<   2012年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧
テガルサリ再び New Room No.32
b0161409_19364590.jpg



タリーズでコーヒーを頼む時スタバカードを出し
改札でIDカードをタッチし、自宅のマンション入り口のタッチキーを当てる所にパスモを当てていました
そろそろ本気でマズイ気がしています



さて昨年のGWに続きまたもやテガルサリに滞在
ダメもとでテガルサリに電話してみると昨年9月に増築されたSuper Delux Room Woodenの
Room No.32のお部屋が空いているとのこと
2ヶ月前の予約でしたが意外と空く時は空いているものですね
予約の取れない宿があっさりと取れちゃいました・・・ちょっと拍子抜け(笑)


b0161409_19451197.jpg


Room No.32のテラスから眺めると右側に建物が見えてます
同じくスーパーデラックスの棟になります

正直無理矢理新たに3つの棟を押し込んだような気がしてならない
そんな配置でした

こんな風にちょっと土地があればどんどん建物が増えていく傾向が
最近のウブドでは多い気がします



b0161409_2244203.jpg


というのも、右横を見るとこんな感じ(笑)
お隣のさんとは至近距離で「こんにちは」となってしまいます
それに前からあるNo.20~24と新しいNo.28~32とは若干向き合うような配置なので
テラスに出ていると他人の存在はちょっと気になるかも・・・
意識するかしないかの範囲かと思いますが

私の部屋が一番手前のRoom No. 32
右周りにRoom No. 30, 28, 20, 22, 24です(2Fのお部屋番号)

以前見学したお部屋がRoom No. 24
ここは隣に棟がないので明らかに開放感がありますし
以前からあるNo.20~24の棟の向きの方が
田んぼも奥行きがある側なので圧倒的に景色が良いと思います

ああRoom No. 24に泊まりたかったな~~~


b0161409_1951270.jpg


でもRoom No. 32でも、もちろん広いテラスからは広大な田んぼビューが楽しめます
1泊5000円台でこのビューが見れるなら大満足です♪
このバンブーのイスの陰にあるデイベッドがごろごろと寛げて気持ちいい~
気付くとウトウト眠ってしまうのです
一つしかないのでオットと激しい争奪戦が繰り広げられることしばしば(笑)


b0161409_19524411.jpg


田んぼはちょっと残念な結果
こればっかりは運ですね
一面グリーーーーンだったら言う事なしですが
それでも目の前に広がる自然に癒されました

流れる雲を見ているのが結構面白い♪


b0161409_21343023.jpg


お部屋の造りは以前見学したRoom No.24とほぼ同じでした


b0161409_200241.jpg


バスルーム

今回ちょっと気になったのがバスマットが黒ずんでいたこと
翌日交換がされて新しいものになってもやはり黒ずんでいたのがちょっと気になりました


b0161409_2014470.jpg


洗面台


b0161409_2021399.jpg


そして広いバスタブ
シャワーブースもバスタブも可動式のシャワーなので使い勝手が良いです
このクラスにしては気が利いています


b0161409_2043496.jpg


電気ケトルとカップ&ソーサー
ドリップコーヒーを日本から持参しているのでケトルがあると便利


b0161409_2051780.jpg


冷蔵庫
私物も入っていますが、もともとドリンク類が入っている冷蔵庫です
以前泊まったDuplexのお部屋は大型冷蔵庫があって便利でした


b0161409_206404.jpg


お部屋の隅にあったランプ
何気にデザインが素敵


b0161409_21425086.jpg


やっぱり
広いテラスで景色を見ながらの朝食は格別~^^


b0161409_2144992.jpg



左からRoom No.24, 22, 20 28... (いずれも2Fのお部屋番号です)

Duplex room とSuper delux room wooden に泊まってみて
Super Delux room wooden ならRoom No. 24がいいかな

でもメゾネットのDuplexの方が1Fと2Fの両方のテラスを使えたり、
屋外ジャグジーがあったりと設備の面では断然好きなお部屋でした
またDuplexの方に泊まってみたいと思っています~
でもこのタイプは一部屋しかないので運が良ければ(笑)
[PR]
by enakdays | 2012-02-28 00:30 | bali hotel@Ubud | Trackback
10m先に・・・
b0161409_12395375.jpg



朝のウブドは何て気持ち良いんでしょ♪
まだまだ寝ていたいオットを置いて、恒例の1人お散歩に出かけました
といってもいつも代わり映えしないルートですが(笑)


b0161409_12443892.jpg


ビビアヌカフェ BIBIANU CAFE
このお店の前は何度も通り過ぎてますが、一度も入ったことがありません

b0161409_12492295.jpg


薄暗くて細長い店内の先には田んぼビューが広がっているよう♪
一番奥の席に座ると清々しい気分で朝食が取れますね~^^


b0161409_12455481.jpg


朝食メニューありました
わかりづらいですが、好きな卵料理にソーセージが付くタイプ
各種デニッシュ、それにパンケーキ
値段は書いていないけど一通り揃っているみたいです♪
テガルサリは朝食が付かないのでここなら近いし朝食を取ってみるのもいいかも


b0161409_12511376.jpg


少し坂を下っていくと右手に新しいスパが出来てました
Axmi beauty salon & spa
料金は掲示されていなかったのでわかりません
安そうにも見えるし、高そうにも見える・・・行かれた方の情報待ってます^^


b0161409_12532860.jpg


b0161409_1314846.jpg


モンキーフォレストへの下り坂
いつもの見慣れた光景だけど空気がひんやりとして爽やかな気分♪


b0161409_12542836.jpg


お猿の森の入り口
お猿が苦手なのでここで終了


b0161409_12551965.jpg


またもと来た道を戻ります


b0161409_1256378.jpg


すると表通りの建物の脇にこんな表示が

Warung di belakang 10m

裏に10m行くとワルンがある??

こういうのって妙に気になるんですよね(笑)
矢印に従って行ってみます~^^


b0161409_12591974.jpg


ワクワクして行ってみたものの
ワルンらしきものはなさそう・・・
これは駐車場らしいし


b0161409_1301570.jpg


でも視線を移すと
目の前にはこんな景色が広がっていました~!


b0161409_131827.jpg


小さな池には美しい蓮の花
表通りからちょっと歩を進めると
こういうのどかな景色が広がっているウブドって大好きです
どうかこのままで・・・

ところで肝心のワルンはつぶれちゃった?
ワルンの存在は不明でしたけどこの景色が見れたから良しとしよう♪
[PR]
by enakdays | 2012-02-25 13:30 | bali etc. | Trackback
サヌールの可愛すぎるカフェ@La Tartine ラ・タルティーヌ
b0161409_1115779.jpg



歯だと思ったらアゴ?
どうも顎関節症らしいです
アゴがめちゃめちゃ痛いので夜はマウスピースと呼ばれる歯型をはめております
これが何とも気分悪くて・・・・・しばらくの辛抱です

さてまたまたカフェ情報(笑)
前回のバリ滞在中は暑かったせいかカフェで一休みがいつになく多かった気が~
二人ともあんまりお酒が強くはないのでカフェで一杯の方がホッとするみたいです


そんな中サヌールで新らしめのカフェを見つけました

バリはお洒落なカフェが増殖中ですが、大概こういうお店は在住外国人のお店
こちらもそんなお店の一つです


b0161409_17374767.jpg


サヌールのバイパス沿いをてくてく歩くと


b0161409_1123415.jpg


La Tartine ラ・タルティーヌ

後で知ったのですがHotel Puri Tempo Doeloeというプチホテルの併設カフェになります
ホテルは時間がなくて見学しなかったんですけど、ホテルもラブリーな雰囲気^^
*リンクしたHPはかなり重いのでイライラします


b0161409_1131843.jpg


お店の外観からは想像がつかない店内は
思わず「かわいいー!!」と叫びたくなるような空間

インドネシア人&フランス人夫婦オーナーによるデザインで
コロニアル調の空間にアンティークのエッセンスと、フランスやアジアを感じさせるアイテムが
溢れて返っています~

そういえば今回クロボカンのカフェバリやサヌールのプティピノにも行きましたが
コロニアル調?な雰囲気のカフェが増えてるのかな?
コロニアル調ってそもそも何よって感じですが^^;


b0161409_1141667.jpg


パッと全体を見回しても好奇心をかき立てられる店内

部分的に見ても飾られているアイテムがイチイチ凝っていて見ていてとっても楽しい!
もう~キャ~キャ~言ってました(心の中で)
その可愛さに悶絶


b0161409_114346.jpg


味わいのあるレトロな扇風機


b0161409_1144949.jpg


ティーポットとカップ&スプーンの風鈴?


b0161409_1151636.jpg


インドネシアの怖~いお面も不思議とマッチ
よく見るとお面の隣に灯台の置物が交互に置かれてる~♪


b0161409_1154192.jpg


ごちゃ混ぜになりかねない個性あるものたちがなぜかまとまり
統一感があります



b0161409_1155951.jpg


一部メニューは黒板に書き出されてました

フード類も充実してそう


b0161409_1161880.jpg


こちらはサンドイッチメニュー


b0161409_1163189.jpg


オリジナルのケーキメニューありました♥
朝食後のお散歩だったのだけど、オットがどうしてもケーキが食べたいとほざく(笑)
そんな私も実は一口食べてみたかった♪

お勧めだというその名もドクターエヴィルチョコレートケーキを注文
悪魔っていう名のケーキってどんなだろう・・・・?
期待で胸を膨らませていると・・・


b0161409_1165163.jpg


じゃじゃ~ん!!
チョコ滴る見るからに甘そうなケーキ(汗)


b0161409_117630.jpg


しかもポーション大きいし^^;

ちょっとのけぞりましたけど
食べてみると甘さはそれほどでもないかな♪ (あくまでも私基準)


b0161409_1172432.jpg



甘党なオットも大満足できれいに完食ですー
もちろん私もお手伝いしましたが(笑)


b0161409_1174114.jpg



パイパス沿いなのでちょっと不便な場所

でもスタッフもとっても感じが良かったし(これ重要)、

冷房の効いていないお店が多いサヌールで珍しくちゃんと効いててオアシスのよう(これも重要)

Free Wi-fiなので1人でPC持参で過ごすのも良さそうですね^^
サヌール滞在時にはまた訪れたいカフェです♪


La Tartine
Jl. By Pass Ngurah Rai No.209, Sanur
Tel : 0361 286542
[PR]
by enakdays | 2012-02-22 00:00 | bali food | Trackback
やっと行けたウルン・ダヌ・ブラタン寺院
b0161409_1339319.jpg



春から私的に大きな変化があるのでその準備でバタバタしています
ちょっと精神的にも肉体的にも余裕がない感じの日々が続いているのですが
こういう時に限って歯が痛み出したりすんですね(汗)
忙しい中歯医者通いを余儀なくされています・・・ハァ~

バリでの滞在中、バリ人のお友達に会うのも一つの楽しみ
今回の滞在中、ガイドのY君とTちゃんにそれぞれ会う機会を作りました

女性のTさんは笑顔がとってもかわいい~その笑顔に癒されます
それに若いのによく気がつく、とてもしっかりした女性です
一周り以上も年下のTちゃん
姉妹と呼ぶには厳しいものがありますが私はバリの妹と思っています(笑)
それがあっという間に結婚したかと思ったら出産!
姉としてはスピーディーな展開に驚きました・・・バリの人は結構早いんですね

さて今回、彼女のお家にお邪魔する前に前から行ってみたかったブラタン湖の方へ行ってみることにしました


b0161409_13395917.jpg


ウブドから北上する道中、車が動かなくなりました

ド平日のお昼前で珍しいね・・・と言っていたら
ほどなくして原因が判明

車が故障してしまって1車線をふさいでしまってます

私は車を運転しないのでわからないですが、日本だとこういう場合ハザードランプで後ろへ知らせるみたいですね
ここではそんなこともなく現場にくるまで何もわからないままでした
日本だときっとイライラしてクラクション鳴らすだろうに、それもなく・・・
う~ん、いかにもバリ(笑)


b0161409_13402073.jpg


渋滞があったせいかトイレが我慢できなくなり
この辺だとここしかないの と言われたトイレ
ちろっと覗いたら「・・・無理(笑)」

一瞬我慢しようと思ったけど
この後も渋滞は続きそうなので意を決して入りましたよ~
涙目になりながら(笑)
まだまだ修行が足りませぬ


b0161409_13403446.jpg


まだまだ続く渋滞
その原因はこちらでした バリのお葬式 ンガベン
道は火葬の煙で真っ白


b0161409_13404767.jpg


大勢の人々が集まっていて結構大規模でした
もうちょっと見てみたかったけど先は長いので

この後もあちこちでンガベンは行われていました


b0161409_1341349.jpg


そうこうしているうちに美しい棚田が望めるエリアに突入♪
棚田好きとしては写真を撮る手が止まらない
でもまだこれから向かう先にはもっときれいな所があるんだって^^


b0161409_15591945.jpg


一応展望台みたいな所でTちゃんと記念写真


b0161409_13415287.jpg


そしてここが目的地ウルン・ダヌ・ブラタン寺院のある公園の入り口
なぜかライオンがガオ~ッとお出迎え(笑)

それにしてもブドゥグルは涼しいです
半袖だと寒いくらい!
ウブドやサヌールでは熱中症になりそうな暑さだったのに嘘みたいな涼しさです


b0161409_15121695.jpg


公園の敷地内に寺院があります
五重塔のようなメル


b0161409_1513078.jpg


湖の周りに遊歩道があって見晴らしがいいです
万国共通?アヒルの形のボートもありましたよ^^


b0161409_133996.jpg


湖に浮くウルン・ダヌ・ブラタン寺院
神秘的で幻想的な写真をかつて見てどうしても訪れてみたかった所
観光は基本晴れ上がった方がうれしいけれど、ここは曇って霧深い方がしっくりくるような気がします


b0161409_15202450.jpg


乾季の時は干上がっしまうこともあるらしいので
豊かに水を湛えたタイミングで訪れることができて良かった


b0161409_15231711.jpg


ここでもおちゃらけ写真を♪
Tちゃんはいろんなポーズを要求するので
撮った事がない写真がいっぱいでした^^


b0161409_15251783.jpg


さてこの後ジャティルイに向かいつつランチの場所へ出発です

この辺、ブドゥグルは野菜の産地でイチゴも特産
途中、道端にイチゴ売りの呼び込みも多いのです
すると車を止めてそれに応じるTちゃん
家族にこの地の特産のイチゴをおみやげに買うのだそうです
売り子の人たちの目が真剣で怖いくらい~
ぐいぐい身を乗り出してきます^^;


b0161409_15281094.jpg


交渉成立したようです
おっとカメラ目線だし(笑)

Tちゃん家族にお土産かと思ったら
「これホテルで食べてね」と私達にも買ってプレゼントしてくれました

何て優しいの~
こういう思いがけない心遣いがとってもうれしいです
Tちゃんありがとう♪



b0161409_15315155.jpg



こちらがブドゥグルのイチゴ
隣はとうもろこしの煎餅(名前を聞いたけど忘れちゃった)
イチゴは日本のに比べるとちょっと酸っぱいのでお砂糖とかコンデンスミルクを掛けるといいかも
とうもろこしのお煎餅は素朴で優しい味
あましょっぱい感じで上にかかっている黒蜜が甘くて美味しい
何か癖になる味でハマリました

コチラ方面にお出かけの際は是非お試しを♪
[PR]
by enakdays | 2012-02-19 16:50 | bali sightseeing | Trackback
初エアアジアでKLへ
b0161409_17414823.jpg


前回の続きです~
シンガポールのチャンギ空港はLCCT用のターミナルが別にあります
その名もバジェットターミナル(笑)チープの烙印を押されたようなネーミング
ここを利用するのかと感慨もひとしおだったのですが(笑)
エアアジアはこのバジェットターミナルではなく、通常のターミナルでT1になるんですね♪
きれいなチャンギで良かった~^^

こちらの搭乗ゲート口にある待合室で出発まで待機です
待合室は結構混んでいました ちょうど0円フライトだったせいもあるかもしれない

搭乗時間になったけれど あれ~何の動きもないのはなぜ??



b0161409_1742883.jpg



搭乗ブリッジの先にはあるはずの飛行機がない!?

この時は初エアアジアだったので驚きましたけれど
この後3フライトを経験してこれが通常のことだと悟りました

よっぽどの遅れがある場合は搭乗時刻も変更となるのだろうけど
それほどでなければいちいち変更しないみたい

この時も飛行機が到着したのは何と当初の出発時刻でした

じ~と観察していてわかったんですけど

乗客が降機して→これから出発する便のクルー達が乗り込み→前のクルーと一緒に機内を掃除し→前のクルーが降機して→この後の乗客が乗り込む

という流れになっているようです
時間にして30分程でしたが、この間客を降ろしてからクルーが掃除していることを考えると短時間で効率よく回しているなぁと感心してしまいます♪


b0161409_17422619.jpg



初なのでワクワク~
やっぱり通路もちょっと狭いかな


b0161409_17424523.jpg



噂に聞いていましたが、機内に白い煙(冷気?)がモクモクと(笑)
昔、タイのチェンライに飛ぶ飛行機もこんな感じだったなぁ~懐かしい



b0161409_1743197.jpg


機内誌も一応ありました
エアアジアンビューティー?


b0161409_124333.jpg


モデルみたいにきれい エキゾチックな美女ばかり!


b0161409_17432366.jpg


こちらが本物(笑)
手前の女の子 どっかで見たことがあるなぁと思ったら
ホテルのシャトルバスで一緒だったクルーの1人でした
さっきはあんなんだったのに、お仕事用スマイルでてきぱきと働いておりました
仕事のスイッチONとOFFじゃやはり違うもんですね


b0161409_17434479.jpg


サニーシンガポールを飛び立った時はこんな青空だったのに・・・


b0161409_1744268.jpg


乗ったと思ったら着きました 
そして窓の外はまさかの雨 
どんよりと灰色です


b0161409_17441976.jpg


その灰色の空にも映える真っ赤なエアアジア♪

こんな時に限ってボーディングブリッジではないのでした
おそらくKLのLCCTはタラップのみ?
最後尾の出口からタラップを降りようとしたら凄まじい風と雨で断念
スタッフが傘を持ってくるまで降りれずしばし待機し、
風と雨で飛ばされそうになりながら空港へと向かうのでした

途中、旅慣れた日本人のおじいさんに話しかけられ、よくエアアジアを利用するとのことだったので
表示も見ずにスイスイと歩くその後姿を必死について行きました^^
数日前までバンコクにいたのだそう
「洪水?街中心は全然平気だよ」ってにこやかに話してました
ああ~行きたかったな・・・バンコク 
洪水を理由に経路変更したのが悔やまれます(涙)

この後KLの街は嘘のように晴れ上がってたんですよ~
つまり到着したこの時だけ雨ってこと(苦笑)
[PR]
by enakdays | 2012-02-15 01:30 | singapore etc. | Trackback
SIN→KULへ
b0161409_2259933.jpg


昨年の11月&12月の東南アジア4カ国21日間のロングバケーション
スタートは成田発のUA881を利用してまずはシンガポールへ
一泊した後、午後の便のエアアジアでKLへ向かいます

この写真はシンガポールのカトン地区
比較的空港に近いホテル グランドメルキュールロキシーの周辺になります
この町並みがしっくりきて大好きです
それにシンガポールの晴れやか~な日差しがうれしい!!
やっぱ南国はいいな~!!



b0161409_22593156.jpg


グランドメルキュールホテルのお部屋
利用するのは2回目です
空港からは無料のシャトルバスで15分程
コスパがいいのでトランジットで一泊はアリです
それにホテル向かいに大型ショッピングセンターやきれいなフードコートもあるので
出発までの時間をプラプラするのにちょうど良いかも

ちょっと歩くとカトンというプラナカン文化の風情が残る町並みが保たれているエリアがあるので
そこで有名なラクサを食べるのもお勧めなんだけれど・・・
何と今回UA881が2時間もディレイしてしまい、シンガポール到着時刻深夜0時の予定が
午前2時着
無料のシャトルも終わってしまいホテルに着いて就寝したのが午前4時でした


b0161409_22595089.jpg


コンパクトだけどきれいなバスルーム


b0161409_230638.jpg


バスとシャワーは一緒です


b0161409_2302323.jpg


カラフルなデザインがかわいいアメニティ


b0161409_2304357.jpg



翌朝、UAのディレイですっかり時間がなくなってしまったので買い物は断念です
通り向かいに見える茶系の建物がグランドメルキュールホテル
ちょうど私の背後にショッピングセンターがあります



b0161409_231193.jpg


12時にチェックアウトして空港行きのシャトルで出発です
幾度となく通ったイーストコーストパークウェイ
椰子の木の続くこの道はシンガポールに来たんだなといつも実感させてくれます~

エアアジアのクルーも宿泊していたのでシャトルもご一緒しました
ところが彼らはものすごくウルサイ!!!
男も女もよく喋る喋る・・・しかも汚いのよ言葉が~^^;

でも、この数時間後その変貌振りに驚くのでした(笑)


b0161409_2312066.jpg


チャンギのエアアジアカウンター前
エアアジア~ンな雰囲気漂ってます(笑)


b0161409_2314669.jpg


出発までの時間軽くお昼を

やはりシンガポールはカヤトースト♪
バターの塩気と甘い濃厚なカヤジャムがたまらない~
KILINNEYヤクンに負けず劣らずおいちいです♡

長くなるので次回に続きます~
[PR]
by enakdays | 2012-02-14 00:05 | singapore etc.
ボナペティなNewワルン@Melting Wok Warung
b0161409_1282277.jpg



今回ウブドでのお店は行き当たりばったり
いつもなら念入りにどこへ行こうか計画立てるのに・・・珍しく無計画で過ごしました

何となく落ち着くデヴィシタ通りをきょろきょろしながら、更にゴータマ通りへ
この裏通りは一昨年訪れたデワワルンがあったり、フレンチビストロのPignou di Penyu、その他人気のレストランが点在する気になる通り

デヴィシタからちょっと歩いて、デワワルンの手前(デヴィシタ通り寄り)、Deviliciousの向かい側に新しいお店を発見

Melting Wok Warung (メルティング ウォック ワルン)

ワルンって書いてますが、ワルンぽくない洒落た外観

この写真は帰りに撮ったので人が写っていますが、
私達の訪問時は誰も客がいなかった・・・流行ってないかな?
ちょっと迷ったけど意を決して入店!


b0161409_1292541.jpg


b0161409_1294310.jpg


お店は階段を上った先にあるので外からは店内があまりよくわからないのですが
中はとても雰囲気が良くきれい


b0161409_1210682.jpg


天井の照明も個性的

このワルンで一番印象に残ったのがこのワルンのサービス担当のマダム
オーナー兼シェフがフランス人でそのご夫人になるのだけれど
も~最高にフレンドリー!
そしてとにかくお話好きでチャーミングで温かい♪♪

お客が一人もいないし、初めてだしちょっと不安な気持ちで訪問したけれど
このフランス人のマダムのもてなしに不安心も吹っ飛び明るい気分になりました♪

メニューはこちら


b0161409_12104850.jpg


b0161409_1211241.jpg


b0161409_12112068.jpg



なぜかフードメニューは黒板に手書きのみなので
アシスタントの現地の女の子といっしょにわざわざ黒板を運んできて
メニューの内容を一ずつ説明してくれます・・・というかまるでプレゼンのよう(笑)
それはそれは熱心に、尊敬すべき夫の作る料理をしっかりと伝えたいという熱意を感じるものでした

フランス語は全然知らないので驚いたのだけど、「Curry」のことを「カリー」とは言わず「キュリー」と読むのですね
このご夫人、何度も「キュリー」「キュリー」というのでどうしてもキュウリが(笑)

そして私とオットの中では彼女のことを「キュリー夫人」と名づけることにしました^^

ラオスに滞在してからバリに来たそうで、お料理もラオス風のカレーをフレンチ風にアレンジしたものらしく一押しだというキュリーをオーダー 

ココナッツミルク有りと無しで3000ルピアの差があるのが珍しいです


b0161409_1212021.jpg



こちらがチキンカレーココナッツミルク無し RP25000(約250円)


b0161409_12121767.jpg



こちらはツナカレー ココナッツミルク有り RP28000(約280円)


b0161409_12125321.jpg



付け合せのアチャール 激辛です^^;

「ボナペティ~♪」(たくさん召し上がれ♪)と振舞われたお料理
バリで「ボナペティ~♪」と言われるなんて何とも新鮮^^

フランス人が作るラオス風のカレーって想像つかないですけど、一口食べてみて素直に美味しい♪
カレーは東南アジアの共通の味という印象で、ベトナムにもタイにも通じる味
それが何というか洗練されて更に美味しくなった感じ

でも量がハンパないです・・・・一皿のごはん1合分は絶対あります・・・食べても食べても減らない^^;
キュリー夫人がそばで「どう?おいしい?」って聞いてくるので
「美味しい!でも量が多いです」
「あらよく来るアメリカ人はお代わりもするのよ~」
と言ってたけれどあり得ない~!
残しちゃいけないと思いつつさすがに1合以上あろうかというごはんは完食できずでした


b0161409_12132083.jpg


お勧めのデザート
モカクリームアイス添えだったかしら?名前を失念!
味は良かったですよ~

キュリー夫人の英語ってフランス語訛りで決して聞き取りやすくはないけれど(私も下手だけど)
すごく人と話そうっていう意志が伝わってきて、どんどん話してくるので食事中ずっと楽しく過ごせました
テガルサリもいいけど・・・といって彼女のお気に入りの宿も教えてもらったりとか
あと日本の雑誌も取材に来たのでそのうち載るらしいです るるぶって言ってたかな・・・?

最後に旦那さんも出てきて挨拶してくれたのだけど、彼がなかなかのナイスガイ
名前は聞かないけれど多分彼は「フィリップ」という名前がぴったりの風貌でした

まだオープンして間もないそうで、20時だというのに客は私達だけ・・・と心配していたらお客さんが来ました
昨日来てくれたドイツ人がまた来てくれたそうです^^
何だかホッとした気持ちで「また来ます~!」といってお店を後にしました

メニューの種類が少ないのでどれだけ万人受けするかわからないけれど
次回また訪れた時、キュリー夫人&フィリップの笑顔に再会できたらなぁと思います♪


b0161409_12135132.jpg



はち切れそうなお腹を抱えながらラヤウブドをぶらぶら


b0161409_12143128.jpg



そしてついつい足が向くあの場所
スタバウブド店(笑)
以前より冷房の効きがよく快適です♪
あ、ウブドだとone more coffeeはやってないんですね
あと何気にちょっかいだしてくる警備員はなぜかいませんでした(笑)
たまたまなのか、永遠なのか・・・・

お隣に座った韓国の美男美女カップルに視線を奪われつつ、ボケーっと過ごしていたら

b0161409_12151086.jpg


インドネシア人の若者が窓の外を見ながら騒ぎ出した
気になったので窓際に近づいてみると

b0161409_121533100.jpg


おお~ 突然の雨で水溜りが~!!
これが噂に聞く雨季特有の現象なんだわ・・・
サクッとお茶して帰るつもりが、傘もないし、これだと間違いなく足も汚い水に浸かってしまうので
やむなく待機することに

1時間後雨が小康状態になったので近くのサークルKへ

入り口で足元をふと見ると・・・




b0161409_12155336.jpg



ぎゃあ~!!!


そこらぢゅうにいる人が振り返るほどの大声を上げてしまった^^;
「大袈裟だよ」とオットに言われたけど
カエル・・・小さいけれどやはり苦手です しかも3匹
バリで民芸品店の置物以外のカエルを見たのは初めてでした
踏んづけなくて良かった・・・(汗)
[PR]
by enakdays | 2012-02-09 22:45 | bali food | Trackback
クアラルンプールでのコンドミニアム見学
b0161409_1273923.jpg



クアラルンプールは昨年のGWと11月に訪問しました

GWの訪問時のレポが全然進んでいないのでそろそろちょっとずつ手をつけていきたいと思います

GWではバリの帰りに2泊のみの滞在
目的はクアラルンプールのコンドミニアム物件を見学する為

将来暖かい国にロングステイをするのが夢です
大好きなバリもいい
でも生活となると都市生活の利便性が捨てがたい
物価が安くて、温暖で、人が良くて、そしてバリにも気軽に行ける国・・・と考えると
マレーシアのKLが必然第一候補に
実際ロングステイの滞在したい場所1位がマレーシアだそうです

東京で行われたロングステイのセミナーにも何度か参加して今回実際に物件を視察することになりました
過去に参加した東京でのセミナーは自分たちの親世代の参加者が殆どでしたが、
中には私たちと同世代もしくはそれよりグッと若い人もちらほらいて
会場からはマレーシアでのロングステイへの関心の高さを感じられました

東京でのセミナーだけでなくより現実的に検討する為、今回のKL訪問となりました

この記事はご興味のある方以外はスルーしてくださいね


b0161409_1281451.jpg


b0161409_1282818.jpg



現地の日本人スタッフのAさんと共に朝から物件視察
まずは1軒目
KLCCのある中心部にほど近い大型マンション
まだ建築中なので立派なモデルルームを訪問です


b0161409_1284336.jpg


こういうのは日本でも見かけますね


b0161409_1285796.jpg


ジオラマまでありました
よく出来ていて見ていてワクワクしてきます^^


b0161409_1292168.jpg


リビングルームの一部

モデルルームは東京の分譲マンションと変わりません
洗練されていてセンスが良いです♪


b0161409_1210050.jpg


ベッドルーム


b0161409_1294216.jpg


バスルーム
独立型バスタブがお洒落です


b0161409_12101681.jpg


価格表も日本と同じ
成約済みは花ではなく黄色い〇で

価格帯はRM600,000(約1500万円)台からあるようです

KL中心部に近いとはいえ、近くに駅がないので車での移動が必須となる物件
KLでは車は考えていないのでこちらは無理


b0161409_12104179.jpg



2軒目の物件
KLCC駅のお隣アンパンパーク駅から徒歩圏内の立地です


b0161409_12105886.jpg



もう既に完成済み
一部サービスアパートメントとして貸し出しています
リビングエリア


b0161409_12111638.jpg


お部屋からの眺め
特に何が見えるわけではないけれど、開けた視界が気持ち良いです♪


b0161409_12113859.jpg


こちらのプール
何だか泳ぎづらそうですがこういう風にKLの物件にはプールはほぼ完備
好きな時に泳げるって憧れです♪


b0161409_12115793.jpg


プール脇にあるリラックスコーナー


b0161409_12121690.jpg


ジムの外にスカッシュコートもありました 立派!



b0161409_12362743.jpg



3軒目
ブギビンタン中心にある新築物件

郊外のモデルルームまで車で30分位かけて行きました
中国系のセールスウーマンが対応してくれたのですが
もうそれはすごいマシンガントーク
中国人らしく「今が買い」「儲かりまっせー」を強調
オットが暴走して思わず契約をしそうになったので
慌てて私が阻止する事に・・・二人の話し合いもなくですよ^^;

結局、昼で終わる予定が、夕方まで時間を費やすことになり
観光もお買い物もできずグッタリ
でも日本でセミナーを受けた時より、実際に建物を目にしたり、街の雰囲気をつかむことができて
とても有益でした

不動産投資として短期での転売を考えるか、自己所有として将来住むまでに賃貸運用するのか

KLの物件の実情としては、日本の建築物と比べ強度も弱く経年劣化も激しいと聞いています
将来住むことを目的として購入しても数十年後住む頃にはメンテもかさみ、決して良い状況ではないことが考えられそうです
最近は空前の円高ですが、個人的にはこれから中長期的には円安になるのが当然の流れだと考えているし将来マレーシアも経済成長が進み不動産価格も高騰してくる?(正直微妙で読めませんが)ことを考えると、すぐに住むことが可能な人やキャピタルゲイン狙いで購入するなら今がタイミングとしては悪くないかもしれません 

あとは自分達が住む頃に最終的に賃貸という手もありますけど


それよりMM2H(外国人向け長期滞在ビザ)の条件も厳しくなってきていて
オーストラリアのビザと同じ流れになる可能性もあるので
まず先にMM2Hの取得を検討する方が先かもしれないです


でもマレーシア
結局まだ5泊しか滞在したことがなくって、
実のところ本当に好きな土地なのかまだよくわかってません(汗)
[PR]
by enakdays | 2012-02-07 00:00 | kuala lumpur etc.
インドネシアを感じられるかも♪
b0161409_21415139.jpg



最近寒すぎておかしくなってます(笑)
でもお陰様で風邪は引いていません 

バカは風邪をひかないって言いますし
周りは風邪っぴきが多いですが何とか持ちこたえてます

ヒートテック系より遠赤外線何チャラとかいう典型的なババシャツの方が俄然暖まるんですよね
今年は恥ずかしながらそちらを愛用(笑)これで乗り切れるかな~
只今インフルが流行っていますので用心しましょうね!

昨年12月に泊まった宿の一つ テガルサリから見る夕景です
この時私はちょうどお部屋でネシア語の個人レッスンを受けていたので
暇を持て余していたオットが代わりに撮った写真
色合いが気に入ってます

ところで最近スカイプで在住インドネシア人のMONAさんと定期的に会話をするようにしているのですが
彼女から教えてもらったのがこちらのサイト



Mivo Tv




b0161409_2224432.jpg


美男美女ですが、オネエサン、化粧が濃すぎです^^;

インドネシアのテレビ放送がLIVEでオンラインで試聴できます
チャンネル数も10個以上はあり、
驚く事に視聴料は無料~!!
無料なんて日本では考えられない~!何て太っ腹!!!

時間帯によっては接続が悪い時もあるけど
バリのホテルで滞在しているのと同じ番組が見れるのが嬉しい♪
インドネシアのCMとかコテコテのメロドラマとか(笑)
ちなみにMONAさんが好きなのはINDOSIARというチャンネル
ドラマやバラエティが多いそう

日本で気軽にインドネシアオのテレビが見れるなんて
何だかバリにいるような錯覚に陥りそうです^^
[PR]
by enakdays | 2012-02-04 00:20 | bali etc. | Trackback
lukisan ubud
b0161409_2042495.jpg




バリ人の友達のお父さん
もう既に引退されたそうですが画家さんでした

今回自宅に遊びに行ったら、絵をプレゼントしてくれました
まさか大切な絵を頂けると思っていなかったので嬉しかった~!
せっかくなので良い額縁に入れないとと思い銀座の伊東屋さんにオーダー
ようやく額縁が出来てきました

うん、なかなかいいかも!
[PR]
by enakdays | 2012-02-01 21:20 | bali etc. | Trackback