<   2011年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧
エグゼクティブラウンジ w/サンセット@ヒルトン・クアラルンプール 2011年GW
b0161409_15162848.jpg



駆け足でUPしたヒルトン・クアラルンプール関連記事
最後はエグゼクティブラウンジについてです

ここ数年でヒルトンはグアム、東京、プーケット、KLのラウンジを利用してみましたが、
この中ではクアラルンプールがお料理の充実度NO.1でした
また機会があれば是非利用してみたいラウンジです♪


b0161409_1516527.jpg



高層階に位置するエグゼクティブラウンジ
窓からはKLの街を一望
立地が都心からちょっと離れているせいか
まるで緑に埋もれているような環境


b0161409_15171084.jpg



真下を覗き込むとこんな風景が眼下に広がります
オレンジ屋根の家々と立体道路がおもちゃというか模型のよう^^



b0161409_15173470.jpg



ラウンジは廊下を挟んで両サイドに位置し、レイクガーデンパークビュー側とシティビュー側?(高層ビルビュー?)に分かれていて、かなり広い空間となっていました
他のヒルトンと同様に無料のPC2台セットされています

ゲストはビジネスの人が圧倒的に多く、スーツなんか着ている人が多かったので
バリ帰りのすっかりヴァカンス気分の私達はちょっと違和感あったかしら(笑)



b0161409_15185458.jpg



雰囲気が伝わらないので
ヒルトンHPからこちらのお写真をお借りしました

他のヒルトンより席の配置がゆったりとしているようで
落ち着いて過ごすことができました



b0161409_15215243.jpg



朝食はラウンジでは一度だけ取ったのけど写真がこれ一枚
食事の充実度はこのお皿からだと伝わりませんよね・・・
どれも美味しかったけれどあっさりしたヌードルと手前の四角い形のチーズが美味♪

続いてカクテルタイムです~


b0161409_15223335.jpg



お料理の数が豊富
この他、お寿司もあったり
ホットミール類も充実していました


b0161409_15224859.jpg



でも特筆すべきはデザートの充実度!
甘いもの好きとしてはたまらないです
ディスプレイも素敵じゃないですか~?



b0161409_1523516.jpg


チョコレートのプレートもありました♪
嬉しいチョコ三段重ね
もう~このチョコ美味しいの!!

ブッフェ台の画像が少ない分お皿の盛りでカバーしますよ~(笑)


b0161409_15234164.jpg



キッシュがうま~


b0161409_1524087.jpg



手前のお肉がトロトロ


b0161409_15242667.jpg



パエリアにお寿司で米万歳!


b0161409_15244426.jpg



ああ~愛しきショコラ♡
ホテルメイドの正統派のチョコレートで大満足
ケーキ類も甘さ控えめで繊細なお味でした^^

もちろんアルコール好きな方は、ワインを始め、カクテルはオーダー制なので
好きなだけ堪能できますよ~

スタッフはとても気が利き、フレンドリー
KLって本当に人が親切だなぁってつくづく感じました
ちょっとあっち系のスタッフもいたけど話が面白くて楽しかったな♪

私たちの座った席はこの席が多かったのですが


b0161409_15252966.jpg



ここから見るKLの夕日はとっても見事でした!


b0161409_15254731.jpg


b0161409_15262078.jpg


b0161409_1526428.jpg



と、今年最後の記事はちょうど日の入りで締めくくり(笑)

ハ~2011年終了!
[PR]
by enakdays | 2011-12-28 21:00 | kuala lumpur etc. | Trackback
プール&朝食編@ヒルトン・クアラルンプール 2011年GW
b0161409_1215497.jpg



ヒルトン・クアラルンプールのレポ続きます
まずは朝食について

2泊したので初日はエグゼクティブラウンジで二日目はロビー階のレストランで取りました
今日はレストランでの朝食をさくっと(笑)
本当に「さくっ」で申し訳ないくらい薄い内容です

そんなに広くない空間でしたが、ビュッフェの種類は豊富な方でした


b0161409_1222540.jpg



ゆとりのある空間ではなかったので席の間隔も少々狭め
混んでいて写真が撮りづらく・・・


b0161409_1231693.jpg



混んでいたのでやはりブッフェ台も撮りづらくこの辺の写真を撮るのがやっと
お料理の写真は撮れませんでしたが、マレー&インド系、中華、洋食系いろいろありました
やはり東南アジアのホテルはどこも種類が豊富です♪

旅行中は南国フルーツのジュースを毎日飲めるのがうれしい~!
日本に帰ると気軽に飲めたあの毎日をうらやましく思い出されます
特に冬場なんかは^^


b0161409_124670.jpg



旅も最後になると朝食もこんな感じ(笑)

この日は朝からスイ~~トな気分だったので
パンケーキ&ワッフルにフルーツコンポート添え
シロップとカスタードソースとチョコーレートソースまでかけてみました 
至福~♪♪


b0161409_10473854.jpg



唐突ですが、こちらはホテルの裏口の方の入り口
左はヒルトン、右はル・メリディアン
こちらの建物はツインタワーとなっていて、ヒルトンとメリディアンがお隣同士です
入り口から伺える雰囲気からしてもメリディアンの照明の色がいかにもフランス系の色使い

ツインタワーで2つのホテルが共存しているっていうのはとても珍しいことですが
プールもユニークでした



b0161409_1252059.jpg



全長120mという長くてリゾート感溢れるプールはメリディアンとヒルトン共用となっています



b0161409_1255424.jpg



こちらがヒルトン側
椰子の木のある変形プールは都会の中のリゾート気分を満喫できそう♪
今回時間がなくてプールは覗いただけ
残念ながら使用感はご報告できませんが
スライダーもあったりとなかなか楽しめそうなプールです


b0161409_1262750.jpg



途中、こんな滝までありましたよ(笑)
滝の裏側から撮影~



b0161409_10472361.jpg



こちらはお隣ル・メリディアンの側のプール
チェアの色がいかにもフランス系の色使い

シティホテルにしてはかなりの大きさ
しかも子供連れもさほどいなかったので大人でものんびり寛げそうでした
次回、ゆったり滞在してプールで泳ぎたいです~


b0161409_1271170.jpg



フィットネスクラブのジムの様子
最終日14時のレイトチェックアウト後、荷物を預けたまま外出
外出後に汗を流す為、フィットネスクラブ内のジャグジーを利用させてもらいました

フライトが深夜なのでチェックアウト後もフィットネスクラブを利用できるのは助かります
ジャグジーやロッカーなどは日本のヒルトンの構造と似ていて使いやすかったです
ジャグジー気持ち良かった~♪

この後チェックアウト後もエグゼクティブラウンジを利用できるので
出発の時間までカクテルタイムをたっぷり満喫させて頂きました~


そのエグゼクティブラウンジについては次回に
[PR]
by enakdays | 2011-12-26 23:07 | kuala lumpur etc. | Trackback
ヒルトン・クアラルンプール お部屋&その周辺編 2011年GW
b0161409_1258948.jpg



残すところあと数日で今年のお仕事も終了 
もう既にお休みに入られたという方も多いのでしょうね~♪

さて今年最終週はリクエストを受けておりましたのに、すっかり更新が遅くなってしまった記事を大急ぎでUPさせて頂きます~!

GWに滞在したクアラルンプールのホテル、ヒルトン・クアラルンプールです

KLは今年GWとついこの間11月にも訪問しましたが、今回はGWの滞在先に関して
ヒルトン・クアラルンプールに2泊させて頂きました

空港からも電車で28分のセントラル駅お隣という立地
トランジットで短期滞在する人には大変便利なホテルです♪


b0161409_11285679.jpg



ロビーラウンジ
天井が高く開放感がある造り
壁一面の窓からは近くのレイクガーデンの緑が眺められます



b0161409_1129279.jpg



今回もヒルトンHオーナーズ ゴールドの特典で
高層階のエグゼクティブルームへアップグレード

フロントスタッフはとてもフレンドリーで対応が良かったです
初めの対応が良いと後の滞在の快適度もだいぶ変わってくるものです


気になるエグゼクティブラウンジに関してはまた別記事でレポ致します


さて、こちらのお部屋一見ごく普通な造りですが



b0161409_11302312.jpg



視点を移すとと
ユニークな造り
バスタブが思いっきりオープンです^^




b0161409_13151195.jpg



ベッドルームから見たバスルーム
バスタブにシャワーブース、洗面台


オープンだからといってビューバスというほど何かが見えるというビューではありませぬ(笑)
気になるのはお風呂の湿気ですけど不思議な事に全く気にならず、問題ありませんでした



b0161409_131646100.jpg



この開放感が気になる方はこんな風に引き戸で仕切る事は可能です



b0161409_1131217.jpg



アメニティ
いつもの「Crabtree&Everyn」のもの
ハブラシから一通り揃っています



b0161409_1320180.jpg



トイレの配置が奥まった所にあって何だか妙に落ち着く場所でした(笑)
トイレは個室が嬉しいですね



b0161409_1326021.jpg



洗面台の鏡の所にTVの画面が埋め込まれているのは初めて見ました!
意外といいかも


b0161409_13273173.jpg



バスタブ脇にはアロマポットがあります
こういうちょっとした心遣いってうれしいです♪


b0161409_13291778.jpg



ビジネスマン利用が多いことからデスク周りも機能的


b0161409_1330940.jpg



お部屋からの眺め
高層ビルが建ち並んでいて都会的なビューです


b0161409_13304577.jpg


ウェルカムフルーツ
数が少ないのはつまみ食いした後なので(笑)



b0161409_13321931.jpg



ヒルトン・クアラルンプールの特筆すべきはやはり空港からの立地の良さ

KLでトランジットの場合でも、KLIAエクスプレスという電車に乗れば28分でセントラル駅に到着

セントラル駅からホテルへはこの距離です(笑)
この距離ですがホテル~セントラル駅間の無料シャトルバスも運行しています



b0161409_13355276.jpg



セントラル駅はまるで空港のような豪華な造り
駅とは思えません・・・東京駅もこんな風になればいいのに!


b0161409_13364115.jpg



ヒルトンの周辺にはコンビニなど気の利いたお店は見つけられませんでしたが
このセントラル駅構内のヒルトン側の方にセブンイレブンとドラッグストアの店舗が並んであります
こちらでお水やお菓子なんかを購入できるので便利でした♪


b0161409_13384287.jpg



KLIAからヒルトンまでは行きはタクシーを利用
空港でタクシーチケットを購入 102.10リンギット(約2858円)
バジェットタクシーで安くあげたかったけれど、荷物が大型スーツケース2個なのでキャパの問題で
プレミアタクシーへ

帰りはセントラル駅でMH等の一部の航空会社はチェックインできる為、こちらで荷物を預けてしまい、電車のKLIA EXPRESSを利用しました
料金は1人35リンギ(約980円) 2人だと70リンギ(約2000円)
人数が多いとタクシーの方が割安だったりしますが、少人数だと電車がおすすめ!
KLIA EXPRESSはきれいだし28分とあっという間に着くので快適でした♪


次回に続きます~
[PR]
by enakdays | 2011-12-25 12:00 | kuala lumpur etc. | Trackback
Xmas from Singapore
b0161409_1131233.jpg



都内はXmasのイルミネーションやツリーも幾分自粛気味な雰囲気ですが
2011年12月のシンガポールは街が華やかに彩られていました

シンガポールのメインストリート オーチャードロード
カメラと腕に限界があり、きれいに夜景は撮れていないのが悲しいですが
雰囲気だけでも伝わればうれしいです^^


b0161409_1132483.jpg


やはり寒色系の色使いはやはりクールで素敵♪


b0161409_11333658.jpg



オーチャードロード沿いにある電柱にこんな風にイルミネーションを飾りつけ
「HITACHI」のマークがどこまでも続いていました

最近、海外に出かけてもサ〇スンとか他国の企業の広告を目にする機会が多くなって
寂しい気分でおりました
こうして日本の企業の名前を目にすることが殊の外うれしかったりします
がんばれ~日本!!


b0161409_11335397.jpg



ぼや~っとしてますが(悲)
車の中から撮影・・・難しいです



b0161409_1134116.jpg



これはたしか高島屋のツリー
4Fまで届く高さ!


b0161409_11342446.jpg



オーチャードのパラゴン前のツリー


b0161409_11344242.jpg



こちらはラッフルズホテルのコートヤード
クリスマスらしいデコレーション
上に見える椰子の木が南国らしい雰囲気です



b0161409_1135285.jpg



ラッフルズシティ脇の通り
オーチャードロードとはまた違ったイルミネーション


b0161409_11321348.jpg



ラッフルズシティ前(裏?)にあるツリー
このツリーがとても美しかったですよ♪

たまたま写りこんだ女性二人のファッションを見てわかるように
シンガポールの人々は年々ファッショナブルになっています



それでは素敵なクリスマスを♪♪
[PR]
by enakdays | 2011-12-21 12:30 | singapore etc. | Trackback
私的エアアジア利用術
b0161409_13533078.jpg



以前から興味津々だったAIR ASIA
東京~クアラルンプール間は就航していますが、初LCCでいきなり長距離・深夜路線というのは
体力的にいささか抵抗があり、いつか短距離でデビューすることを願っていました
そしてようやくそのチャンスが巡ってきました

今回のように東南アジア4カ国を周遊する場合やはりエアアジアの存在は欠かせません
他の通常航空会社を利用した時にかかる金額の約3分の1程度の料金で抑えることができたのですから利用しないわけにはいきません~

ただ初めてなので不安なことがいっぱい!

エアアジアと言えば不安視されるのがフライトのディレイやフライトキャンセルですが、
キャンセルは一切なかったですし、ディレイに関しても1時間遅れというのはあったけれど許容範囲
通常のエアラインでももっと大幅なディレイに巻き込まれた経験がある私からするとエアアジアはすこぶる優秀でした

実際利用してみて感じたこと、わかったことを忘れないうちにまとめておこうと思います


1.ブッキングは早い方がいい

これは言わずとしれた話ですが、身を持って経験しました
忙しさにかまけ、予定は決まっていたもののブッキングの入力が面倒臭く保留にしていたのですが
2日後、ようやくブッキングをしてみると前回見た金額より1フライト2000円値上がりしていました!
二人だと4000円の差・・・これって結構大きいです


2.ラッキー!チケット代金0円!!でも・・・

エアアジアは時期によっては数々のキャンペーンレートが打ち出されます
今回はそのキャンペーンを目にする事は殆どなかったのですが、1路線だけ「0円」チケットを入手することがました
区間はシンガポールークアラルンプール間
ただ「0円」といっても、

運賃代金 0.00 SGD
運賃、税金、および手数料 36.00 SGD

運賃0円ですが税金および手数料で1人あたり36シンガポールドル(約2200円)
かかてきます

これに下記の追加代金を支払ったので

大型 – 25kg まで---------23.00 SGD ←荷物も追加代金扱い
AirAsia Insure------------ 5.00 SGD
支払い手数料-------------- 8.00 SGD
Seat Fee-----------------3.00 SGD     

結果、総額75.00 SGD (約4500円)

とこんな具合で、1人当たり4500円の出費となりました

もちろん機内預け荷物がなく、保険も座席指定もしなければ、
36SGD + 8SGD (支払い手数料)=44SGD と約2640円で済んでしまいますが

燃油チャージが高騰している昨今、近距離とはいえ、この価格で国際線の飛行機に乗れるのですから
驚きです



3.機内食等の追加サービスの予約は出発日近くになってから

エアアジアは原則払い戻し不可です
機内食等の追加料金分を初めから込みでブッキングしてしまうと、いざキャンセルする時返金されない額が多くなってしまいます
予定がはっきりせずキャンセルが予想される場合、極力基本料金のみで予約して
予定が確実になった時点で追加サービスのブッキングをした方が良いと思われます


4.エアアジアの機内は寒い??

エアアジアの機内は冷蔵庫のように寒いという意見をよく目にしました
毛布も追加代金を徴収するので、これは事前に防寒対策をして毛布も購入した方がいいのかもと心配しておりましたが、結果は「寒くありませんでした」(笑)

利用したのはSIN-KUL, KUL-HKT, HKT-DPS, DPS-SIN間でしたが
Tシャツに薄手のカーディガンくらいは羽織る必要はあったものの、なくても乗り切れる程度

NRT-SIN間で利用したユナイテッド航空がそれこそ冷蔵庫のようで、ダウンジャケットを着た上に、毛布では足らず、更に毛布をリクエストした程で危うく初っ端から風邪をひくところでした

多分、冷蔵庫のように寒いのはNRT-KULの深夜の長距離路線なのかな?
少なくとも私の利用した東南アジア4路線は寒すぎず、暑すぎず、快適でした


5.居心地の良い座席

b0161409_123841.jpg



今回利用した東南アジア間のエアアジアの座席表
機内前方の赤で示された座席はHOT SEATと呼ばれ、指定料金も通常指定料金の5倍も払うことになります
1番前の座席だと足元が広いのでメリットを享受できそうですが、それ以外のシートはさほど魅力を感じられないのですがどうでしょう?

私は元々後方座席を好んで座ります
何かで読んだのですが飛行機事故で被害が少ない確率は後方座席が高いそうです
それに後方だと窓から写真を撮影する時、翼がちょうど入っていい構図で写真が取れます
他にもトイレが近くにあるなど等々

b0161409_12142715.jpg



通常は最後尾の席を指定するのですが、エアアジアの場合はそれは避けました
というのも最後尾の座席はイスの背もたれがリクライニングできない仕様となっている最悪の席

その最後尾の席を好き好んで座る人はまずいないだろうから、その一つ前の30番のシートが
後ろに気を遣うことなく座席を倒せ快適ではないだろうかと

そして指定するのは並びではなく真ん中の席を開けて通路側と窓側です(〇で囲んでいる箇所)
よっぽど満席ではない限り、後方の座席でしかも真ん中のシートに入ってくる人はいません

エアアジアの初フライトのSIN-KUL間で私は当初短い距離だったこともあり、
前方の座席の11番、通路側から2席並びで予約を入れてみました ちょっとした実験です
すると前の方は1席の空きなくびっちり埋まり、案の定、私達の並びで1席空いていた窓側にシンガポーリアンのおじさんが座りました
後方を見てみると前方に比べだいぶ座席に余裕があるようです
大人3人ぴっちり並ぶのはちょっと窮屈だったので、結局後方の席に移動する事にしました

それ以降座席は、後方、そして座席は真ん中空けの窓側と通路側を指定
それからは一切他人が入ってくる事もなく込みすぎず快適にすごせました

前の方の座席が混んで窮屈なんでしょう
離陸後、後方へ避難してくる欧米人やカップルが多かったです
大人3人並ぶ前方座席より、リクライニングがなくても最後尾座席3人分利用したほうがまだ気楽なんでしょうね(笑)



6.エアアジアの機内食はおいしかった!

最近、一般の航空会社の機内食の味・質ともかなり落ちている気がしています
LCCのエアアジアはどうでしょう?
LCCだから大したものではないと偏見を持っていた私
猛省することとなりました(笑)
中には街のお店で食べるより美味しいと感じる物も!

当日機内でも購入可能だそうですが、希望のものがないケースも多いよう
事前に予約した方が割安ですし、安心です


メニュー


b0161409_1050262.jpg




今回SIN-KUL以外の3フライトで機内食を予約してみました
100mlのお水が付いてきます

機内食は大体300円ほどになります



b0161409_10504524.jpg


KUL-HKT間

左がナシレマ 右がチキンライス


どちらもウマ~!!
でもナシレマッが最高♪♪
サンバルの辛さとココナッツミルクで炊いたごはんと小魚とのバランスがいい感じ
利用者の間ではエアアジアのナシレマが旨いと評判だそうです
機会がありましたら是非♪♪


b0161409_1051827.jpg


HKT-DPS間

左がベジタリアンコフタ 右がナシレマッ

ベジタリアンコフタはミックスベジタブルとチーズの団子をトマトベースのインド風カレーで
煮込んでいます
これがベジタリアンとは思えない、コクのある旨味が出ていてとっても美味♪


b0161409_10512217.jpg


DPS-SIN間

左がナシ・クニン・メナド 右がグリーンカレー

スパイシーな鰹と牛肉(ルンダン)とナシクニンの組み合わせ
グリーンカレーはちょっとカレーソースが少なめでした


どれも不味いと思ったものは一つもなく、
機内食はほぼ必ず残す私達ですが全部完食したほどです!


敢えて、個人的にランキングをつけるとすれば

1.ナシレマッ、ベジタリアンコフタ (同率1位)
3.チキンライス
4.ナシクニンメナド
5.グリーンカレー

といった感じ(笑)
今でもあのナシレマは定期的に食べたいと思ってしまうのです^^

と初めてエアアジアを利用してみて感じた事をまとめてみましたが
後になって思い出すこともあると思います
その辺はまたエアアジア搭乗レポなんかもUPした際にお伝えできればと思います♪

尚、内容に関しては個人的見解となるのであくまでも参考程度にお願い致します
[PR]
by enakdays | 2011-12-18 14:30 | airline | Trackback
ウブドにCOCOスーパーが出来ていた
b0161409_1121192.jpg



さてGWに引き続きウブド後半はテガルサリに泊まったのでJL.Hanomanの辺りを徘徊していたわけですが、突如大型スーパーが出来ていてビックリ!

COCO Supermarket

COCO Supermarket はヌサドゥアのバリコレにも入っているお店ですね~
JL.HanomanからJL.Monkeyforestへちょうど分岐する地点、ベベブンギル隣にありました
オープンは11月だったそうです


b0161409_1124943.jpg



敷地も大きめなので以前は何があったんだろう・・・思い出せない(汗)

記憶と言うのは曖昧なので頼りになるのはやはり写真!
というこで過去の写真をひっぱり出してみました

ちょうど1年前モンキーフォレスト通りに入ってハノマン通りに向かって撮った写真

わかりにくいですが矢印で示した建物のある場所がCOCOスーパーのある場所
同じように大きな建物がありますね
こんな大きな建物なのに何だったのか全く記憶が残っていません
多分、到底興味をそそられないもの 又は廃墟だったんでしょうね~

でも気になるので、以前この建物が何だったのかご存知の方
教えて頂けたらスッキリします(笑)



b0161409_113745.jpg



店内の様子
新しさもさることながら、整然と商品が並んでいてまるで日本のスーパー?
というか高級スーパーといっても過言ではないかも



b0161409_1132482.jpg



moltoもご覧の通り
ピシーっと美しく並んでいて充実の品揃え♪♪

ヌサドゥアのCOCOスーパーは数年前行った時moltoを置いてなかったので
使えないな~と不満が残ったけれど、ここはその点文句なし♪


b0161409_1133988.jpg



奥の方にガラスで仕切られたフルーツやチルドのコーナーがあるんですけど
ここがとっても冷房が効いていて気持ちいい~
滞在中夜でも暑ーいウブドだったのでここで涼むだけの観光客となぜか店員も多かった(笑)

雨季はフルーツが豊富でうれしい季節
マンゴーもいろんな種類がありました!


b0161409_1135222.jpg



ちなみにマンギスのお値段 1キロ IDR23350 (約200円)
今回行ったデンパサール市場だと1キロ IDR15000 (約130円)だったのでちょっと高めです



b0161409_1141156.jpg



忘れていけないのはチョコレートアイスバー FEAST IDR3000 (約25円)
お安いです~マグナムは100円越えしてましたけど

振り返ると4カ国で似たようなアイスがどこでも売っていて殆ど毎日買い食いしてました
とんでもなく太りそうですが、歩き回ったせいで体重は逆に減ってましたよ(笑)


b0161409_1143071.jpg



2Fにはよくある民芸品のおみやげや洋服、時計なんかも売っています


階段の踊り場にあったマネキン
このセンスは・・・・・・・ギャグですか?
購買意欲もすっかり失せるコーディネートですが
強いて言えばブルーでまとまってるかなぁ(笑)

これを見たら滞在中見かけた某国のカップルのペアルックを思い出してしまいました
思わず写真を撮りたかったけれど失礼なのでやめておきましたけど
あともう一つ思い出したのが「I Love Phuket」とデカデカとプリントされたTシャツ姿のオバサン
プーケットからデンパサール行きの飛行機に乗っていました
バリに行くのに「I Love Phuket」(笑)
何か喧嘩売ってる感じですごい~!これだからアジアは面白い



b0161409_1144911.jpg



スタッフもクリスマスを意識してサンタの帽子
ムンムンと夜でも暑いウブドで見るクリスマスコーデは思いっきり違和感アリアリでした^^
まだ新しいせいかスタッフもちょっと緊張気味
でも対応が親切で気分良かったです~



b0161409_115732.jpg



ちょうどCOCOスーパーを出た真向かいにあるのはコンビニのDELTA DEWATA
ミネラルウォーターなんかもCOCOスーパーの方が若干安かったので今回コンビにはあまり利用しませんでした
大丈夫かな?コンビニ??

COCOスーパーは夜23時まで営業していて広い駐車場も完備 大型バスも停めれるし^^;
観光客、在住外国人には重宝しそうな品揃えでした


辛口評:ここに必ず必要か?と言えばそうではないと思う
それよりあまり大型店舗が増えて欲しくないのだけど・・・
[PR]
by enakdays | 2011-12-15 21:30 | bali shopping | Trackback
新空港建設中・・・・
前回GWに訪問して以来なので約半年振りのバリ
たった半年なのに大分変わったような気がしました
目に見える物だけでなく
目に見えない物の方の変化が多かったかな

到着口から一歩踏み出すと過去に感じた事ないほどの暑さと湿度
思わず 「panas sekali」を連呼
タクシードライバーも額に玉のような汗で苦笑い

車が動き出すと目に飛び込んできたのは



b0161409_14195082.jpg



こちらの光景
「Under construction・・・・」



b0161409_1420663.jpg



窓越しなのでわかりにくいですけど
「The new international airport」

・・・?! 何?新空港だって??



b0161409_14202124.jpg



チェックインカウンターって??



b0161409_14203553.jpg



思わず車から降り、写真撮りましたよ(笑)
この近代的な画は何???



b0161409_14204963.jpg



ボーディングラウンジも一新!

新空港は2013年にオペレーションを開始予定だそうです

まるで先進国の空港のような近代的なイメージ図に愕然
これじゃバリじゃないよ・・・(泣)
バリ到着早々、気持ちが萎えた
バリの将来の方向性はこっちなんだ
巨大な観光バスがますます行き交い・・・
嘆く事は旅行者のエゴなのか


b0161409_2211952.jpg


ところでこのボーディングラウンジイメージ図の唯一日本語と思われる「カラキル」っていう表示は何なんでしょう?
意味不明なところが唯一バリらしくてホッとしたような(笑)

詳しいイメージ図が掲載されているサイトを見つけたので
興味がある方はこちらをご覧ください⇒Inilah Wajah baru Bandara Ngurah rai bali 2013
[PR]
by enakdays | 2011-12-11 15:00 | bali etc. | Trackback
20日間の旅から帰りました
b0161409_17273886.jpg



昨日、無事帰国致しました

今回はsuku家としては超超ロングバケーション
オットの永年勤続ということと私もちょうど仕事の区切りがついたので19泊20日という実に長~い日程でした
どこへ行くか散々迷ったけれど結局二人の好きな東南アジア中心
将来のロングステイ先を考える意味でも気になる場所を予定に入れたら4カ国訪問という欲張りでせわしない日程に(汗)
当初バンコクを予定に入れるも洪水騒ぎの真っ只中だったので急遽バンコクをスキップし、その分プーケットを延泊
シンガポールx1泊、クアラルンプールx3泊、プーケットx4泊、バリx9泊、シンガポール2泊
という順番で滞在することとなりました

日本を飛び立ちINとOUTはシンガポール それ以降の東南アジア内のフライトは4フライトは全てエアアジアを利用
今回エアアジアは初めて利用でしたが、短・中距離路線だったせいか思った以上に快適
これは嬉しい誤算で、すっかりエアアジアファンになりました
ピッチの狭さはちょっと気になるけれど革張りのチェアが意外とすわり心地良く、逆に成田ーシンガポール間で利用したUAが結構狭かったので大差ない印象
機内食もいろいろ頼んでみましたが、どれもメチャ美味しくて珍しく完食するもの続出でした^^
エアアジアに関しては私的機内食ランキングとかオススメシートなんかを後程詳しくレポしたいと思いますのでお楽しみに^^

今回滞在したホテルについて
シンガポール1泊目は翌日のフライトの為、空港近くのグランドメルキュールロキシー

クアラルンプール3泊はサービスアパートメントのサマセット セリ ブギット セイロン

プーケットは前半2泊はインディゴパール、後半2泊はDewa Phuket

バリは1泊はスミニャックのアマデアリゾート、3泊はサヌール バリハイアット、2泊はウブドのコマネカアットビスマ、3泊はテガルサリ

シンガポール2泊はグランドパークシティホール

長期滞在の為、ホテルは価格抑え目の所を中心にブッキング(笑)
コスパがいい所やそれほどでもなかった所など様々でまた詳しいことは後程レポさせて頂きます~

バリについてはオットがちょうど1年前のバリ滞在中病気の為寝ていた記憶しかないというので
1年前と同じホテルに再度泊まったのですがその分新鮮味はちょっと欠けたかな・・・
テガルサリは今年の9月に出来たばかりのSUPER DELUX WOODENのRoom No.32に宿泊しました
一言だけ感想を述べるならGWに泊まったDUPLEXの方が私たちにとっては良かったです

今回はオットの海外オフィスの友人や在住の日本人の知り合いと再会を楽しんだり、バリではバリのお友達の家族と再会したり、大学や語学学校を訪問したりと、普段とはちょっと違う滞在ができてとても充実していて20日間の長旅もあっという間に過ぎてしまったような印象です

ただ毎日にんにくの効いた、スパイシーな東南アジアの食事が続いたせいか、胃袋は疲れ気味
最後の方は、食欲も落ちて、とにかくそうめんとか納豆が恋しくて、
気持ちの面ではもっと滞在したかったけれど胃袋はすっかりホームシック(笑)
成田に到着した時は帰ってこれた喜びでいっぱいで、そのままだし茶漬けの店に直行(笑)
お漬物を噛み締めながらやはり日本食が一番~としみじみ感じました

気候についてはバリだけが異常に暑くてその他の都市は湿度も低く時に涼しく感じられ快適
バリは雨季真っ只中でしたが日中は雨に降られることも殆どなくその点は幸いでしたが
現地の人も今年は異常といっていた位、これまで訪れたバリの中では一番の暑さで
正直ちょっと歩き回るのもしんどいくらいで行きたい所も行けずじまいだったりします

今回渡バリは10回の節目でしたが、私の中で何かが変わりました

先に他の都市を見てきたせいもあるのか、一つの場所に連続して通い過ぎたせいなのか、
それとも段々バリ自体が変わってきているせいなのか・・・
何だかフィルターがかかったように色褪せて見えて
そろそろちょっと間を空けてもいいのかなぁと思い始めてます
帰国直後だからそう思うだけで、また東京の忙しい生活が始まるとまた違ってくるのかもしれませんが・・・

さてこの20日間の旅の記録をどう編集してUPしたらいいものか考えると頭が痛いです
これから年末年始にかけて忙しくなるので超スローペースとなりますが、旬な話題からちょっとずつUPしていきたいと思いますのでどうぞよろしくお願い致します~!
[PR]
by enakdays | 2011-12-10 17:31 | ごあいさつ