「ほっ」と。キャンペーン
<   2010年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧
スアラサクティ & サダブダヤ
b0161409_11221169.jpg


BSジャパン おとなに贈る極上の旅 をチェックされましたか~?
驚くほどにアヤナ万歳番組で私はちょっと期待ハズレ(笑)
でもついこの間アヤナに宿泊したばかりだったので、すっごい懐かしい気持ちになりました^^
アヤナの記事はまた追々レポします~

今回バリ滞在中、3回ほどダンスを観に行きました
ウブドではスアラサクティのジェゴグとサダブダヤのレゴン、 そしてウルワツでのケチャ
今日はウブドでのスアラサクティとサダブダヤのダンスについてです
3年前に見て以来の2度目の鑑賞となるわけですが、2つともやはり外せない~!!
まだ見ていない方は曜日が合えば是非是非見て頂きたいグループです

b0161409_11571969.jpg


以前、バリダンスを習っている知人から見る事を強く勧められたのがジェゴグ
竹でできた巨大なガムランの演奏はガムランと違って体全体に響く重低音が魅力
生演奏は思った以上に迫力があります
それに合わせて踊るダンスはちょっと未熟な感じだけど、若者が一生懸命踊っている姿がかわいらしくて微笑ましい^^

b0161409_11231251.jpg


この時はダンス開催時バケツをひっくり返したような突然の豪雨だったのにも関わらず、
会場の席は結構埋まっていました
以前は全部で10数人くらいしか客がいなく寂しい感じでした
人気がでてきて良かった良かった~

ジェゴグの演奏やかわいらしい踊りもさることながら
私の一番のお気に入りは

b0161409_11243491.jpg


彼!

b0161409_11235367.jpg



彼の舞を見るために来ているといっても過言ではない・・・(笑)

見て!この表情

b0161409_1125515.jpg


夢にまで出てきそうなメークだけど彼の滑稽な農夫の踊りは忘れることができない
*画像は水牛レースの踊り

b0161409_1132476.jpg


b0161409_1125432.jpg


落ち込んでいる人もそうでない人も彼の踊りを観たらきっと大笑いして楽しい気持ちになっているでしょう

この催しの良い所は、最後に観客もステージに立ってジェゴグの音を体感できるところ



b0161409_1128259.jpg


今回会場で手作り感溢れるジェゴグのCDを販売していました
7万ルピア也
少しでも活動の助けになればと思い購入

スアラサクティ
開催日時: 毎週金曜日・日曜日 19:00~
場所: プラ・ダラム・ブントゥユン (王宮から車で10分くらいの所)
料金: 80,000ルピア


b0161409_11583725.jpg


さてもう1つのお気に入りのグループ サダブダヤ

b0161409_1205613.jpg


ダンスに造詣が深いわけでも何でもない私が見ても、明らかにレベルが高いと思わせる踊りです
ダンサーも熟練した人が多く、見応えがあります
特に私のお気に入りは

b0161409_11312060.jpg


彼女!

見た感じ妙齢とはいえない(笑)どっしりとした体格のこの女性
見た目とは裏腹にものすごく動きが機敏で迫力があります

b0161409_11305716.jpg



彼女の踊る「タルナジャヤ」は動きが激しくスピーディーで大好きな演目なんですが
彼女の存在感、凄みのある表情に圧倒されっ放し
女性が女性にしびれるって初めてです~かっこ良過ぎ~!!

メモリーカード不足の為、残念ながら動画を撮ることができなかったので
以前撮ったものをもう一度貼っておきま~す






この時は晴れていたので屋外で見ることができました
今回はなぜかダンスを観に行く時に突然の雨に降られたので
屋内のステージで見ることに・・・
それでも屋内ステージは立ち見が出るほど超満員でした

サダブダヤ
開催日時:毎週月曜日 19:30~21:00
場所: ウブド王宮
料金: 80,000ルピア




こちらの二つは久し振りに見ても期待を裏切らず楽しむことができました♪
次回は何を見たらいいかな・・・
[PR]
by enakdays | 2010-08-27 11:42 | bali dance | Trackback
マヤウブド~幸せの空間
b0161409_11202196.jpg


マヤウブドの記事はこれで最後です
今日はマヤウブドの敷地内の風景を!

ホテル主催の日替わりアクティビティでネイチャーウォークがあって参加したかったのですが
滞在中は残念ながら違うメニューで参加することができませんでした

b0161409_1134480.jpg


ちょうど朝食へ向かう途中、ヨガに参加する人たちが

b0161409_1134183.jpg


うわ~なかなか本格的!
それにしてもキレイな芝生の上で新鮮な空気を吸いながらのヨガは気持ち良さそうですね♪

ジムで何度かヨガのクラスに参加したことがあるんですけど、
身体が異様に硬いので教えられたポーズをなかなか作れない^^;
それに楽かと思ったスローな動きが結構しんどくって・・・
私の場合、よっぽどジムで走ってた方がいいみたいです

b0161409_11415447.jpg


ウブド滞在中は夜~夜中にかけて雨に降られることが多く
その分日中は晴れてくれて助かりました
フランジパニも昨夜の雨で雫がいっぱいキラキラしてます

b0161409_11471669.jpg


今日も爽やかな朝

b0161409_1148046.jpg


初バリの時に、母にお土産として空港の「バティッククリス」でバティックのスカートを買いました
色も柄もすっかり忘れていたのだけど、今回の旅行で着てくれてちょっと嬉しかった
記念にパチリ

b0161409_1152038.jpg


いつもきれいだな~と思ってしまう場所

b0161409_1153756.jpg


マヤウブドにはパブリックプールが2箇所あって、こちらはロビー近くのプール
ちょっと小振りなプールです

そしてもう1つは

b0161409_11551556.jpg


こちらのプール
プールを独り占めして気持ち良さそうに浮いているオット
優雅そうに見えますけど、実は時間がなくってプールに入っているのも15分程
私は身支度の時間を考えるとプールに入ることはできませんでした
そう今回はマヤウブドのプールに結局一度も入れなかったのです~悲すぃ!

b0161409_134049.jpg


う~ん、外人は絵になる・・・

b0161409_1331799.jpg


上から見るとこんな感じ

b0161409_1332585.jpg


脇に流れるプタヌ川ですが、昨夜の雨で汚い流れになってました・・・

b0161409_13383069.jpg


こちらが3年前の川
普段はこんな風にもうちょっとキレイな川です

b0161409_13405170.jpg


敷地が広いのでこんなのに出くわすことも・・・・ゾゾ~!



そして今日はリゾート内でウェディングが

b0161409_13444923.jpg



b0161409_13453298.jpg


敷地内で写真撮影していたのに出くわし、写真をとってもいいか聞いたら快諾
ご覧のキスシーンまで披露してくれました~
2人とも背が高くてやはり絵になりますわ
「私もこんな風に誰かと・・・」とつい現実(オット)を忘れ妄想(笑)

何だかこちらまで幸せな気分になってしまいました♥

b0161409_13523015.jpg


青い空とライステラス!

マヤウブドは本当に敷地が美しく、ホスピタリティの極めて高いホテルだと思います
スタッフの笑顔、気配り、優しさが伝わってきてホンワカした気持ちになれます
ウブドにも泊まってみたい宿が星の数ほどあるので次はいつになるかわからないけど
必ずまたマヤウブドに戻って来たいという思いを新たにする滞在となりました
[PR]
by enakdays | 2010-08-24 08:48 | bali hotel@Ubud | Trackback
マヤウブド~朝食&アフタヌーンティー etc.
b0161409_22483825.jpg


引き続き、マヤウブドの記事です
お部屋から見えるライステラスの風景は時間と共に表情を変え、楽しませてくれます

b0161409_2393248.jpg

b0161409_239598.jpg


早朝のライステラス
赤みがかった空が幻想的

爽やかな朝を迎えたと書きたい所ですが、この日はよく眠れてません

なぜなら


b0161409_23124547.jpg


これがあったから


今となってはワールドカップってものすごく古~い気がしますが(笑)
ちょうど決勝戦の時に、マヤウブドに滞在してました

b0161409_2313232.jpg


ちょうどフレームでサッカーというのがあったので使用してみました
ちょっと派手すぎ?

b0161409_23132272.jpg


マヤウブドのラウンジで皆で観戦できるようになっていました
日本人は私達だけであとは皆欧米系 
スペイン、オランダ両国の人ももちろんいたのですが、相手の事を気遣ってか喜ぶ時も抑え気味
どんな盛り上がり方をするかと期待してたのですが、意外と大人しく紳士的に観ていました

さてマヤウブドの朝食の風景を一応ご紹介しておきます♪

b0161409_23232624.jpg


こちらのレストランで朝食です

b0161409_2324198.jpg


外光が降り注ぐ明るいレストラン
こちらのブッフェ台がメインですが、他にも裏の方にブッフェ台があって、
そこにはカレーとかスパイシーなお肉料理などのおかず系が朝から並んでいます


b0161409_23242675.jpg


ブッフェはやはり写真を撮るのが苦手なのでロクな写真がなくてすみません
ふた開けて撮るのも大変ですしね(言い訳)
昔は朝からスパークリングワインも飲めたのですが、今は無くなっていました
私はすっかりアルコールは飲めなくなってしまったので無くても全然構わないですけど
マヤウブドの朝食は種類が多くて味もまあまあだと思います

b0161409_2333083.jpg


食べ物の絵はオムレツの写真しかない~!

b0161409_23353680.jpg


レストランは2フロアーになっているんですが、いつもこちらの下の階の席
こちらの席の方が静かで気持ち良く過ごす事ができます
ただブッフェ台には遠くて階段の昇り降りがあるのでちょっと大変

b0161409_2349465.jpg


b0161409_23345440.jpg


渓谷に突き出た外のテラスは爽やか~♪
でもこちらは日が差してとっても暑いので諦めました

よっぽどこちらの席が良いのか、朝から予約をしている人もいましたよ
確かに日差しがなければ最高かも!

あとアフタヌーンティーの写真も載せておきますね

b0161409_23515315.jpg


b0161409_23542429.jpg


こちらの落ち着いた雰囲気のバー・ブドゥルにて16時から17まで頂くことができます
行った時はちょうど混んでいて何とか1テーブル空いていたので座ることができました

b0161409_2355483.jpg


b0161409_2356421.jpg


お菓子はご覧の通り5種類ほど

b0161409_2358090.jpg


滞在中出歩いてばかりで、ようやく1回だけ行けました
しかもアフタヌーンティ終了時間ギリギリに行ったので、お皿はちょっとてんこ盛り^^;
どれも甘さ控えめで美味しかったですよ♪

とにかく観光で出払ってしまうことが多く、ホテル内で優雅に過ごす事が出来なかったことが残念でした
次回はゆったりホテルライフを楽しもうと反省

取りあえず今日はこの辺で・・・
[PR]
by enakdays | 2010-08-23 00:29 | bali hotel@Ubud | Trackback
マヤウブド~あの部屋へ
b0161409_10462425.jpg


今回のウブドの宿は3年振りのマヤウブド♪
3年前はオットの両親を連れで泊まってすごく気に入ったけれど一つだけ心残りが・・・
お部屋が希望のものではなかった!

ビルディング棟のデラックスルーム(角部屋)でライステラスがしっかり見えるお部屋を希望したのに
案内されたのはアップグレードされてヴィラのお部屋
アップグレードされて悲しむ人も珍しいとは思うけれど、ヴィラは基本的に苦手なので正直嬉しくなかったのです(笑)
初日だけヴィラに泊まって翌日予定通りの部屋に移動
ところがライステラスのしっかり見えるお部屋は満室でアサインされたのはお庭ビュー&パーシャルライステラスビューみたいなお部屋(泣)

それ以来、マヤウブドに泊まるならライステラスのしっかり見えるあのお部屋にリベンジ!と固く心に誓ったのでした

さて、今回母を連れてなので設備が整って安心なマヤウブドが良いかな~と思い、4ヶ月も前に予約
「デラックスルームのあのお部屋希望~!」と代理店にリクエスト
念の為、ホテルにも「前回あのお部屋が泊まれなかったので、今回は是非泊まりたいです~」
とちょっと泣き落とし的なメールも送ってみた
すると、早々にリザベーションマネージャーから返信が
「申し訳ありませんが、お部屋番号の指定は承れません」とツレナイお返事
去年プリウランダリ滞在の時は、あっさり希望のお部屋ROOM NO.113はOKしてくれたものなのに~
行く前から何か物凄くガッカリしてしまいました

b0161409_11234375.jpg


マヤウブドと言ったらこの絵ですよね(笑)

b0161409_10582661.jpg


ロビーには爽やかな風が吹いていました

b0161409_10584781.jpg


絶品のウェルカムドリンク
飲みかけで失礼

相変わらず、スタッフが感じが良いです
いつも笑顔で礼儀正しく気配りができるんですよね~
教育が徹底されているんでしょうね!

気分良くチェックインの手続きをして、さて肝心のお部屋の方はというと・・・

More
[PR]
by enakdays | 2010-08-19 12:04 | bali hotel@Ubud | Trackback
花火とガムラン
テレビをつけたらそそられる番組宣伝が!

b0161409_8194357.jpg

BSジャパン おとなに贈る極上の旅 毎週水曜日 20時から

こちら今日スタートの新場組のようです

記念すべき第1回、第2回はバリ!

8月18日 第一集 大人のバリ~ネイチャー&スピリチュアル
8月25日 第二集 伝統と文化の香り

これは要チェックですね~♪


さて週末の土曜日は恒例の東京湾大華火祭にオットと出かけてきました
去年の模様はコチラ
中央区在住者用の晴海の主会場の入場整理券を今年も入手し、いそいそとおでかけ~
19時開始なのですが、17時前には会場に到着
なかなか良い場所に席取りをし、食べたり飲んだりしながら始まるのを待ちます

この日の天気は曇り
風はあるものの、湿度が高く気温もわりと高い日でした

何だか朝から体調が優れないのが気懸り・・・
「熱中症には気をつけましょう」という場内放送を耳にしながら、
気をつけないととアクエリアスをがぶがぶ飲んでおりました

ところが時間とともに調子が悪い
身体中が暑くて暑くてかなわない~
熱が身体にこもって全然放出されていない感じなんです

オットも私の手を触って「アチッ!」って驚いて、慌てて団扇で扇いでくれました
「何でだろう・・・?おかしいな」と思いながらも更に15分程経った頃、
クラクラして気分が悪くなってきました

何となくこのままここにいたらおかしくなる~と危険を感じたのでオットに
「ごめん、気分が悪い。私一人で帰るわ・・・」と言うと
「え!」とオットの困惑した顔
「大丈夫私はタクシーで帰るから、このまま一人になっちゃうけど観ていって!」
と一人席を立ちました

そうは言ったもののまだ開始前の会場 
ものすごい人の波が向かってくるのと逆行して歩いていくのはしんどく、しかも立ち上がって歩くうちに
ますます気分が悪くなり、たまらず傍らの警備員に気分が悪いと伝え、救護所に連れられて行くことになりました

この日第一号の記念すべき患者だったせいか、待機していた医師と看護師から手厚い歓迎を受け(笑)、
救護所となるテントのベッドに横たわり扇風機やらヒヤロンで身体を冷やしてしばらく様子をみることに

とにかく暑くて暑くてヒヤロンもあっという間に熱くなって使い物にならない状態でしたが、
時間と共に気分が楽になってきてホッとしました

「熱中症の症状ですね・・・ところで旦那さんはなぜ一緒じゃないの??」

まあ、こういう場合、一般的には一緒に帰るものなんでしょうね・・・
でも1年に1回観たいものを私のせいでダメになるのもかわいそうだしね(笑)

救護所を後にしてまた会場に向かってくる客とは思いっきり逆行して歩き、
ようやくタクシー捕まえ自宅へ自宅に辿りついた瞬間、爆音のような花火の音で開始を知るという
今年はちょっと悲しい花火大会となってしまいました(泣)
まだまだ猛暑は続くそうなので、熱中症にはくれぐれも気をつけましょうね!


そしてその翌日

こちらも例年この時期にあるイベント
門前仲町の富岡八幡宮の例祭の行事の1つで、
八幡様の境内で行われるガムラン演奏とバリ舞踊

昨年は開始1時間前から席取りしてたけど、さすがに昨日の今日だし、
しかも猛暑が完全に戻ってきたような暑さ
念の為、今回は開始時間ギリギリに出かけ立ち見でちょっとだけ観ることにしました

b0161409_8315549.jpg


開始前
ステージとなる参道脇は人で埋め尽くされてます
今回は外れの立ち見で

b0161409_8342841.jpg


おお~始まった!
ガムラン演奏隊、がんばってますね~
一番前の上手そうな人はイネ人かな

b0161409_8353671.jpg


場所が悪かったのでどうしても人の頭入ってしまうのよ~

そしてちょっとだけ雰囲気を味わいたい方に⇒





本当にちょっとだけ!!
実はメモリーカード不足してたんです(笑)
相変わらずボケボケ~やはり昨日の暑さで脳までやられてたみたいです

先月現地で本場の物を堪能してきたせいか、今年はちょっと物足りなく感じてしまいました
でも皆さんがんばっていらっしゃったし、東京のしかも神社の境内でバリ気分を味わえるなんて
なかな貴重な催しだと思います^^
例祭は毎年15日辺りなので興味のある方は行ってみてください♪
[PR]
by enakdays | 2010-08-18 08:44 | daily | Trackback
イケテルCHANDI@スミニャック
b0161409_1336639.jpg


このバーカウンター奥のデザインがとても印象的なCHANDI

昨年9月の渡バリ時に、CHANDIにしようかマネケピスにしようか迷ったのですが、その当時のトリップアドバイザーでマネケピスがレストランランキング1位だったという単純な理由でマネケピスに行きました
なので今年は絶対CHANDIに行かなきゃ~と目論んでいたら、面白いことに現在はトリップアドバイザーランキングでCHANDIが1位になっています
このランクキングがどれだけ当てになるかは不明ですけど、日本人だけでなく世界各国の人々のクチコミを元にランク付けされているので、味、量、コスパを重視する外国人のセレクションが好きな私達にとってはお店選びの目安として役立っています

場所はオベロイ通り(ラクスマナ通り?最近だとカユアヤ通り?)の小洒落たレストランがひしめき合う一角
オットの大好きなRUMOURSの前を通り過ぎたら、閉店していた!
「え~!!」って驚きの声をあげてたら、すかさずガイドの好青年ワヤンくんが「改装中ですよ」と教えてくれて安堵~
そうだよね~いつ行っても物凄く混んでたから潰れるってことはありえないものね

ということでRUMOURSはしばらく改装の為、営業していないようです
いつ再開されるかは不明です~(中途半端な情報でスミマセン^^;)

話は横道にそれましたが・・・

b0161409_13305561.jpg


CHANDIのロゴマークのデザインがすごく好き♥
これだけでセンスいいな~と思ってしまう

b0161409_13314437.jpg


ワクワクしながら店内へ♪

b0161409_1332935.jpg



なかなかいい雰囲気ではないかい?
でもやはりバリのお店は暗い!暗すぎる~!!
私のカメラでは撮るのが難しいですよ

b0161409_13323762.jpg


店内奥にはパティオのようなちょっと開放的な席もありましたよ~
空いている席は全部予約が入っているようで・・・
この後、ものすごくドレスアップしたモデルのような一行によって占拠されてました

b0161409_13325127.jpg


やはり白人率高し!
日本人は私達だけ・・・
でも居心地は全然悪くないですよ!皆思い思いに楽しんでるって感じ♪

こちらのシェフはNYのNOBUなどで働いた経験のある方だそうです
そういえば東京のNOBUってすごい昔に一度だけ行ったことがあったな

b0161409_1333332.jpg


ソフトシェルクラブサラダ RP 58,000 (税別)

こちらはまあ普通な感じ

b0161409_1334350.jpg


Grilled Oxtail Rawon "Javanese Black Stew" RP 90,000 (税別)

オックステイルのシチューなんですけど、お肉がよく煮込まれていてとっても柔らかい!
深みのある美味しい一品でした

b0161409_13341778.jpg


Grilled Glazed Soy Cardamom Honey Tuna RP 74,000 (税別)

これが一番好みだったかも!
マグロのグリルにお醤油とハチミツのベストマッチの味付けにカルダモンのスパイシーな香りが加わって
美味しくないわけはありません

さてデザートが気になるところですが・・・

b0161409_13344586.jpg


Mango Raspberry Organic Vanilla Bean Custard RP42,000(税別)

マンゴーの入ったカスタードムースにラズベリーソースがトッピング
マンゴーとラズベリーの組み合わせがなかなかです
結構デザートもレベル高いのか?

b0161409_1335752.jpg


Trio Chocolate Mousse for Cocoa Lovers RP 36,000

やはりデザートのレベルも高いと確信させられた一品!
3種類のチョコレートムースが甘さ控えめで絶妙な美味しさ
こんな繊細なデザートをバリでも頂けるのね~と感心しきり
三層のビルディングのようなその見た目もかわいい



b0161409_13312476.jpg


雰囲気がいい割りに、お値段も思ったほど高くなく、味もレベルが高いと思います
特にデザートの「トリオ チョコレートムース フォ ココアラバーズ」は超おすすめ♪
といっても食の好みは個々で違うのであくまで参考程度に・・・

こちらは周りの女性がわりとお洒落していたと思うので(Tシャツ姿は見なかったような)
ちょっとお洒落して出かけてみたいお店です

bemntyさんが2011年の7月に訪問されてます♪CHANDI の夜


CHANDI
Jalan Laksmana 72, Seminyak,
Bali 8036, Indonesia
+62 361.731.060
[PR]
by enakdays | 2010-08-15 14:33 | bali food | Trackback
お山は見えたか?@マハギリ
b0161409_1114655.jpg


以前、テレビでやっていたバリの旅行番組
ドイツ人画家ウォルター・シュピースが愛したイセという場所
そこのアトリエから見える水平線まで続く棚田とその先にはアグン山
それを見て以来、ここに一度は行ってみたい!と憧れを抱きつつ、
遠いし何もなさそうな所だし・・・などと言い訳してはヌサドゥア辺りから一向に動こうとしなかった怠惰な私でした

去年、lunaさんの記事で初めて「マハギリ」というホテル&レストランの存在を知り、
場所はイセとはちょっと違うけど同じくライステラスとぽっかりお山の景色に目が釘付け~
「今回の渡バリでは行ってみようかしら?」と軽く決意して
タイチョさんの記事では最新の「マハギリ」滞在情報を目にして
「これはやはり行くでしょ!」っと固く決意

「マハギリって何なの?どこなの?何で行くのー?」
とうるさいオット
以前アグン山とライステラスがパノラマビューで見れるんだよって教えてあげたのに
バリに同じだけ行ってるのに全く店名とか地名とか覚えられない、というか覚えようとしないオットに
軽く苛立ちながらブサキ寺院からマハギリのあるルンダン村へ

この日は基本的に晴れではあるけど山の方に行くに従い曇り気味
ブサキは曇ってていいけれど(逆に晴れてたら死んでる)、マハギリでは曇ってちゃ困る!
だってポッカリとしたお山も見たいから♪
その思いが通じてかブサキよりは雲が薄くなって明るくなった気がしました!

b0161409_10403875.jpg


マハギリの入り口
今回はレストランの方で正味1時間ほどのランチ休憩です
この後ブルーラグーンに向かうので時間がない!

b0161409_10413567.jpg



b0161409_10432673.jpg


b0161409_1044776.jpg


レストランは見渡す限り欧米人のみ!
アジア系は全くといっていませんでした

一番端っこで景色が抜群の席が空いていたので希望すると、
予約が入っているようなことを言って案内されたのは中ほどの席
でもどうしても私が諦めきれず「こっちはダメ?こっちがいいの!お願い!お願い!」と拝み倒したら
「OK」出ました(笑)

b0161409_1045728.jpg


b0161409_1046768.jpg


席からは写真で見たとおりの広大なライステラスビュー

b0161409_1046495.jpg


b0161409_10471220.jpg


b0161409_10475644.jpg


さえぎるものが1つもない
ただ果てしなく続く棚田の美しさに息を呑む


b0161409_10491239.jpg



お山は残念ながらトップが見え・・・ない(笑)

b0161409_10501350.jpg


ランチブッフェはどれもしっかりした味付けでキンタマーニのレイクビューレストランよりは美味しかったかも

b0161409_10505340.jpg


デザートのバリのお菓子
バリのお餅の中にバナナが入っていてココナッツフレークと椰子砂糖の蜜がかかっています
いわゆるクレポンのバナナ入り?
ガイドさんにちゃんと名前を聞いたのに時間が経ったら忘れてしまった^^;

これがツボーーー!!甘すぎず、めちゃくちゃ美味しい♪
美味しくって2回もお替りしてしまいました
餅系だからデザートにしてはお腹にどっかり溜まってしまうけれど
コレを食べにまた行きたいかも~

b0161409_1054142.jpg


皆、この風景をバッグに写真を取りまくっていましたよ~

b0161409_11353795.jpg


気付くと母もオージーのご婦人となぜか記念撮影・・・
今回初めて母と海外旅行へ出かけてわかったのが、
出会ったツーリストに積極的に声をかけて写真の取り合いっこをしているのだ
行く先々で「あれ?ママがいないよ!」と気付くと
遠くでツーリストや現地の人と和気藹々と写真撮影
この積極さは見習いたい所だけど、本気でいなくなったと探すことも度々・・・(汗)


b0161409_10514837.jpg


食後、ふと見ると一瞬だけ雲の切れ間からテッペンが顔を出した!

b0161409_10521358.jpg


それが結構高い所にテッペンが見えたので一同驚く!!
こんなに高い山だったんだ・・・

でも一瞬の出来事でまたお山のテッペンはすぐ雲に覆われてしまったのです~(涙)



こちらも後ろ髪思いっきりひかれながらの出発です

出発後、車窓から見た景色はご覧の快晴

b0161409_11211344.jpg


抜けるような真っ青な空
なかなか上手くいかないものです
やはり併設のホテルの方に宿泊してその時を待つ方が確率高そうです

meroさんが2010年7月にマハギリに宿泊されています♪
⇒ バリ東部のお勧め処⑤~Mahagiri Panoramic Resort & Restaurant にチェックイン!
[PR]
by enakdays | 2010-08-11 11:38 | bali sightseeing | Trackback
予約の取れない宿を予約する~テガルサリ
7月のバリレポの途中ですが、気が早いけれど次回のバリの滞在先の手配について書きます
ここにあるように来年のGWは特典チケットで渡バリ予定
ホテルについてはまだまだ日もあるしのんびり考えようと思ってました
ところが、今回バリから帰ってきてから気持ちにある変化が・・・

 ウブドの田んぼど真ん中のちっちゃな宿に泊まってみたい
 素朴でアットホームな雰囲気の宿に泊まってみたい
 気軽に歩いて出かけられる便のいい宿に泊まってみたい

とこれまで感じたことのない想いが湧き起こり
早速いろいろ調べてみることにしたのです
ちなみに私、普段は大型ホテル派で、大体いつも海の方だけに泊まることが多かったので
ウブドでこれまで泊まったホテルはマヤウブドにプリウランダリのみです

さてその候補なのですが・・・

モンキーフォレストに近いところで

テガルサリ
グリーンフィールド
カキアンバンガロー
ウブド レスタリ
ニョマンカルサ
ウブドバンガロー

離れたところで

アラムシャンティ
テピサワ
ココバリバリ
アグン・ラカ・バンガローズ

結構調べだすと止まらない(笑)
すごいリーズナブルなのにプールもあってこぎれいで景色もなかなか~
(注:上記にプールがない所もあります)
「一人だったらここかな?」とか
「食事を重視だったらここ?」なんて
妄想が膨らみ、収集がつかない状態に^^;

どこも魅力的で決められずにいたけれど
せっかく9ヶ月前という、出発までに時間があるこの機会に
敢えて予約が取れにくい所にすべきという結論に達し、あのテガルサリにすることにしました
各国のツーリストに絶大な人気を誇り、数ヶ月前から予約しても取れないと聞いていた宿
そうはいっても9ヶ月前だから大丈夫でしょう♪と軽い気持ちで予約開始

テガルサリのHPから直接予約を入れてみました
もちろん希望はSuper Deluxe Wooden のお部屋

 画像はHPから拝借 
b0161409_18224687.jpg


新しい棟の2Fにある部屋でベランダが広くて景色のいい人気のある部屋です

翌日、返事が届いていたのでみると、
Super Deluxe Woodenがもう既に満室!
新しくない棟のSuper Deluxeの2Fなら空いているとの回答

これはウカウカしていられないと思い、代案で出されたSuper Deluxeの新しくない棟の2Fをリサーチ
良さそうだけど、何かバルコニーが狭いという噂・・・

決めかねていたので取り敢えず、代案で出されたお部屋番号の問い合わせと、
一応その上のカテゴリーで1室しかないDuplexの空き状況を追加で質問するメールを送信

ところがこんな簡単なことなのに回答がなかなか来ない!

結構気が短い方なのでイライラしてきて(笑)待ちきれないので直接テガルサリに電話してみました
すると「Super DeluxのRoom No.12ならご案内できます」という返答

b0161409_18231721.jpg


Room No.12なら景色も良さそうだし、いいのかも・・・
「じゃあそれでいいからコンファメーション送ってね」といって電話を切って
コンファメーションがきたのがその翌日
何とこのテガルサリは予約時点で全額支払わないといけないのですって!
もう~さすがに人気宿!強気だ~

早速パスポートのコピーやらクレジットカード番号を記載したAuthorization form を準備し、
さて送ろうかなと思った今まさにその時、
なぜかテガルサリからメールが

「追加の質問についてですが、Duplexのお部屋は空いています
希望されるならすぐにお返事ください」

問い合わせをしてから2日後なんですけど~しかもなぜ?

見るとこの間電話で話した人とは別の名前で送られてる・・・
これってリザベーションで横の連絡が取れてないってことなんですよね^^;

改めてDuplexのお部屋をネットで調べて見るとこれがなかなかいい感じ

b0161409_18234499.jpg


2Fのベッドルームの画像 1Fはリビング

b0161409_1824445.jpg


屋外のジャグジーまであったりする・・・1泊600,000ルピアとは思えない

b0161409_1824289.jpg


トイレがきれいかは気になる~ここは大丈夫そう!

b0161409_1825125.jpg


2階建てなので各階からの景色を両方楽しめるメリットが

2階建てだと階段の上り下りが億劫なのが気になるけど、
このタイプのお部屋は1室しかなくそれが取れたっていうのはラッキーなのかもしれない・・・

急遽、Super Deluxで回答もらっていて手続きをする予定でしたが、
Duplexで予約してとメールを送ってみる
ところが、またなかなか返信メールが来ない~
「やり取りをしている間に希望の部屋が埋まってしまった」という経験談を読んだことがあったので
急に焦ってしまって、またまたテガルサリに電話してみた

ところでこの電話に出たスタッフ
日本から電話している旨を伝えると、「日本語わかります~」と突然日本語をしゃべりだし、
ちょっと怪しい日本語で聞き取りづらいながらもようやくDuplexで予約完了となりました
念の為、彼の名前を聞いとこうと思い「お名前は?」と聞いて見ると

「サブローです」
「え! SABURO??」
「はい。サブローです♪」

ニックネームなのか?日本人がつけたのか?三男なのか??
「サブロー」という昭和の香りのする名前に親しみが湧いてきて
何かこのテガルサリの「サブロー」さんにとっても会いたくなってしまいましたー^^

待ってろよ!サブロ~♪

こうして次回のバリはテガルサリに2泊
残りの滞在はまたゆっくりと考えたいと思います
[PR]
by enakdays | 2010-08-08 18:25 | bali hotel@Ubud | Trackback
聞きしに勝るブルーラグーン!
b0161409_0271382.jpg


はじめに、前回の記事の表記で訂正があります

x セシャ → 〇 セシャ

頭の中では「センセイシャ」なんですが、なぜかタイプアップすると「セイセンシャ」になってしまう~
旧ブログで台北の記事を書いた時も、豚肉料理の「トンポーロー」を「トーロンポー」とタイプアップして
通りすがりの読者の方にご指摘を受けました(恥)
どうも私、片仮名は弱いようです(昭和初期の人のような言い訳)
取り敢えず、記事の方は訂正したのですが、コメント欄は面倒臭いのでそのままで放置してます(笑)
今後もこのような間違いは大いにあると思われるので、気付かれた方は遠慮なく教えてやってください

さて本題
今回初めてのバリ東部の方まで足を延ばすっていうので是非とも行きたかった所が、
ライステラスビューの美しいルンダンの「マハギリ」と隠れ家ビーチの「ブルーラグーン」のこの二つ

今日はこのブルーラグーンについてです

いつもバリではヌサドゥアの海を見てそこそこ満足していたのですけど、シュノーケリングが
好きなので珊瑚のある透明度の高い海にずーっと行ってみたかったのです
バリにはそういうポイントがたくさんあるのは知っていたのですが、もちろんいつも時間に制約があるし、
その為だけにわざわざ島へ行ったり、遠出するっていうのはちょっと避けたい
それにバリだとショッピングやダンスを楽しんだり、ホテルでもマッタリしたくなってなかなか実現不可能

そう考えている時、ブルーラグーンの存在を知りました
ここだとウブドから車で1時間半くらいで行ける距離でビーチエントリーも出来るそう
隠れ家ビーチで欧米人に人気がある・・・それだけで物凄くそそられます♪

あらかじめチャーターをお願いしていたガイドさんにブルーラグーンをリクエストしたところ
特に場所を聞かれず一発でちゃんと連れて行ってもらえました
ちょっと拍子抜け・・・この時点で「隠れ家」ではないな(笑)

初めて見るパダンバイの海を右手に細い道を上に上に登ってちょっと下って車は停車

b0161409_028320.jpg


おお~遂に来た!!
看板のBLUE LAGOONの文字にテンションアーップ!

b0161409_0284368.jpg


この階段がもう隠れ家の雰囲気漂っています

b0161409_0291815.jpg


ところがこの階段
結構急なんです
行きは良いけど、帰りは・・・(汗)



そして
b0161409_0305213.jpg

木々の間から青い海が・・・

続きはこちらから
[PR]
by enakdays | 2010-08-06 00:38 | bali sightseeing | Trackback(1)
センセイシャ工房に行けずとも~スカール・クニン
今回は母連れで観光メインではあったけれど、ショッピングは効率よく楽しみたい
やはり欲しいものは入手し、気になるショップはちゃんと覗きたい
そんな思いでウブドやスミニャック、クタのショップは出かけたのですが、唯一果たせなかったのが
センセイシャの工房・・・
当初、ウブドへ滞在中のとある一日、グヌンカウイ、キンタマーニ、ブサキ、マハギリ、ブルーラグーンと欲張りなスケジュールで出かけた日に立ち寄らせてもらおうと計画していたのですが、案の定、時間の関係でセンセイシャ工房を泣く泣く省くことに・・・
ま、でもその時の道路事情はわからずとも初めからその可能性は想像できて、省くことになった場合の代案として予め調べておいたお店がウブドのスカールクニン
バリ島ナビで紹介されていたので知ったのですが、こちらではセンセイシャの製品を扱っているとか!
昨年6月にオープンしたばかりのお店で、オーナーは日本人だそうです

b0161409_18464721.jpg


ラヤウブド通りにあるこじんまりしたかわいいお店

b0161409_1847996.jpg


b0161409_18473542.jpg


入ってすぐの目に付く所にセンセイシャの製品が並んでいます

b0161409_1848815.jpg



石鹸だけではなくセンスのいいサンダルや帽子、バッグなども

b0161409_1849932.jpg


ビーズのアクセサリーやポーチ、ヘビ革のベルトなんかも


かわいいアクセサリーやセンスの良い雑貨が充実していました
そしてディスプレイも素敵です~

時間に追われていたので商品選びが大半で写真を撮る時間がちょっとだけ
マズイ写真ばかりで雰囲気をちゃんとお伝えできないのが残念なんですけど

今回購入したのが、

b0161409_1850375.jpg


ブルーの箱(ペパーミント、レモン、ティーツリー)、
グリーンの箱(ティーツリー、ローズマリー、ラベンダー)
レッドの箱(トマト、ライム、レモン)
全て32,000ルピア 115グラムのものです


変り種で店員お勧めのトマトの石鹸を購入しました

b0161409_1851288.jpg


香りも爽やかで、"Mature to sun damaged skin"と書かれていたので、今回いい年をしてうかつにも日焼けして皮まで剥けてしまった私にはうってつけ(笑)

そして

b0161409_185132100.jpg


こちらのアクセサリーも購入
ボンボンがかわいいネックレスは48,500ルピア
キラキラなストーンのブレスレットは38,000ルピア

センセイシャの石鹸がウブドの中心で気軽に購入できるとっても有難いお店です!
もちろん、石鹸以外にもかわいいアクセサリーやサンダル、雑貨が所狭しと揃っているので、ウブドに行く度にチェックしたくなりました~

mimpi indah のlunaさんは既に昨年訪問されてます
お写真もとってもきれいで、お店の中もしっかり撮影されているので必見です~♪

道楽のススメのタイチョさんは2008年にセイセンシャ工房を訪問されてます
行き方も詳しく書かれているので有難いです♪
その時の記事はコチラ

ちょうど同時期(2010年7月)、meroさんがセンセイシャ工房を訪問されてます
工房は現在改装工事中だそうです!
その時の記事はコチラ


Sekar Kuning

Jl. Raya Ubud, Ubud, Gianyar, Bali
tel: 081236180809
9:30-18:30
[PR]
by enakdays | 2010-08-02 19:00 | bali shopping | Trackback