど1時間後なら大丈夫といわれ1時間後に再度訪問して受けました



b0161409_1403921.jpg



ヘルスランドほどゴージャスな造りではなかったけれど
明るくてセンスのよい造りとなっていて好印象

タイ古式マッサージ 1時間 350バーツ (約945円)

お部屋の写真は撮り忘れてしまったけれど、かわいらしいお部屋でした
こちらはヘルスランドよりは時間換算すると高めですが
こちらも気持良かったです~!

最近、相変わらず眼精疲労と肩凝りでひぃ~ひぃ~言ってるせいか
マッサージのためだけにバンコク行きたいくらいです^^

今度行くならタイオリジナルのハーバルボールマッサージを受けてみたいなぁ♪

最後におまけ
バンコクで気に入ったものの一つ


b0161409_141128.jpg


このかわいい箱の中には


b0161409_1411961.jpg


タイのお菓子 カノムクロック

ココナッツ好きにはたまらない~味♥


持ち歩きしたので見た目きれいじゃないですが
このたこ焼きみたいな形のお菓子
ココナッツミルクと米粉を混ぜて焼いていて
癖になる美味しさ!
再訪したらまた食べたいおやつです♪

今回バンコクではいろいろ食事したけれど
あまり写真がきれいに撮れてないし、イマイチなお店が多かったのでグルメレポは省略します

今年1月のバンコク旅行記でしたがこれにて終了です
次回はバリのネタの合間に、バンコクの後に行ったプーケット、そしてGWのクアラルンプール、
そしてちょっと残っていたかもしれない昨年11月のシンガポールの記事をUPしていきたいと思います
[PR]
by enakdays | 2011-09-28 21:07 | bangkok etc. | Trackback
ルンピニでムエタイ観戦&ワナカーム
b0161409_20111146.jpg



台風直撃ですね
仕事からの帰り道は吹き飛ばされそうになりながら必死でした^^;
もう傘も役に立たないし、強風で息もできない!!
それにしても今年は自然災害がなんて多いのでしょう



バンコクでどうしてもオットが行きたいと言っていた場所
ニューハーフショーとムエタイ観戦
私としてはあんまり興味がないけれど付き合わない訳にはいかないので
渋々行ってきました

bemntyさんが、以前ルンピニスタジアムでのムエタイ観戦されていたのでいろいろお聞きし、
ちょうどレベルの中~高の試合を見ることができ、お陰様で効率よく観戦することができました!
ありがとうございました~♪

TOP画像がルンピニスタジアム
1956年に開設されたそうで、結構年季の入った建物

近くのコンビニでペットボトルを買って持ち込もうとしたら係員に駄目出しをされ、
巨大な紙コップを渡された
ペットボトルの中身をこの紙コップに移さなければいけないんだそうです
何でもペットボトルを持ち込むとエキサイトして選手なんかに投げつける人がいるから
それを未然に防止する為らしい
う~ん、それほどエキサイトするのね?
格闘技の観戦は初めてなのでちょっとドキドキしてきた~!


b0161409_19574779.jpg


リングサイドの席は外国人観光客でいっぱい
私たちは19:00過ぎに着たので前から5,6列目くらいの席でした
最前列で見たい人はもっと早い時間に来た方がよいですね~


b0161409_19581527.jpg



試合中会場のどこかで独特なタイの音楽?が演奏されるんですよね
それが珍しくて初めは気になったけど観ているうちに馴染んできました
まるでサッカーでいうところの南アフリカのブブゼラみたいな
とってもうるさかったけど慣れてしまうとブブゼラがないサッカーは寂しく感じたりして
まあ、こちらはブブゼラほどは全然うるさくないですが



b0161409_19583724.jpg



サッカーとか野球ならまだしも、格闘技系の観戦は苦手
痛そうだし見てるとつらくなるんですよね
なのでルールもわからないし、実は途中飽きちゃって、殺気立っている地元客や、
興奮している外国人客をウォッチングしている方が私的には楽しかったりしたんです(笑)
オットはというと、目を爛々とさせて声を出しながら観戦しておりました







動画の方が独特な雰囲気が伝わると思うのでこちらを!

結局何試合だったか忘れてしまったけど1時間半ほど見たと思います
最後の試合がかなり白熱していて、私もここではちょっと真剣に見入りました


b0161409_201451.jpg



そしてこの時の勝者がこちらの彼
試合後、テレビカメラの取材を受けていました
今回スタッフにお願いして勝者と記念撮影することになっていたので
こちらの控え室に潜入~

割れた腹筋に目が釘付け~!


b0161409_202862.jpg


勝者の彼はとっても気さくに写真撮影に応じてくれて
興奮冷めやらぬオットは満面の笑み!
この顔をお見せできないのが残念(笑)

それにしても無駄のない引き締まったボディ~♪
オットよ、喜んでないで見習ってもうちょい身体何とかしようよ(笑)



この後、遅めの夕食です


b0161409_2023995.jpg



ワナカームというお店
タイ語って記号みたい
日本語表記がなかったら全然訳わかりませ~ん(笑)



b0161409_2025910.jpg



小さな一軒家のお店
ガイドブックに美味しいタイ料理屋さんとして紹介されてました


b0161409_203202.jpg



タイだからビールはシンハ あとバナナ生ジュース


b0161409_2033835.jpg



カリッときつね色に揚げられた春巻きが食欲をそそる~


b0161409_2035642.jpg



その他頼んだお料理勢ぞろい
バンコクでは馬鹿の一つ覚えのようにグリーンカレーを毎回頼んでいたような・・・
今回滞在中、ビビっとくるグリーンカレーに出会えなかったんですよねぇ
どこかお勧めのお店があったら教えてほしいです!

左の揚げ物は・・・


b0161409_2041830.jpg



エビのおり身さつま揚げ?
東南アジアはこんな変な表記がいっぱい^^;
[PR]
by enakdays | 2011-09-21 20:17 | bangkok etc. | Trackback
天空BARで夜景に乾杯♪@シロッコ sirocco 
b0161409_19585871.jpg



10数年ぶりに訪れたバンコクはハチャメチャな所だった
決して悪意ではなく

敬虔な仏教徒の国であるけれど、ゴーゴーバーのような妖しい世界が堂々と存在している
本当に不思議な国だ

そしてこの日行く場所もある意味ハチャメチャな場所

63階の超高層ホテルの屋上にオープンエアのバーがあるのだから
こんなことは日本では考えられない
多分、安全上、建築基準法で許可されていないと思うけど・・・


b0161409_20221452.jpg


ホテル ルブアアットステートタワー
この高層タワーの63階にあるシロッコに向かいます



b0161409_20214079.jpg


確か、ちょうどホテルの前の横断歩道だったか・・・
一応、ドレスコードがあるかもしれないと思い
オットはいつもの短パンTシャツは止めて、このスタイル

無難かなと思いきや、ここでまさかの問題があったんですねぇ・・・

ホテルに入り、シロッコへ行くエレベーターに乗り込もうとすると
オットがスタッフに呼び止められた
なぜ呼び止められたのか私もオットも「??」って状態
するとオットの背負っていたデイパックを指差し、
これは駄目だからこちらで預かりますだって・・・
何で?って理由を聞くと、「カジュアルだから」
このデイパック
会社にも持っていけそうなシックなデザイン&色なのでまさかここで引っかかるとは
思いもしなかった^^;
何だか納得いかなかったけど時間もないしここで交渉するのも面倒臭い
貴重品だけ抜き取りオットのデイパックは没収されることに~


b0161409_20414628.jpg


天空に浮かぶシロッコ・・・
こちらはHPから画像拝借しました

本当はこの絵が撮りたかったんだけど、
私が撮ろうとしたらサ~っとスタッフが飛んできてここでは撮らないで下さいと制止された
この全景が撮りたかったので残念無念

写真手前はダイニングエリア
奥の丸く光っている場所がバーカウンター

私達はバーの利用なので奥のスペースで立ち飲みとなります


それでは写真OKの場所をご紹介していきますね~



b0161409_20481991.jpg


チャオプラヤ川方面
何となくウチの近所に似ている風景



b0161409_20494435.jpg


高層ビルが林立する街並み
10年振りに訪れたバンコクはすっかり都会になってました



b0161409_20501242.jpg


バーカウンターに群がる人たち
私達もこの輪の中に加わろう~

何人かとちょっと話したけど、ドイツ、アメリカ、カナダ・・・
皆さんはるばる遠くからお越しでした

何かこの場所にいると妙な一体感を覚えます
バンコクという旅先で
決して母国ではあり得ない63階というこの異空間で
天空を感じながら
非日常のこの一瞬に乾杯~♪



b0161409_20503857.jpg


このバーテンダーがすごくテキパキしていて、全員の注文を見事に捌いていました
私は記憶力が持たないので客とオーダーをセットで覚える芸当などとても無理
ちょっと尊敬の眼で見てしまいました~



b0161409_2051494.jpg


ドロドロの濃厚マンゴージュース♪
やはりタイのマンゴーは絶品♥
カクテルを飲みたかったけど喉がからからだったし、高所恐怖症としては念の為アルコールは止めておこう・・・
って高所恐怖症の癖によく来たよね(笑)


b0161409_20513383.jpg


この印象的なドーム型の建物
これから夜に向かうに連れていろんな表情を楽しませてくれます


b0161409_21225426.jpg


夕焼けに赤紫に染まって何とも美しい
誰かの頭が入っちゃったけど



b0161409_21123492.jpg


先程見た街も夕焼け色に染まっていました



b0161409_21363293.jpg


ちょっと怖かったけれどここで過ごす時間は最高の思い出の一つ
私の場合ちょっと柵からは距離を置いて、そして下を出来るだけ覗き込まないようにしながら
それでも十分楽しめました^^



b0161409_2133950.jpg


背景の空が黒になりました
ライトアップされたドームがくっきりと浮かび上がって美しいです
バーカウンターもいろんな色に変化していきます



b0161409_21134374.jpg


月も出ていて



b0161409_2114489.jpg


すっかり夜景に変わっていました
バンコクの夜景、思った以上に美しかった
下界にいるとゴミゴミして煩わしく感じる事も
あの汚いチャオプラヤ川も
この高さからだと全てが美に変わるといった感じ(笑)

ゆったりダイニングでお食事もいいけれど、
この63階のオープンエアというシチュエーションをアトラクション的なものと捉えれば
バーカウンターで他国の人と肩を並べて一杯やるっていうのもアリだと思います♪



Sirocco
State Tower 63th Floor,
1055, Silom Rd., Bangrak
02-624-9555
18:00-1:00
[PR]
by enakdays | 2011-09-19 22:40 | bangkok etc. | Trackback
涙の象乗り体験@アユタヤ遺跡
b0161409_12245677.jpg



水上マーケットの後に向かったのは世界遺産 アユタヤ遺跡
水上マーケットから車で1時間半ほどだったかと


b0161409_1225168.jpg


その前にアユタヤにあるホテルのレストランでランチ
こういうツアーだともっと団体専用のいかにもなレストランに連れていかれるかと思いきや
案外小奇麗なホテルのレストランでのインターナショナルブッフェだったので高評価♪

ランチ後はアユタヤ遺跡の観光スタートです!
ところが朝とは打って変わってありえないほどの快晴
太陽がジリジリと照りつけ尋常ではない暑さの中の遺跡見学です^^;


b0161409_12254958.jpg


広い敷地に点在する主要な遺跡を見るにはその間は車で移動
まずはワット・ヤイチャイ・モンコンにある涅槃像
暑いので離れた木陰から撮影(笑)


b0161409_1226635.jpg


袈裟をまとった仏像が並んでその姿は圧巻


b0161409_12262651.jpg


俳優の岸部一徳似の仏像発見~

それにしても焦げそうに暑い(笑)


b0161409_12265911.jpg


東京の暑さと比較すると光線が更にきついです
真夏の14時過ぎに普通歩き回ったりしませんからね
旅行会社が用意してくれた雨傘のような強力日傘
これがないと逃げ場がない感じで相当しんどいと思います


b0161409_12272256.jpg


ぐた~

ワンコも寝るしかない


b0161409_1227459.jpg


ぐた~
ここにも(笑)
死んでるみたい


b0161409_122862.jpg


ワットプラマハタート
仏の頭が菩提樹の木に覆われた姿は
アユタヤ遺跡の象徴
他にもビルマ軍に破壊された頭部のない仏像が並ぶ姿は
栄枯盛衰の儚さを感じさせ見ていると胸が詰まります

b0161409_12283276.jpg


ワット・プラ・シー・サンペット
3基の塔が美しく並んでいます

b0161409_12285256.jpg


ピサの斜塔ならぬ傾いた仏塔


b0161409_12291014.jpg


ワンコと遺跡

ここで自由行動になったけどもう暑くて遺跡どころではないといった状態
午前中の方がまだ涼しくて良かったかな・・・ちょっと後悔
アユタヤ遺跡を訪れるのは2回目
世の儚さ、滅びの中の美を感じるとても印象的な遺跡だったので
また涼しい時にじっくり見てみたい


b0161409_12293461.jpg


最後にアユタヤの象乗り体験が付きます
でも高所恐怖症なので辞退しようと思っていました
ところが皆が乗っている間待っていてと言われた場所が
とにかく臭い
動物園で嗅ぐような強烈な匂い~
ここで待つくらいなら私も象に乗る!といったのが運の尽き・・・

象の高さは思った以上にそれはそれは高く恐怖の一言に尽き
動き出したら とにかく怖いんですけど~!!!

「ア~ ○X▲#*・・・」

言葉にならない言葉を絶叫し
隣のオットから「大丈夫だから」と何度も声を掛けてもらい
必死に座席の取っ手を握り締め
怖さのあまり結局殆ど目を開けることができなかった(泣)

涙を流しながら、嗚咽まで出しながら、たまに薄目を開けると
すれ違う他の象に乗った客の「この人大丈夫?」という呆れた視線・・・・
でも私からすると平然と笑顔で乗っているそっちが異常なんですけど~(笑)

b0161409_1230042.jpg


撮れたのはこの象使いの背中の写真だけ・・・

ああ、臭さに耐えかねて乗った私が馬鹿だった
これがXゲーム以外の何物でもなかった私の象乗り体験


b0161409_1230252.jpg


でも普通の人は皆笑顔でとっても楽しんでいたようなので
機会があったら体験された方がよいと思います~多分^^
[PR]
by enakdays | 2011-09-06 12:33 | bangkok etc. | Trackback
水路をすいすい♪@ダムヌンサドゥアック水上マーケット
b0161409_2018456.jpg



わ~い!今日からエキサイトで予約投稿ができるようになったようですね~
以前のブログの方ではその機能があったのでエキサイトに移ってから
予約投稿できないことに悶々としてました
ブログって気分が乗らないと全然書けなくなるので(私だけ?)
調子の良い時これで書き貯め、編集できるのね~うれし^^


バンコクからちょっと足を延ばして観光するとなると
思いつくのは水上マーケットやアユタヤ遺跡
折角なので出かけてみました

基本的にオプショナルツアーの類は個人で行けそうな所は自分達で行くのですが
ダムヌンサドゥアック水上マーケットもアユタヤも個人で行くのは簡単ではなさそう・・・
ということで今回は現地の旅行代理店ウェンディーツアーを利用
午前ダムヌンサドゥアック水上マーケット、午後アユタヤ遺跡がセットになった一日ツアーに申し込みました
ウェンディツアーは日本語ガイドの方が温和でなかなか良かったです~!

早朝6時にロビー集合
さすがツアー・・・朝が苦手なオットと私には拷問
でも水上マーケットですから、朝早く行かないとしょうがないんですけどね

バンに乗り込んで出発すると、もう一組の客をピックアップする為にホテルに立ち寄り
おばあさん、お母さん、娘二人の構成の4名の女系一家と共に計6名でのツアーとなりました
バリだと個人でチャーターすることに慣れているせいかバンに混載はちょっと抵抗が
初めはどうかと思ったけれど、途中のランチタイムでお話しする機会も持てて楽しい旅をご一緒できました
たまにはこういうツアーもいいものです♪


b0161409_20182440.jpg


途中ココナッツファームに寄って、車で1.5時間くらいの場所で下車
ここから出発です


b0161409_20184753.jpg


初めはゆっくり進むボートでしたが


b0161409_2019799.jpg


途中からこんな風に加速します!

前の人の髪の乱れっぷりからスピード感伝わりますか?
風に乗って爽快~
でもスピードがあると川の水しぶきが跳ね
気をつけないと顔にかかります
まあそれも楽しいのだけど^^


b0161409_20192959.jpg


b0161409_20195867.jpg


鬱蒼としたジャングル
こういう風景はバリもタイも大好き


b0161409_20202251.jpg


場所によっては水上生活者の高床式の家も建ち並んでいました
思ったより立派な家が多かったですよ
こちらはブーゲンビリアの鉢がきれいに並んでました


b0161409_20204275.jpg


エキサイティングなスピードボートもここまで
楽しかった~
ここまでの水路はスピードボートでスイスイ快適
ここからは水上マーケットなので手漕ぎボートに乗り換えます


b0161409_2021673.jpg


手漕ぎボートで出陣!

b0161409_2022530.jpg


b0161409_2022218.jpg



マンゴーやマンゴスティン、愛しい南国のフルーツがてんこ盛り

以前テレビで見た水上マーケットでの買い食い
すごく興味があったけど、ちょっと潔癖なオットに「汚いから止めておきなさい」と言われ、
それでも食べたくってジッと見てました 子供か
ところがお菓子を作って焼いているおばあちゃんがお菓子を素手で
ベタベタ触っていてその手が黒く汚れているのを見て興醒め!
まだ旅は長いのでお腹を壊す訳にはいかない ここはオットに従うことにしよー


b0161409_20225051.jpg


この時、タイのベストシーズンのせいなのか、
水上マーケットは激混みでした


b0161409_20231757.jpg


ボート渋滞?
ボートが前進するのも後進するのも一苦労
お隣のボートとゴンゴンぶつかって、向こうのボートの観光客と苦笑い


b0161409_20235051.jpg


ここで値段交渉しながらの買い物が一つの楽しみですが
結局欲しいものがなかったのが残念
バリの物に比べて雑貨類は今一つ

バンコクをイメージした時に思い浮かべる映像の一つはこの水上マーケット
上から見下ろした色とりどりのフルーツを載せたボートの絵のイメージ
昔、JALかどっかのカレンダーでそんな写真があったような記憶があります

本当はちょっと離れた場所に見えた橋の上に立ちマーケットを見下ろし
写真を撮りたかった
でも団体行動だったのでそこへ行くのは叶わず・・・とても残念


b0161409_20275314.jpg


マーケットといえども観光客相手
それでもタイならではの光景なので一度は訪れてみた方が良いと思います
スピードボートも最高^^
[PR]
by enakdays | 2011-08-30 20:10 | bangkok etc. | Trackback
妖しいバンコク その2
b0161409_1857109.jpg



妖しいバンコク第二弾~!
カリプソキャバレーに続きナナの街をご紹介♪
といっても誰も興味ないとは思うけど(笑)
このエリアに滞在しちゃったので折角なのでUPします~^^

今回約十年振りのバンコク
出張以外では初めてで自分の足では歩いたことが殆どなかったのでバンコクは右も左もわからない状態
ホテル選びは昔泊まったマンダリンオリエンタルに再訪ということでこちらは早々決まっていたけれど
もう一件の宿に関してはなかなか決められず・・・
マンダリンオリエンタルは場所が不便なので交通至便というのが絶対条件
あとお部屋は50平米以上はあって新し目な所
そしてちょうどデモや爆発騒ぎがあった伊勢丹付近からちょっと外れた場所で・・・ということで
浮上したのがナナ駅徒歩3分にあるグランドスクンビットホテルバイアコーでした

ナナは歓楽街らしい情報はあったけど「歓楽街」って言われてもピンとこなくて
夜でも賑やかな街くらいのイメージだったもので
着いてみてこんなだったとは・・・と唖然とするほど(笑)

ホテルの前はそれでも比較的閑静な場所なんです


b0161409_183759100.jpg


でもいつも駅に向かう逆ルートを行ったものならもう大変!
ゴーゴーバーが軒を連ねて、店先には露出度の高い服を着たタイ人の女の子達が呼び込みしてます
そしてそこにたむろするのは白人の若いのからお年寄りまで^^;

さっきお寺やお坊さん見たりして敬虔な仏教徒の国だというイメージが出来上がっていただけに
ギャップが大きすぎて・・・
それに街はタイ人の若い女の子と白人のカップルが腕を組んで歩く人々が何て多いの~

オットはどう思ったか知らないけど、私は好奇心旺盛な方とはいえ
いたたまれないというか、早くここを脱出したい気持に
でも、せっかくなので写真を撮ってきましたよ(笑)


b0161409_18382583.jpg


屋台の風景も所変わればで雰囲気違います
食事中のゴーゴーバーの女の子達


b0161409_18264425.jpg


フルーツも売ってます


b0161409_18251513.jpg


kababの屋台もありました

b0161409_1823501.jpg


そして一際人が集まっていた屋台
何だろうと近寄ってみると見慣れないものが・・・

↓ お食事中の方は見ないほうが良いかも






b0161409_18295265.jpg


これらは虫なんです~!!
見ようによっては香ばしい感じでおいしそうなのかも^^;
そういえばタイとかフィリピンとか結構ゲテモノ系食しますよね
屋台でも普通に売られているのがカルチャーショック


b0161409_18302367.jpg


ナナのワンコも街の雰囲気に溶け込んでちょっとけだるそう^^

この日は隣駅 アソークにあるタイ料理のお店へ
ガイドブックにも載っている有名店ですが
ソイカウボーイというやはり歓楽街の一画を通り抜けなければいけない・・・


b0161409_18304775.jpg


ここがソイカウボーイ
妖しいピンクのネオンに女の子達(笑)
ここの一画もゴーゴーバーがひしめいていました
歩いているのは男性が殆どなので
ちょっと私浮いてたかもしれません
こういう世界もあったのねと
バンコク行きの飛行機が男性客でいっぱいだったことを
ふと思い出したりして

自分の足で歩いたバンコクは今回が初めてだったので
バンコク=この街の印象が焼き付いてしまって・・・
やはり滞在する場所の印象って影響しますね
次回はこのイメージを払拭できる別のエリアに滞在してみたいです~
[PR]
by enakdays | 2011-08-24 18:51 | bangkok etc.
妖しいバンコク その1~カリプソキャバレー
b0161409_2323218.jpg




バンコクのタクシーはカラフル~上から見るとミニカーみたいです
ショッキングピンクっていうのがまたタイならでは^^



b0161409_23231922.jpg


この日の夜のイベントに出かけます
降り立ったのはBTSラーチャテーウィー駅
このちょっと古めかしく地味な駅からほぼ駅直結のホテル
そこが会場



b0161409_23242335.jpg


やはりちょっと古めかしいホテルの地下1Fにあるこの入り口
懐かしいディスコを彷彿とさせる電飾(笑)
ちょっとゾクゾクしてきましたよ~

さて今回のイベントとはタイのゲージュツ鑑賞 ニューハーフショー

オットたってのリクエストにより私は渋々付いてきたんです
だって大昔に散々見ているのでもうたくさんだもの(笑)
でもまあバンコクで一度は見たいというオットの気持もわからなくもないので
大昔と今とではオカマちゃんもどれだけ進化したかを見てもいいかと思って^^


b0161409_23244925.jpg


もう妖しいクラブの雰囲気満載~
私は早く入ったのでまだ席はガラガラ
でも最終的に国籍問わず、老若男女の観客で満席となっていました
意外とまだ人気があるようで

席は前から3列目
今回現地の旅行社パンダバスから申し込んで1名600バーツ(1800円)でした
定価は1200バーツなので何と半額!
行く予定のある方は直接窓口で購入するより、絶対こういった旅行社を通した方がお得です
チケットは観覧料の他に1ドリンクも含まれています


b0161409_23252539.jpg


オープニング
ちょっとどこかで見たことがあるような顔・・・誰だろう??


b0161409_23254284.jpg


艶やか~
羽飾りがすごいです
左端の人がかわいらしいけど・・・


b0161409_2326648.jpg


次から次へと衣装を変え、いろんなタイプのオネエサマ方が登場
飽きさせないように工夫されてます


b0161409_23262348.jpg


たまにお笑い系もあったりして
右端の彼女はお笑い担当で何度か衣装を変えて登場
この方、東国原が化粧したらこんな感じ?の人でした(笑)


b0161409_23264873.jpg


こういったニューハーフ予備軍も
この辺りになると何か悪い夢を見ているような^^;


b0161409_2327938.jpg


そして一番盛り上がったのがこのコーラスグループ
すごくノリが良い曲で観客も結構一緒に歌っていたので
てっきりタイのグループかと思ってました
実は韓国のワンダーガールズというグループの「NOBODY」という歌
やはりK-POPは日本だけでなくアジアレベルで人気があるんですね
それにしても「NOBODY, NOBODY」が耳に残るわ~

↓ コチラ本家本元のMV
ちょっと長いけどストーリー仕立てになっていて絶対面白いので見てほしい~♪





とまあこんな感じでたっぷり1時間楽しませてもらいました
でも大昔に見た時の方がハッとする美人さんが多かったような・・・
技術の進歩でイジリ過ぎですかね(笑)
[PR]
by enakdays | 2011-08-12 23:36 | bangkok etc. | Trackback
バンコクでのとある一日~バンコク旅行記 2011年1月
b0161409_22101443.jpg



ナナ駅付近のビルの上に掲げられていたサブウェイの看板
このビビッドな絵がバンコクの街によく似合う~♪


b0161409_2212294.jpg


この日は夜にイベントがある以外はフリー
途中マッサージを受けたりしたんですが、この日は珍しく買い物一色となりました

出かけたのがプロムポンにあるエンポリウムというショッピングセンター

バンコクは巨大なショッピングセンターがたくさんあります
とにかく暑い国なのでこういう冷房ガンガン効いた所があると助かります


b0161409_22123258.jpg


お店によっては70%OFFなんてセールもやっていて
久々に私の買い物熱に火がつきました(笑)
雰囲気で思わずタイマダム風な派手派手な色柄もののワンピースをお買い上げ♪
帰国後、これいつどこに着ていくの?って
いまだに外に来ていけてませんが^^;


b0161409_22133564.jpg


このエンポリウムのあるプロムポンは日本人の駐在の方々が多く住むエリアだそうです
買い物中もかなりの日本人の奥様方を見かけました
何かそういう暮らしもちょっと羨ましかったりして・・・
こちらに入っているスーパーも高級な部類なのか、
フルーツもこんなきれいにディスプレイされてました


b0161409_22135485.jpg


お次はサイアムにあるサイアムパラゴン
こちらも人気のあるショッピングセンター


b0161409_22141450.jpg


観覧車があったりと日本のショッピングセンターに似ているような
それにしても大昔に訪れた時とバンコクは大分変わっていて
すさまじい発展ぶりに腰を抜かしました


b0161409_22144059.jpg


巨大すぎるショッピングセンター内ではやはりセールがあったので
ちょっとお買い物
軽くお腹が空いてきたのでフードコートに寄ってみました
ここもとにかく巨大~
しかも紫使いが奇抜というかタイらしい(笑)
紫好きなので嬉しいけど


b0161409_2215998.jpg


種類が多くて悩みます~
お値段も150円くらいからとワルンもビックリ価格!


b0161409_22154765.jpg


フードコートのいい所は清潔感あふれるとこ
ここはシンガポールよりきれいに見えました
悩んだ挙句、麺を注文


b0161409_2216554.jpg


スープヌードルとクェティオ
どちらもとっても美味しい♪
やはり東南アジアの街のフードコートって外せない!

カフェもいろいろあるようだけど
チェックしていたお店に辿りつくまで一苦労
なのでついついこちら↓に入ってしまうのです


b0161409_22162575.jpg


ああおいちぃ♥

b0161409_22164388.jpg


チットロム駅に降り立ってみる
ここのインターコンチネンタルはゴージャスな雰囲気でした


b0161409_22171576.jpg


ホテル前には黒山の人だかり
スターが来ているらしいけど誰かはわからなかった


b0161409_22173814.jpg


チットロム近辺は道も広くて整備されているふうできれいな街
クリスマスツリーもエレガント
前半の宿のある歓楽街ナナとは大違い(爆)
バンコクの街の印象がナナのイメージが焼き付いちゃって
やはりエリアの選択を間違いましたね


b0161409_22175974.jpg


ハッピーニューイアー2011・・・

しかしクリスマスツリーといいこれといい
やはり真夏に違和感ありすぎですな(笑)
もうちょっと早くUPするべきでした 反省
[PR]
by enakdays | 2011-08-10 22:28 | bangkok etc. | Trackback
ワットアルン@Amorosa, The Deck バンコク旅行記 2011年1月  
b0161409_0142729.jpg



前回の記事の続きです
ワットポーの寝釈迦仏を対面した後は、本日のメインイベントの場所へ
行く先は川沿いにある小さなホテルの併設されたバー
ワットポーからは歩いて10分するかしないかくらいの距離です
チャオプラヤ川沿いのバーからは対岸のワットアルンの姿を
真正面に見ることの出来る絶好のロケーション

ワットアルンは暁の寺
でも朝に行くのはご存知のとおり無理なので代わりに夕日を(笑)
夕日に赤く染まるワットアルンをこの目で見たい!
今回のバンコクでの一番の目的だったと言っても過言ではないです


b0161409_0145052.jpg


The Deck
Arun Residenceというブティックホテルに併設されたレストラン
このホテルの写真は上手く撮れなかったのでHPをリンクしておきます
改めて見るとインテリアも拘っているかわいいプチホテルです


b0161409_0164015.jpg


建物の下の階が食事ができるレストランエリア
4Fがバーになっています
ずっとDeckのバーだと思っていましたが正しくはバーはAmorosaという名前

今回レストランの写真も撮ったけれどボヤケまくっているので載せません
ご興味のある方は先程のHPを参考にしてください

レストランでの食事も考えたんですが、下の階になるので完璧なビューではないらしい
今回トップフロアーのバーへ直行します


b0161409_0181480.jpg


バーから見下ろすチャオプラヤ川
日中よりちょっと陰ってきたほうがきれいに見えるかも(笑)


b0161409_0183754.jpg


その川沿いのテーブルは人気席
目の前に遮るものがなく対岸の景色を堪能できます
後ほど空いたのでこちらの席に移ってきました


b0161409_0185777.jpg


バーは屋上に取り敢えず屋根を付けちゃったというような簡単な造り(笑)
なので冷房もなくてめちゃくちゃ暑いです~(泣)

早い時間なのにも関わらず9割白人、1割日本人で席が埋まり始めてました
皆カメラを手にしてましたよ 考えることは同じです
とにかく異様な熱気でもう汗が噴出す噴出す~
また熱中症になっちゃいそうだったので
取り敢えずソフトドリンクと塩分補給のナッツ盛り合わせプラス塩多めをオーダー(笑)
オットはタイではお約束のビール シンハです
さあ、ドリンクを飲みながら変わり行く景色を楽しも♪


b0161409_0194166.jpg


b0161409_02012100.jpg


b0161409_0202858.jpg


b0161409_0204767.jpg


b0161409_0211125.jpg


b0161409_0213411.jpg


b0161409_0222243.jpg


b0161409_0224274.jpg



夜のライティングはやはり黄金色(笑)

なかなか見た目どおりには写せないのが悲しいけれど、
目の前で移り行く景色の美しさに圧倒されっ放しでした

バーではJevetta Steele のCalling youが頻繁に流れていました
幻想的な曲がこの風景にピッタリ♥

ここはバンコクに行ったら是非訪れてほしい場所
ちょっと隠れ家っぽいのがまたいい雰囲気でした


日中の観光で熱中症になりかかって一時はホテルに帰ろうかと思ったけど
無理をして来た甲斐がありました
でもこのバーは冷房が効いてないし、夕日が直接当たるので相当蒸し暑いです
バンコクの暑さ侮れません!
アルコールだけでなく適度に水分&塩分を取ることもお忘れなく~! 



Amorosa, The Deck
Open: 17:30-24:00 Mon-Thr, 17:30-1:00 Fri-Sun
36-38 Soi Pratoo Nok Yoong,
Maharat Road, Rattanakosin Island,
Bangkok10200
[PR]
by enakdays | 2011-08-01 00:37 | bangkok etc. | Trackback