「ほっ」と。キャンペーン
<   2011年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧
ランチ@アマンジヲ Amanjiwo
b0161409_18551221.jpg


豪華なお部屋を見学させてもらった後は、待望のランチへ~
レストランへ向かう途中もつい対象物を見つけては写真を撮っていて気付くと母の姿が消えていた・・・
「あれ、どこいったかな?」とオットに聞くと
「先行っちゃったんじゃないかな」とオットもわからない様子

じゃあとりあえずレストランに行ってみようか・・・と向かったところ
レストランの方から「あら、やだ~」とかいう母の甲高い声が聞こえるではないか(笑)
見ると日本人観光客と楽しそうに話している
よく母は一人でツアーに参加してその時お友達ができるらしい
そういうお知り合いに偶然にも、このアマンジヲのレストランで再会したのかと思った

「折角なので写真撮ってね~」と言うのでパチリ

b0161409_18445420.jpg


彼女は年の頃20代といった感じだし
ツアーで知り合ったお友達にしては若すぎる・・・
大概ツアーの参加者って定年を迎えた年齢以上が多いものなのにムムム?

「いつどこのツアーで知り合った方なの?」
「さっきよ」
「え、さっきって?」
「だから早朝のボロブドゥールで」

ひぇ~!何でもボロブドゥールの観光時、お得意の単独行動を取っている際、仲良くなったらしい・・・
いつの間に~!
母を見ていると老後の不安がちょっとだけ吹き飛ぶ気がする

b0161409_18453431.jpg


レストランのこの風景
何度も写真で見たけれど実際目にすることができて素直に嬉しい
12時をちょっと過ぎた頃だけど誰もいないので席選び放題でした(笑)

b0161409_1846515.jpg


ちなみにレストランの外にはこんなスペースが

b0161409_1846207.jpg


自然に囲まれていて気持ちの良いスペース
そういえば殆どゲストは見かけませんでした

今回ジョグジャカルタ滞在は現地の代理店を通してチャーター等お願いしたんですが、アマンジヲランチもこちらを通しました
このようにアマンジヲのランチはバリやジョグジャの現地代理店でツアーとして申し込むこと可能です
究極の隠れ家リゾートのコンセプトからするとランチとは言えツアーを受け入れるのは矛盾する気がしますけどね

ランチはセットランチでインドネシアンとウェスタンに分かれその中でも更にメインをチョイスできるメニュー構成となっています

INDONESIAN SET LUNCH MENU
---APPETIZERS
TERANCAM (Local salad with shredded coconut, lime and chili)
Or SOTO AYAM (Chicken soup)
---MAIN COURSE
SAMBAL GORENG UDANG (Stir-fried prawns in chili garlic sauce)
Or AYAM GORENG BUMBU (Fried coriander chicken with steamed rice and sambal)
---DESSERT
PISANG GORENG (Fried banana with vanilla ice cream and palm sugar syrup
Or KUE LUPIS (Sticky rice cooked in banana leaf served with grated coconut)
* * * *
COFFEE OR TEA
Include One Glass of Amanjiwo Special Alcoholic Cocktail


WESTERN SET LUNCH MENU
---APPETIZERS (CHILLED GAZPACHO SOUP
Or SALMON SALAD With shaved fennel, olive and caper orange vinaigrette
---MAIN COURSE
COLD ROASTED VEAL With grilled asparagus, tomato salsa and tuna mayonnaise
Or SEAFOOD RISOTTO (25 minutes) With roasted garlic and Italian parsley
---DESSERT
FLOURLESS CHOCOLATE CAKE
Or FRESH HOMEMADE SORBET
* * * *
COFFEE OR TEA
Include One Glass of Amanjiwo Special Alcoholic Cocktail


「さっき彼女が何かがおススメって言ってたのだけど・・・思い出せないわ」
という母の言葉で適当に選んでみることにしました

それにしてもさっきから気になるのが対応してくれる女性
見るからに愛想がなく、笑顔すらなく、だるそうな態度
先程連れてきてくれたガイドからはセットランチで予約をしている旨伝わっているはずなのに
セットランチのメニューも言わなければ持ってきてくれない
この時点で客は私たちしかいないというのに
立っている時も片足を前に突き出してかったるそうな感じ
後から来た他の客にも同じような応対をしているので彼女はそういう人なんだろう
アマンっていうからにはスタッフが全てレベルが高いものかと想像していたのでこの時点でテンション下がりました
ちなみに彼女以外のスタッフは特別気が回るわけでもないけど至って普通な感じ


b0161409_18493690.jpg


ガーリックブレッド
美味しいです

b0161409_18495381.jpg


ソトアヤム
ホッとする味ですが、何か物足りない・・・薄い

b0161409_185061.jpg


ウェスタンの方のガスパッチョ
こちらは普通に美味しいです♪

b0161409_18502669.jpg


こちらアマンジヲ特製カクテル
これは美味しかった記憶・・・

b0161409_18504153.jpg


アヤムゴレン
見た目はとっても美味しそうなんですが
何だか物足りない
洗練されてるってことなんでしょうか(笑)

b0161409_1851039.jpg


薄い・・・・上品な味っていうことでしょうか(笑)
全体的にメリハリがないというかパンチが足りない

b0161409_18511564.jpg


母が頼んだお魚
魚好きの母が生臭いと言って残しました

b0161409_1851406.jpg


素敵な時間は流れます^^;

気を取り直してお楽しみのデザートへ

b0161409_1852813.jpg


ピサンゴレン
もうちょっとしっとりしてた方がいい
他で食べた方が数倍美味しい

b0161409_18522919.jpg


クエルピス
これはノーコメント^^;

b0161409_18525016.jpg


可もなく不可もなく・・・

ごめんなさい~美味しいレポートできませんでした
食事は3人ともお皿が出るごとにテンション下がりまくり
これでデザートが良いと「終わりよければ・・・」なんですけど


このランチ5500円ですが、最近、バンコク オリエンタルのメインダイニング ノルマンディーで頂いた3000円台のランチを思い出しついついサービスや内容を比較してしまいました

対価に見合うものをサービスするのは基本
それ以上の付加価値を与えられるかどうかがホテルの力量だと思うんですけどね

あくまで個人の感想です
今後シェフが変わったり、スタッフも入れ替わったりするわけなので個人的にはそれを期待したいです
ボロブドゥールのついでにちょっと贅沢に非日常空間で休憩するにはお勧めだと思いました
[PR]
by enakdays | 2011-01-31 19:12 | borobudur | Trackback
お宿見学 room No.9 @ アマンジヲ Amanjiwo
b0161409_11282655.jpg


7月のバリ&ジョグジャカルタ旅に戻ります
ムンドゥット寺院を見た後、アマンジヲでのランチに向かいます
今回親孝行旅ということで母を招待しましたゆえ旅費はこちら持ち
ボロブドゥールでの滞在はアマンジヲに泊まらせてあげたいと思ったけれど
何せ1泊750ドルですからね
2部屋分だと厳しいですから・・・いえいえ1部屋でも厳しいですけど^^;
てなわけで、せっかくなのでランチでも・・・ということで予めアマンジヲランチを予約しておきました
このアマンジヲランチについては長くなるので次回別記事でアップすることにして
今回は食事の前にお部屋を見学させて頂いた様子をアップします

緑の木々を抜け細い道を降りていくと忽然とその外観が現れ
その存在感に圧倒されます


b0161409_1135236.jpg


アマンジヲの外観
ホテルとは思えないです
まるで遺跡のような独特な造り
実際ボロブドゥールの遺跡を意識した設計らしいです


b0161409_112279.jpg


圧倒~!
この多くの石造りの柱が印象的
ギリシャの神殿風でもある


b0161409_113174.jpg


こちらが入り口
華美さは一切ないけれどより設計の素晴らしさがダイレクトに伝わってくる気がしました


b0161409_11292341.jpg


計算し尽された設計
光に誘われるかのように中へ進みます


b0161409_1130198.jpg


階段を数段上りきった場所
ウェルカムフラワーの花がちりばめられて素敵♪
ちょっとここでやられてしまいました(笑)


b0161409_11302884.jpg


先ほどから心地よいガムランの響き・・・と思ったらやはりいましたガムラン演奏隊(笑)
ここのガムランは幻想的過ぎて眠気を誘うような音楽を奏でてました


b0161409_142643100.jpg


さらに奥に進むとそこにはボロブドゥール遺跡を遠くに望む広大な景色
柱と柱の間から見えるその景色はまるで額縁に入った絵のようでもあります
でも思ったほど絶景ではなかったかな 


b0161409_11362140.jpg


ちょっとズームしてみるとボロブドゥール遺跡がはっきりと見て取れます
でも実際はかなり小さく見えたのでわりとここから遺跡まで距離があるんだと思います




続きを読む
[PR]
by enakdays | 2011-01-28 09:03 | borobudur | Trackback
jalan jalan@ubud
b0161409_20322548.jpg


この画像を見てピンと来た人
間違いなくカキアンに滞在されましたね フフフ・・・

秋バリで初めて泊まったカキアンをちょうど出た所の風景
ここのサークルKには大変お世話になりました(笑)
お水を買ったりアイスを買ったり
やはり宿の目の前にコンビニってこれほど便利なものはないですね

隣のランドリーショップがすごい気になっていて
出そうかどうしようか悩んでいるうちにチェックアウトしてしまった
何だか入りにくそうだったし・・・
でも後になってカキアンのディレクトリーらしきものを見たらランドリーはここに出すのをお勧めしてました
な~んだ失敗!
結局サヌールのハイアットで大量に出すことになり結構な出費になりました^^;

b0161409_21192143.jpg


真剣な面持ちでセッセとチャナンを供えている女性
朝からこんな大量に バリの女性には頭が下がります

b0161409_21203620.jpg


あ、あの蓮池が見えてきた
ご存知 The PondPundi Pundiに挟まれた蓮池です
今回初めて見たのでちょっと嬉しかった
思ったより小さい池

b0161409_2121163.jpg


こちらがちょっとバリにしてはお高めの方のレストランThe Pond
木が邪魔で何だかわからない写真になってます
雰囲気良さそうでした
私は今度Pundi Pundiに行ってみよう♪

b0161409_21212040.jpg


モンフォレに入る角辺りにある素敵なカフェ
どこかと思ったらお洒落ヴィラ De Ubudの併設カフェ


b0161409_21214621.jpg


ニョマンカルサの見学後に覗いてみたいと思った一軒
何か存在感ある建物なんですよね~
スハティ・ゲストハウス 
ゲストハウス、ロスメンの違いってよくわかりません
泊まった方の感想お聞きしたいものです~

b0161409_21215887.jpg


途中少し奥に入るとこんな絶景が!
ちょっと天気悪いけどいい景色だ~

b0161409_21221714.jpg


どこからかカラコロ音がすると思ったら
ここからでした
水が当たってカラコロカラコロ音が鳴るんですよね
グヌンカウイでこれの風で動くバージョンを見たけれど
バリらしくっていいなぁ 和みます

b0161409_21225523.jpg


ご存知モンキーフォレストにつながる道
これを見るとああバリって思う人もいるのでは

b0161409_21231594.jpg


そしてお決まりのおサルショット!
でもおサルは苦手なのですぐ引き返すとします(笑)

b0161409_21233861.jpg


この建物
周りの中でもひときわ目立ってモダンな外観
たくさん写真撮ってメニューまでしっかり撮って
そのうち行こうかしら・・・などと思っていたら
何とテガルサリのレストラン セメスタだったんですね(笑)
恥ずかしながらその時は全然気付かなくって
どれだけ記憶力が落ちているのか・・・
散々紹介記事を読んでいたのにも関わらずです
しかも次回テガルサリに泊まるのにね

b0161409_21241061.jpg


はいまたハノマン通りに戻って蓮池へ


まだ体力があるので気になるあそこに行ってみよう!

b0161409_21245635.jpg


途中こんなのどかな光景が!

b0161409_21252037.jpg


親子かな??
かわいいんですけど~!!

b0161409_21255821.jpg


動物が餌をムシャムシャ無心に食べている姿
鳥肌が立つほどかわいいと思う瞬間です 変かしら??

こんなのどかな光景の先には

b0161409_21275854.jpg


テガルサリの入り口
「入ってみようよ」というオットの誘い文句に心が揺れる
ついついお部屋を見たりサブローにも会えるかも(関連記事はコチラ
なんて甘い誘惑に負けそうになったけど
やはりせっかくなのでGWに泊りに来るまでの楽しみにしよう・・・

ということでここからはクルリと踵を返し元来た道に戻ったのでした
期待が大きいと何とやら~にならなければいいんですけど(笑)
[PR]
by enakdays | 2011-01-26 21:39 | bali etc. | Trackback
バンコクへ出発~チェックインまで 2011年1月
b0161409_1882929.jpg


タイ旅行記スタートします
バリレポの合間にちょっとずつご紹介していきたいと思います~

今回成田発で搭乗したのがこちらの飛行機
スターアライアンス

以前、飛行機ウォッチングしていてこの機体を見かけた時は
飛行機マニアとしては猛烈に気になる存在でした
スターアライアンスって航空会社の加盟団体なので行き先はどこなのか特定できませんよね
どこに飛んでいくのか不思議だったので
今回搭乗口に待機している自分が乗る飛行機がスターアライアンスだったのでびっくり!
よくみると小さくタイ航空のマークがありました

久々のバリ以外の行き先
チェックインの際も雰囲気が違っていました
なぜだか乗客は男ばかり・・・
紅一点ではないけれど女性は私くらいで
なぜだか恥ずかしい気分になってしまうのが不思議(笑)
タイは男性に人気の渡航先なんでしょうか ぷぷ

モニターのない席だったので時間を持て余し気味
以前映画で見たバンコクを舞台にした「サヨナライツカ」
小説の方がいいとの声を聞いて原作も買ったけれど読めずに数ヶ月経ってました
バンコクに行く前に読んでおきたい気持ちもあったので
お陰で機中で一気読みすることができました

b0161409_189236.jpg


食事はお魚を選択
メインはイマイチ
サイドのサーモンマリネが美味しかったです
タイ航空の食事は私の感想としては中の下くらい・・・
新生ガルーダの方が断然おいしい!
到着前にサンドイッチも出ました

b0161409_189174.jpg


もうすぐ到着~
窓から見える景色も新鮮です

b0161409_1893790.jpg


おお~タイ航空とエアアジア!
今回バンコク~プーケットはエアアジアで取ろうかとかなり悩んで
結局ディレイやフライトキャンセルを敬遠してエアアジアは諦めたんです
でも結果的にタイ航空もディレイがあったりちょっとしたトラブルもあったので
エアアジアでも良かったのかも・・・と軽く後悔

b0161409_18322672.jpg


搭乗口から出てきた所
この時が一番ワクワクしますね
ご覧の通り皆さんまだ厚着のまま 外は32度だというのに
しかも男・男・(笑)


b0161409_18101426.jpg


スワンナプーム空港、なかなか奇抜なデザインで圧倒されます


b0161409_18104727.jpg


スムーズに入国審査を終え外に
案内表示がタイ語が新鮮

b0161409_1811530.jpg


空港には1月というのにまだクリスマスツリーが飾られていました
街中でもあったけど

b0161409_18112149.jpg


今回空港から市街まで昨年新しくできたばかりのエアポートリンクという高速鉄道を利用
料金は一人150バーツ(450円) 時間にして15分で着きます
タイは渋滞がひどいと聞いているしホテルに向かう頃は渋滞の時間と重なる危険があったことと
タクシーはボッタクリされやすいとかメーターを改造している車もあるという悪い話も聞いていたので
今回は市街のマッカサン駅までエアポートリンクを利用
マッカサン駅からホテルまではタクシーで移動しました 
ちなみにマッカサン駅からホテルがあるナナまで70バーツ(210円)


b0161409_18115216.jpg


ガラガラのエアポートリンクの車内でなぜか私たちのすぐ後ろに座った乗客
旅行荷物などなく、コンビニの袋を一つ下げ、タイでは目立つマスク姿
見た感じアジア系だけどよくわからず、何だか不気味に感じたので座席を別の車両に移動することにしました


b0161409_18121629.jpg



あっという間にマッカサン駅に到着

b0161409_18124238.jpg


さあ、この後どこでタクシーをつかまえるのかウロウロ探していると
さっきの不気味なオッサンが「どうされました?」と日本語で声をかけてきた!
動揺しながらも「あ、タクシー乗り場を探してるんですけど・・・」というと場所を教えてくれました
何と彼は日本人だったんですね!しかも親切な~~!!
車内では日本人とは思えず謎のアジア人と決め付けていたので
日本語で余計なことを口走っていなかったか急に心配になり汗かいてしまいました(笑)
人は見かけで判断してはいけないですね^^;

そういえば、タイでは他にも通りすがりの日本人に親切にされたっけ・・・
今回タイ人からの親切はなかったけど(笑)

マッカサン駅ではタクシーが多く待機しているわけではなかったので15分くらい待ちました
運転手は英語が得意ではないようなので、会話を楽しむことなくホテルに到着


b0161409_18132981.jpg


試験管のようなグラス3種盛りの珍しいウェルカムドリンクを頂いて
バンコク前半の宿にチェックインです
[PR]
by enakdays | 2011-01-24 18:28 | bangkok etc. | Trackback
お宿見学@ニョマンカルサバンガローズ Nyoman Karsa Bungalows
b0161409_1846026.jpg


秋バリではカキアンにも宿泊したんですが(後日レポ予定)、カキアン滞在中の朝の日課のお散歩~♪
この日はチェックしていた宿 ニョマンカルサバンガローズを見学しよう
二度寝中のオットを置いて一人出かけてみました
場所はカキアンの通りからモンキーフォレストへの道へ入って200m程行った右手
ほぼ隣にヴェネツィアデイスパがあります

実は恥ずかしながら宿の見学って初体験
でしかも一人だったのでいざ入ろうと思うと躊躇してしまい・・・
思い切ってフロントのおじさんに話しかけてみると、
とっても感じよくウェルカムな雰囲気だったのでホッとしましたよ~
これに味をしめてモンフォレ界隈のホテルを1軒1軒見学の衝動にかられたけど
こちらを見学後は暑さのせいでグッタリ
根性ないので素直にカキアンに帰りました(笑)


b0161409_18462554.jpg


フロントには西洋人の女性客がちらほら
一人旅風だったので女性一人客でも安心な雰囲気なのかも


b0161409_1846454.jpg


このバリらしい入り口から入って宿泊棟に向かいます


b0161409_1847540.jpg


こちらが旧館
お部屋は見ませんでしたが古いながらも窓枠のデザインがかわいらしい感じで
バルコニーの雰囲気も良さそう


b0161409_184732100.jpg


新館の方の景色
フロントの辺りはどっちかっていうとちょっと暗い雰囲気だったのが
奥に進むとこんな明るい開放的な景色が広がってるんでちょっとびっくり


b0161409_1848642.jpg


こちらが新館の全景
まだ新しいのできれいです
ちなみにこの手前左側にはすぐプールがありますよ




続きを読む
[PR]
by enakdays | 2011-01-20 19:14 | bali hotel@Ubud | Trackback(1)
南国いろいろ・・・
b0161409_17421963.jpg



年末のご挨拶を最後に長らく放置しておりました(汗)
実は年始からバンコク&プーケットに出かけており昨日帰ってきました
いや~タイは乾季なのに暑かった・・・そして東京は寒かった(笑)
11日間の旅ですっかりタイの暑さで毛穴が開ききっているのでこの日本の寒さは身に凍みます

10年以上振りのタイは期待と不安の旅立ちでした
何しろ政情不安の問題があるバンコクなので何もリスキーな所へわざわざ出かけなくてもと周囲からは心配されましたが、行ってみると街は至って平穏で安堵しました

バンコクでは5泊、前半はグランドスクンビット、後半はマンダリンオリエンタルに宿泊
市内観光、アユタヤ、水上マーケット観光、ムエタイ、おかまショー等、観光満載の日程でかなり疲労困憊でしたが、施設はゴージャスだけど料金は格安なタイマッサージに所々で癒され、連日タイ料理を食べまくり、内容充実、体重も充実(笑)
街を散策、カフェでまったりの時間はあまり作れないのが残念ですけど初回にしては密度の濃い時間を過ごせたかなと思います

そして後半のプーケットも5泊 前半カロンビーチのヒルトン、後半ラワイビーチのエヴァソンに泊まり、東側と西側の景色を堪能してきました
プーケットではバンコクの疲労を癒すべく、殆ど予定は入れずのんびり過ごしました

仕事以外で初めて訪れたタイでしたが私の感想として

良かった点:

食べ物でお腹を壊さない
フルーツが充実している
ホテルの朝食の種類が豊富
遺跡や寺院等観光施設の充実
海がそこそこきれい
イタキモのタイマッサージを気軽に受けられる

悪かった点:

いい加減なところ
英語が通じにくい
暑過ぎる
フレンドリーではない
タイ料理は東京の方がおいしかった(口に合った)
タイ人と白人カップルの多さに辟易
プーケットのタクシー代がバカ高い


微笑みの国といわれているタイですが、びっくりするくらい人は愛想がないです
ホテルスタッフも1箇所を除いてはあまり態度が良くなかったし
ついついバリと比べてしまうのが悪い癖なんですが
バリだとホテルスタッフも街の人も優しい笑顔で何かちょっと困っているとすぐに話しかけてくるんですが
そういうのがないんですよね
残念ながら人とのふれあいは殆どありませんでした
あとタイ人のいい加減さとマイペースな行動に切れまくることがあって後半はかなり私は湯気が立っていました(笑)
ガイドブックには怒っちゃいけないと書いていたのに・・・
これってあり得ないー!っていうような常識では考えられないことが目白押しだったんです^^;
オットからも「後半ずっと怒っていたね」って言われました(笑)

プーケットでもついバリでの音、空気感、癒しを求めてしまうのでそれがないことに寂しさを感じてしまったり、椰子の木はあるのに何かが違う・・・やはりバリがどうしようもなく好きなんだと再認識してしまう旅でもありました

それでも今画像を編集しながら思うとなかなかフォトジェニックな所なのでまた行ってもいいかなと思います
クラクラする暑さも、臭い匂いも、イライラする出来事も写真を見てる分には忘れていますから(笑)

良いことも悪いことも含めちょっとしたサプライズもあったタイの旅の話はまたバリのレポの合間に紹介していきたいと思っています

相変わらず今年もマイペースなブログですがどうぞよろしくお願いします~^^
[PR]
by enakdays | 2011-01-16 17:48 | bangkok etc. | Trackback