<   2011年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧
歓喜の激安SPA体験 バンコク旅行記 2011年1月
次回バンコクに行くとしたら・・・
きっとその最大の目的となりそうなのがバンコクのマッサージ

年がら年中、どこかしら身体が凝っている私としては
街中あらゆる所に店舗があり、値段が安い、おまけに店がきれい・・・と
三拍子揃ったバンコクのSPAは魅力的
それだけでバンコク再訪の理由になりうるくらい(笑)

散々文句を言ったバンコクの初めの滞在先ナナでしたが
こういったSPAには通いやすい場所だったのでその点は高評価です~

今回行ったお店をご紹介


b0161409_13582741.jpg



その名もヘルスランド Health Land アソーク店

日本人からすると何だか変なイメージがつきまといそうなネーミングですが
言葉のまんまいたって健全なお店

バンコクのSPAでも大手のようで支店も何店舗かありますが
ここはどちらも店構えがすごくゴージャス!

一見、何のお店かわからないです
地図を見て辿りついた時にはオットと二人後ずさり(笑)
「ここでいいのか?」「地図だとここなんだけど・・・」って



b0161409_13585562.jpg



この看板を見て、ああやはりマッサージのお店で間違いないのねと確認できます
ちょっぴり変な絵だけど(笑)



b0161409_13591674.jpg



そしてこちらが建物外観です
何風というのか・・・白亜の豪邸な佇まい
ちょっと中に入るのが楽しくなってきました~



b0161409_13593964.jpg



恐る恐る入ってみるとドーンとロビーが!
まるでホテルのロビーのような豪華さ
とてもSPAとは思えないです


b0161409_19175260.jpg



上手く写真を撮れなかったけれど
ロビーは本当に広くてホテルのようなゆったりとした空間
あちこちにソファがあって寛げました
お客さんも老若男女で結構男性客が目に付き、
幅広い層に人気があるようです

オットはタイ古式マッサージ 2時間 450バーツ (約1200円)
私はアロマセラピーボディマッサージ 1.5時間 850バーツ (約2300円)

どちらもとってもリーズナブル♪
このゴージャスな雰囲気で街スパ価格で受けられるっていうのが嬉しいです!


b0161409_140216.jpg



アロマセラピー用の個室
ご覧のようにとってもきれいでセンス良い雰囲気
バスタブはありませんが、施術後シャワーを浴びることができます

アロマセラピーの担当はおばちゃんではなく
20代後半くらいの若い女性
こちらの要求にもちゃんと応えてくれてなかなか良かったですよ♪

オットも初めて受けたタイ古式マッサージは相当気に入った様子
あんまりいいって言うので後日またこちらで二人タイ古式マッサージを受けましたから(笑)

タイ古式マッサージは2時間びっちり身体全体を隅から隅まで揉みほぐしてくれて旅の疲れがス~と取れていき、
思わず寝ちゃったくらい
身体もものすごく軽くなっているのを実感できます!
あんなに激しい動きなのに揉み返しもなかったのは感動
日本でもたまにマッサージで揉み返しってあるんですけどね


施術が終わってからエレベーターに一人乗り込むと
古式マッサージ担当のおばちゃんスタッフ軍団に遭遇
ポケットからお金を出して見せながらワイワイ話してます
タイ語だから全然わからないけどどうももらったチップの自慢大会だと思われ
「私は1回でこんだけもらった」的なことを言っていたようなそんな感じ^^;
ガイドブックでバンコクのマッサージではチップが別途必要と書かれていたのを
チェックしておいてよかった~
バリでは滅多にあげませんから
ここではあげないと大変なことになってたかも(汗)



b0161409_1402289.jpg



もう一軒行ったのはやはりアソークの駅前にあるアーバンリトリート urban retreat
予約なしだったけれど1時間後なら大丈夫といわれ1時間後に再度訪問して受けました



b0161409_1403921.jpg



ヘルスランドほどゴージャスな造りではなかったけれど
明るくてセンスのよい造りとなっていて好印象

タイ古式マッサージ 1時間 350バーツ (約945円)

お部屋の写真は撮り忘れてしまったけれど、かわいらしいお部屋でした
こちらはヘルスランドよりは時間換算すると高めですが
こちらも気持良かったです~!

最近、相変わらず眼精疲労と肩凝りでひぃ~ひぃ~言ってるせいか
マッサージのためだけにバンコク行きたいくらいです^^

今度行くならタイオリジナルのハーバルボールマッサージを受けてみたいなぁ♪

最後におまけ
バンコクで気に入ったものの一つ


b0161409_141128.jpg


このかわいい箱の中には


b0161409_1411961.jpg


タイのお菓子 カノムクロック

ココナッツ好きにはたまらない~味♥


持ち歩きしたので見た目きれいじゃないですが
このたこ焼きみたいな形のお菓子
ココナッツミルクと米粉を混ぜて焼いていて
癖になる美味しさ!
再訪したらまた食べたいおやつです♪

今回バンコクではいろいろ食事したけれど
あまり写真がきれいに撮れてないし、イマイチなお店が多かったのでグルメレポは省略します

今年1月のバンコク旅行記でしたがこれにて終了です
次回はバリのネタの合間に、バンコクの後に行ったプーケット、そしてGWのクアラルンプール、
そしてちょっと残っていたかもしれない昨年11月のシンガポールの記事をUPしていきたいと思います
[PR]
by enakdays | 2011-09-28 21:07 | bangkok etc. | Trackback
ナシチャンを買いに~プンゴセカン朝のお散歩@パッ・セダン pak sedan
b0161409_14233594.jpg



この日の朝はパセダンまで行ってブンクスしてくる予定
オットに声をかけると「まだ寝させてくれ~」と死にそうな声でいうので一人で出かけてみることに

パセダンはバリ好きの人はもちろん知っているし、ガイドブックにも載っている観光客にも人気のワルン
昨年の11月遅すぎたワルンデビューを果たした私は今回がようやく初訪問となります♪

地図を見ると何だか歩いていくには遠い気がする
ホテルに車を出してもらおうと思いスタッフに聞くと、
送迎サービスは8時からだそう
今は7時30分・・・・ああ、残念

どこに行くのか聞かれたので「セパダン~♪」と答えると
スタッフがまさかの「??」という困惑の顔

ええ?何でこんな有名ワルンの名前を知らないんだろう?
もしかして地元の人にはさほど人気がないのかな・・・と思いながら

「セパダンっていうワルンだよ」ともう一度言ってみる

「・・・セパダン?・・・セパダン??」


相変わらず思い当たる節がない状況だったので
地球の歩き方の地図を見せて店名を指差すと

「あ~パ・セダン!Pak Sedanね」


やっとわかってもらえたっと思ったら私が間違って伝えてた~!

私はカタカナが苦手
カタカナ表記だと思い込みが入ってしまって自分の都合のよい言葉で記憶してしまう癖があるんです
テガラランもずっとテガカランて思い込んでいたし(恥)

今回もカタカナ読みで店名を覚えてしまったのでパセダンよりセパダンの方がしっくりきていたみたい
ローマ字で初めから見ていたら「Pak」は「おじさん」だからPak Sedan 「セダンおじさん」の店で正しく覚えられていたのに~とちょっと言い訳(恥)


地図を頼りに歩いて行って見ることにしましょ
途中気になるお店をチェックしつつ・・・これも楽しいんですよね^^


b0161409_14241053.jpg


メキシコ料理taco casa の隣にあるアイスクリームのお店「Alana's California Dreaming」 
アメリカン~なポップな雰囲気でかわいい店構え 
アイス大好きだし今度食べてみよう♪


b0161409_1424308.jpg


「LEONA」
雑貨のお店なのか・・・ちょっと覗いて見たかったなぁ♪


b0161409_14245132.jpg


こんな風に緑の多い通りを歩くだけで「うれしいなぁ~、幸せだな~」って実感
ウブドではただ街を歩くだけで十分です
この雰囲気がいつまでも変わりませんように


b0161409_14341065.jpg


和食のお店 しなのや 
名前だけ知っていました
和食のお店は日本人としてはうれしい存在!


b0161409_14253097.jpg


このガソリンスタンドが目印
ここからパ・セダンはすぐ


b0161409_1425463.jpg


やっと着きました~パ・セダン
結局15分くらいで着きました
鮮やかな目をひくグリーンのお店


b0161409_1426513.jpg


イブに写真を撮影してもいいかと聞いたら照れくさそうに承諾
ここはパッの店名なのにイブばかり働いていました
セッセと働いている姿から絶対ここのご飯はおいしいに違いないと確信!


b0161409_14263319.jpg


さてまた来た道を帰ります
見慣れた光景ですか~?


b0161409_14265324.jpg


前からちょっと気になっていた宿、アグンラカバンガローズ


b0161409_14271727.jpg


欧米系ゲストがちらほらいたカフェ その名もThe cafe
こちらはサンティウブドというホテルの併設のカフェのよう


b0161409_14274067.jpg


後でHPを見たところリーズナブルでこぎれいなホテルでした
欧米人には人気ありそうな宿


b0161409_1428856.jpg


トゥガルサリ、グリーンフィールドの入り口のちょうど斜め向かいに位置するレストラン
Paras Bali Restaurant
2階建て?
気になるので入ってみたいけど、入りにくいような、微妙な雰囲気(笑)
じっと見ていたらスタッフに声をかけられたけど^^;

さて、お部屋に戻って早速頂きましょ♪


b0161409_1429294.jpg


ナシチャンプル RP10,000 (約100円)
わ~具沢山!
ほぐれたチキンがうま~い!!
量が多くてブンクスもずっしりと重みがありました

ああ~100円の幸せ♪
バランスの取れた納得のナシチャンプルでした♡
[PR]
by enakdays | 2011-09-25 15:27 | bali food | Trackback
ルンピニでムエタイ観戦&ワナカーム
b0161409_20111146.jpg



台風直撃ですね
仕事からの帰り道は吹き飛ばされそうになりながら必死でした^^;
もう傘も役に立たないし、強風で息もできない!!
それにしても今年は自然災害がなんて多いのでしょう



バンコクでどうしてもオットが行きたいと言っていた場所
ニューハーフショーとムエタイ観戦
私としてはあんまり興味がないけれど付き合わない訳にはいかないので
渋々行ってきました

bemntyさんが、以前ルンピニスタジアムでのムエタイ観戦されていたのでいろいろお聞きし、
ちょうどレベルの中~高の試合を見ることができ、お陰様で効率よく観戦することができました!
ありがとうございました~♪

TOP画像がルンピニスタジアム
1956年に開設されたそうで、結構年季の入った建物

近くのコンビニでペットボトルを買って持ち込もうとしたら係員に駄目出しをされ、
巨大な紙コップを渡された
ペットボトルの中身をこの紙コップに移さなければいけないんだそうです
何でもペットボトルを持ち込むとエキサイトして選手なんかに投げつける人がいるから
それを未然に防止する為らしい
う~ん、それほどエキサイトするのね?
格闘技の観戦は初めてなのでちょっとドキドキしてきた~!


b0161409_19574779.jpg


リングサイドの席は外国人観光客でいっぱい
私たちは19:00過ぎに着たので前から5,6列目くらいの席でした
最前列で見たい人はもっと早い時間に来た方がよいですね~


b0161409_19581527.jpg



試合中会場のどこかで独特なタイの音楽?が演奏されるんですよね
それが珍しくて初めは気になったけど観ているうちに馴染んできました
まるでサッカーでいうところの南アフリカのブブゼラみたいな
とってもうるさかったけど慣れてしまうとブブゼラがないサッカーは寂しく感じたりして
まあ、こちらはブブゼラほどは全然うるさくないですが



b0161409_19583724.jpg



サッカーとか野球ならまだしも、格闘技系の観戦は苦手
痛そうだし見てるとつらくなるんですよね
なのでルールもわからないし、実は途中飽きちゃって、殺気立っている地元客や、
興奮している外国人客をウォッチングしている方が私的には楽しかったりしたんです(笑)
オットはというと、目を爛々とさせて声を出しながら観戦しておりました







動画の方が独特な雰囲気が伝わると思うのでこちらを!

結局何試合だったか忘れてしまったけど1時間半ほど見たと思います
最後の試合がかなり白熱していて、私もここではちょっと真剣に見入りました


b0161409_201451.jpg



そしてこの時の勝者がこちらの彼
試合後、テレビカメラの取材を受けていました
今回スタッフにお願いして勝者と記念撮影することになっていたので
こちらの控え室に潜入~

割れた腹筋に目が釘付け~!


b0161409_202862.jpg


勝者の彼はとっても気さくに写真撮影に応じてくれて
興奮冷めやらぬオットは満面の笑み!
この顔をお見せできないのが残念(笑)

それにしても無駄のない引き締まったボディ~♪
オットよ、喜んでないで見習ってもうちょい身体何とかしようよ(笑)



この後、遅めの夕食です


b0161409_2023995.jpg



ワナカームというお店
タイ語って記号みたい
日本語表記がなかったら全然訳わかりませ~ん(笑)



b0161409_2025910.jpg



小さな一軒家のお店
ガイドブックに美味しいタイ料理屋さんとして紹介されてました


b0161409_203202.jpg



タイだからビールはシンハ あとバナナ生ジュース


b0161409_2033835.jpg



カリッときつね色に揚げられた春巻きが食欲をそそる~


b0161409_2035642.jpg



その他頼んだお料理勢ぞろい
バンコクでは馬鹿の一つ覚えのようにグリーンカレーを毎回頼んでいたような・・・
今回滞在中、ビビっとくるグリーンカレーに出会えなかったんですよねぇ
どこかお勧めのお店があったら教えてほしいです!

左の揚げ物は・・・


b0161409_2041830.jpg



エビのおり身さつま揚げ?
東南アジアはこんな変な表記がいっぱい^^;
[PR]
by enakdays | 2011-09-21 20:17 | bangkok etc. | Trackback
天空BARで夜景に乾杯♪@シロッコ sirocco 
b0161409_19585871.jpg



10数年ぶりに訪れたバンコクはハチャメチャな所だった
決して悪意ではなく

敬虔な仏教徒の国であるけれど、ゴーゴーバーのような妖しい世界が堂々と存在している
本当に不思議な国だ

そしてこの日行く場所もある意味ハチャメチャな場所

63階の超高層ホテルの屋上にオープンエアのバーがあるのだから
こんなことは日本では考えられない
多分、安全上、建築基準法で許可されていないと思うけど・・・


b0161409_20221452.jpg


ホテル ルブアアットステートタワー
この高層タワーの63階にあるシロッコに向かいます



b0161409_20214079.jpg


確か、ちょうどホテルの前の横断歩道だったか・・・
一応、ドレスコードがあるかもしれないと思い
オットはいつもの短パンTシャツは止めて、このスタイル

無難かなと思いきや、ここでまさかの問題があったんですねぇ・・・

ホテルに入り、シロッコへ行くエレベーターに乗り込もうとすると
オットがスタッフに呼び止められた
なぜ呼び止められたのか私もオットも「??」って状態
するとオットの背負っていたデイパックを指差し、
これは駄目だからこちらで預かりますだって・・・
何で?って理由を聞くと、「カジュアルだから」
このデイパック
会社にも持っていけそうなシックなデザイン&色なのでまさかここで引っかかるとは
思いもしなかった^^;
何だか納得いかなかったけど時間もないしここで交渉するのも面倒臭い
貴重品だけ抜き取りオットのデイパックは没収されることに~


b0161409_20414628.jpg


天空に浮かぶシロッコ・・・
こちらはHPから画像拝借しました

本当はこの絵が撮りたかったんだけど、
私が撮ろうとしたらサ~っとスタッフが飛んできてここでは撮らないで下さいと制止された
この全景が撮りたかったので残念無念

写真手前はダイニングエリア
奥の丸く光っている場所がバーカウンター

私達はバーの利用なので奥のスペースで立ち飲みとなります


それでは写真OKの場所をご紹介していきますね~



b0161409_20481991.jpg


チャオプラヤ川方面
何となくウチの近所に似ている風景



b0161409_20494435.jpg


高層ビルが林立する街並み
10年振りに訪れたバンコクはすっかり都会になってました



b0161409_20501242.jpg


バーカウンターに群がる人たち
私達もこの輪の中に加わろう~

何人かとちょっと話したけど、ドイツ、アメリカ、カナダ・・・
皆さんはるばる遠くからお越しでした

何かこの場所にいると妙な一体感を覚えます
バンコクという旅先で
決して母国ではあり得ない63階というこの異空間で
天空を感じながら
非日常のこの一瞬に乾杯~♪



b0161409_20503857.jpg


このバーテンダーがすごくテキパキしていて、全員の注文を見事に捌いていました
私は記憶力が持たないので客とオーダーをセットで覚える芸当などとても無理
ちょっと尊敬の眼で見てしまいました~



b0161409_2051494.jpg


ドロドロの濃厚マンゴージュース♪
やはりタイのマンゴーは絶品♥
カクテルを飲みたかったけど喉がからからだったし、高所恐怖症としては念の為アルコールは止めておこう・・・
って高所恐怖症の癖によく来たよね(笑)


b0161409_20513383.jpg


この印象的なドーム型の建物
これから夜に向かうに連れていろんな表情を楽しませてくれます


b0161409_21225426.jpg


夕焼けに赤紫に染まって何とも美しい
誰かの頭が入っちゃったけど



b0161409_21123492.jpg


先程見た街も夕焼け色に染まっていました



b0161409_21363293.jpg


ちょっと怖かったけれどここで過ごす時間は最高の思い出の一つ
私の場合ちょっと柵からは距離を置いて、そして下を出来るだけ覗き込まないようにしながら
それでも十分楽しめました^^



b0161409_2133950.jpg


背景の空が黒になりました
ライトアップされたドームがくっきりと浮かび上がって美しいです
バーカウンターもいろんな色に変化していきます



b0161409_21134374.jpg


月も出ていて



b0161409_2114489.jpg


すっかり夜景に変わっていました
バンコクの夜景、思った以上に美しかった
下界にいるとゴミゴミして煩わしく感じる事も
あの汚いチャオプラヤ川も
この高さからだと全てが美に変わるといった感じ(笑)

ゆったりダイニングでお食事もいいけれど、
この63階のオープンエアというシチュエーションをアトラクション的なものと捉えれば
バーカウンターで他国の人と肩を並べて一杯やるっていうのもアリだと思います♪



Sirocco
State Tower 63th Floor,
1055, Silom Rd., Bangrak
02-624-9555
18:00-1:00
[PR]
by enakdays | 2011-09-19 22:40 | bangkok etc. | Trackback
プールとか・・・@グリーンフィールドホテル green field hotel
b0161409_10425583.jpg



ここの所ちょっと忙しいし眼精疲労で朝から目が痛い毎日です
更に残暑も厳しいしせいか体力ダウン中
気力はあるのだけれどいかんせん身体がついていきません^^;


グリーンフィールドホテルのプール
小さいけれどまさにグリーンフィールドの風景に溶け込んで
雰囲気の良いプールでした



b0161409_10435117.jpg


ホテルの敷地にはこんな風に大好きなブーゲンビリアがきれいに咲いていて
それだけで嬉しい気分になります


b0161409_10442868.jpg


白いブーゲンビリアも咲いていました
こちらのスペース左側はプールへ
右側はレストラン


b0161409_104441.jpg


こちらのレストラン
味のある家具が配置されていてなかなかセンスが良いです

お部屋のテラスからの絶景があるので結局こちらでは頂く機会がありませんでした



b0161409_10431911.jpg


この小さいけれど美しい庭の向こうにプールがあります



b0161409_10444955.jpg


朝、まだ誰にも使われていないプール
静寂な空気に包まれて
朝の光りを受け一層美しく見えます


b0161409_1045592.jpg


プールからもグリーンフィールドが目の前に



b0161409_10452174.jpg


このバレからも緑の景色を楽しめます
ここでのんびり過ごすのもいいかも

滞在中一度だけ日中に泳ぎました
フランス人ファミリー1組と一緒になっただけ
混んでいないので快適に過ごせました


b0161409_10453945.jpg



小粒でキラッとした
そんな魅力的なプールでした
[PR]
by enakdays | 2011-09-16 13:03 | bali hotel@Ubud
テラスで朝食と絶景を味わう@グリーンフィールドホテル green field hotel
b0161409_1119619.jpg




初めて泊まるホテルでの朝食は一番の楽しみ

この景色を見ながらテラスで頂くなんて考えただけでワクワクします



b0161409_113512100.jpg



この日の朝は複雑な空模様
晴れているのに厚い雲が覆っていて
それでも雲間から強烈に注ぎ込む日の光が
田んぼを奇妙な色合いに照らし出している



b0161409_1116789.jpg



南国らしい明るいオレンジ色の花が咲いていて、向こうには椰子の木
決して日本でない田んぼの風景



b0161409_11164488.jpg



スタッフがお部屋に朝食を運んでセットしてくれます



b0161409_11171183.jpg



この日の朝食
メインはオムレツとたっぷりフルーツ
フルーツプラッターを選ぶと、フルーツジュースは付かないのがちょっと残念


b0161409_11182489.jpg



バナナパンケーキ?
クレープやマレーシアのロティに近いような薄さ
バリでならではのパンケーキでした^^



b0161409_11184051.jpg



フルーツには別皿のヨーグルトと蜂蜜をたっぷりかけて



b0161409_1115149.jpg



やはりこの景色がごちそうです♪



b0161409_1124196.jpg



このソファに座って目の前の景色をみたら
しばらくこの場所から離れられなくなってくる
 


b0161409_11245163.jpg



午後、朝の予兆どおり
突然の激しい雨
日本でいうゲリラ豪雨(笑)

でもウブドの雨は嫌いじゃない


b0161409_11252217.jpg



しばし部屋に軟禁状態

こんな風にただテラスに越しかけて雨降る景色を見るのも悪くない

忙しい東京にいると
こんな過ごし方が究極の贅沢ではないかってしみじみ思う



b0161409_11263863.jpg



雨がやみと

次第に空が明るくなって



b0161409_1127129.jpg



遠くに薄っすらと虹が出ていました!
[PR]
by enakdays | 2011-09-12 21:44 | bali hotel@Ubud | Trackback
涙の象乗り体験@アユタヤ遺跡
b0161409_12245677.jpg



水上マーケットの後に向かったのは世界遺産 アユタヤ遺跡
水上マーケットから車で1時間半ほどだったかと


b0161409_1225168.jpg


その前にアユタヤにあるホテルのレストランでランチ
こういうツアーだともっと団体専用のいかにもなレストランに連れていかれるかと思いきや
案外小奇麗なホテルのレストランでのインターナショナルブッフェだったので高評価♪

ランチ後はアユタヤ遺跡の観光スタートです!
ところが朝とは打って変わってありえないほどの快晴
太陽がジリジリと照りつけ尋常ではない暑さの中の遺跡見学です^^;


b0161409_12254958.jpg


広い敷地に点在する主要な遺跡を見るにはその間は車で移動
まずはワット・ヤイチャイ・モンコンにある涅槃像
暑いので離れた木陰から撮影(笑)


b0161409_1226635.jpg


袈裟をまとった仏像が並んでその姿は圧巻


b0161409_12262651.jpg


俳優の岸部一徳似の仏像発見~

それにしても焦げそうに暑い(笑)


b0161409_12265911.jpg


東京の暑さと比較すると光線が更にきついです
真夏の14時過ぎに普通歩き回ったりしませんからね
旅行会社が用意してくれた雨傘のような強力日傘
これがないと逃げ場がない感じで相当しんどいと思います


b0161409_12272256.jpg


ぐた~

ワンコも寝るしかない


b0161409_1227459.jpg


ぐた~
ここにも(笑)
死んでるみたい


b0161409_122862.jpg


ワットプラマハタート
仏の頭が菩提樹の木に覆われた姿は
アユタヤ遺跡の象徴
他にもビルマ軍に破壊された頭部のない仏像が並ぶ姿は
栄枯盛衰の儚さを感じさせ見ていると胸が詰まります

b0161409_12283276.jpg


ワット・プラ・シー・サンペット
3基の塔が美しく並んでいます

b0161409_12285256.jpg


ピサの斜塔ならぬ傾いた仏塔


b0161409_12291014.jpg


ワンコと遺跡

ここで自由行動になったけどもう暑くて遺跡どころではないといった状態
午前中の方がまだ涼しくて良かったかな・・・ちょっと後悔
アユタヤ遺跡を訪れるのは2回目
世の儚さ、滅びの中の美を感じるとても印象的な遺跡だったので
また涼しい時にじっくり見てみたい


b0161409_12293461.jpg


最後にアユタヤの象乗り体験が付きます
でも高所恐怖症なので辞退しようと思っていました
ところが皆が乗っている間待っていてと言われた場所が
とにかく臭い
動物園で嗅ぐような強烈な匂い~
ここで待つくらいなら私も象に乗る!といったのが運の尽き・・・

象の高さは思った以上にそれはそれは高く恐怖の一言に尽き
動き出したら とにかく怖いんですけど~!!!

「ア~ ○X▲#*・・・」

言葉にならない言葉を絶叫し
隣のオットから「大丈夫だから」と何度も声を掛けてもらい
必死に座席の取っ手を握り締め
怖さのあまり結局殆ど目を開けることができなかった(泣)

涙を流しながら、嗚咽まで出しながら、たまに薄目を開けると
すれ違う他の象に乗った客の「この人大丈夫?」という呆れた視線・・・・
でも私からすると平然と笑顔で乗っているそっちが異常なんですけど~(笑)

b0161409_1230042.jpg


撮れたのはこの象使いの背中の写真だけ・・・

ああ、臭さに耐えかねて乗った私が馬鹿だった
これがXゲーム以外の何物でもなかった私の象乗り体験


b0161409_1230252.jpg


でも普通の人は皆笑顔でとっても楽しんでいたようなので
機会があったら体験された方がよいと思います~多分^^
[PR]
by enakdays | 2011-09-06 12:33 | bangkok etc. | Trackback
満月だからアルマのケチャ リベンジ編
b0161409_19363643.jpg



新月と満月だけ開催されるアルマのケチャ

滞在中、新月が満月に当たったら一度見てみたかったんです
昨年の秋バリでちょうど新月の日があったので出かけたものの
会場までいったら、ウパチャラの為急遽中止となって見れず・・・・その時のガックリの模様はコチラ
今回GW滞在中、ちょうど満月の日にあたるのでようやくリベンジできました♪


b0161409_19371416.jpg


アルマ美術館の野外ステージ
ようやく見ることが出来て嬉しい反面、実はトラブルが~

日中は晴れていたのに、夜になるとあいにくパラパラと雨が降り出し
席に着くころには傘を差さずにいられないほど本降りに~!!

てっきり中止かと思ってたら何とこんな中でも決行するようで・・・
演じる方も大変だけど観る方も大変(汗)

私達は一番前の席だったけれど傘を差していて隣と傘がぶつかったり、
後ろの人達の視界を遮る問題もありいろいろと厄介なので傘を差すのを止め
結局雨に濡れながらの鑑賞となってしまった うう~


b0161409_1938019.jpg


ラマヤナのストーリーでも猿の王スバリと兄スグリオの対決を題材にし
現代舞踊に近いケチャ

なので伝統的なケチャとは違い、踊り手は男性のみ
小さな子から老人まで幅広い年齢層で構成されていました



b0161409_19382827.jpg


この方がチャッリナ氏なのか・・・?
一見野獣のように見えますが(笑)


b0161409_19385564.jpg


彼が縦横無尽にステージを駆け巡る姿はやはり野獣躍動感溢れ
別な意味で目が釘付け



b0161409_19384022.jpg


子供達がかわいい♪ けど雨が気になるのかさっぱりやる気がないんですよ~(笑)
そんな子供達とテンション高めのチャッリナ氏との対比がまた良かったです


b0161409_19392022.jpg


チャッリナのケチャで一番の見所はこのファイアーのシーンだそうで
これでもかってくらいファイアー



b0161409_19394147.jpg


更に火の球も蹴ったりするんですが
ものすごい迫力~!
っていうかちょっと危険な感じ^^;



b0161409_1940077.jpg


最後は騎馬戦のような形で対決シーンがあり~
創作ケチャならでは^^

途中、私の隣に座っていた関西からのおじさんがステージに引っ張り出され
この手の物は日本人だとノリが悪いだろうと心配していたのは全くの読み違い(笑)
もうこのおっちゃんがビックリするくらいノリノリで
とてもアドリブとは思えない絶妙な返しで会場の笑いを取ってました~
さすが関西のおっちゃん~!といったら関西の人に失礼かな?
でも私の知っている関西のおっちゃんは常に笑いを取ることを念頭に置いているタイプの人が多かったんですよね~^^


b0161409_19401658.jpg


雨が強くなってずぶ濡れ・・・南国とは言え雨に濡れるとかなり寒い!
風邪をひいても困るからと結局途中から後方の人のいない所で傘を差しながら立ち見することに
会場はご覧の通り傘の花が咲いてました

踊り手たちも相当濡れていて踊りにも支障が出ているように見受けられ
せっかく見れたけど、雨の中では十分に楽しむ余裕がなく・・・ちょっと消化不良気味
火の球サッカーが印象に残ったけど
私はやっぱり伝統的なケチャの方がが好きだと思う



b0161409_20353784.jpg



翌朝、朝の散歩をしていてちょうどアルマの前を通りかかったらこちらのポスターを発見
彼がチャッ リナ氏
う~ん、やっぱり野獣な感じ(笑)


 
[PR]
by enakdays | 2011-09-02 18:57 | bali dance | Trackback