「ほっ」と。キャンペーン
タグ:phuket etc. ( 10 ) タグの人気記事
爽快な海@プーケット ナイヤンビーチ
b0161409_1327508.jpg




青い空と海が恋しい~!!!

おっさんのセクシーポーズは見たくないけど(爆)


プーケット ナイヤンビーチ 2011年11月 
[PR]
by enakdays | 2012-03-10 12:30 | phuket ctc.
ボン島での昼下がり@Evason phuket  2011年1月
b0161409_18525336.jpg



エヴァソンプーケット滞在で最大の楽しみ それはボン島
ホテルが所有する小島でホテルからは小舟で10分程のところにあります
前も書きましたけど船に弱い私なので
クルーズと名の付くもので楽しい思い出は殆どないかも(汗)

昔シンガポールからインドネシアのバタム島に行った時など乗ってる最中トイレから出られませんでしたから
ああ悪夢だ~(汗)

それでも最近は酔い止め薬を飲めば何とか乗り切れるようになったけれど船は恐怖です

そんな私にとってここボン島は10分の距離なので酔い止め薬がなくても乗り切れそう
どんな島なのかワクワクしてきます~!

ご参考までに

ボン島へのボートスケジュール(予約不要) 2011年1月時点
リゾート⇒ボン島 9:00から30分おき15:00まで
ボン島⇒リゾート 10:00から15:00までは1時間おき15:30から18:00までは30分おき



b0161409_1155785.jpg



さあいざ出航~!
横は二人座ればちょうど良い位の幅の小さな舟
天気も良く波も穏やかなので大丈夫そうです!
海上には何個か大小の島が浮かび、あれかな?これかも?なんて言っているうちに到着しました



b0161409_1261145.jpg



わ~やはりプーケット島本土より美しいです♪♪


b0161409_128146.jpg


b0161409_12144110.jpg



ビーチ左側
本土よりも透明度が高いです


b0161409_1291612.jpg



ビーチ右側
防水カメラではないので水中写真を撮ることはできなくて残念ですが
こちらの岩場付近にはお魚がいっぱいいました
長い時間ここでシュノーケルを楽しんだせいかすっかり日焼けしてシミがまた増えた~!


b0161409_12114787.jpg



ビーチチェアも数が十分あって困る事はありませんでした

ちなみにプライベート空間を保てるサラも10棟ほどあります
デイサラの料金は1500B~2100B



b0161409_12173093.jpg



こちらはビーチレストラン
この時間帯は利用する人がまだ少なかったので閑散とした雰囲気



b0161409_12201210.jpg



日陰から見える海の青さがまたきれいで
一日のんびり過ごしていても飽きないほど



b0161409_12222723.jpg



理想のバカンスの風景
とにかく好天で強い日差しだったので眩しくて眩しくて・・・
カメラで撮っていても何を撮っているのか、ちゃんと撮れているのかわからず撮っていたので
実際出来上がった画像を後で確認してみてガックリ
本当はもっともっと美しい海でしたよ~!!!




b0161409_1231444.jpg



お~また舟が到着!
こんな風に舟が30分から1時間ごとに行き来しています



b0161409_1232275.jpg



ゲストが続々と上陸してます~



b0161409_12322040.jpg



2時間ほど滞在して、オットがそろそろ帰ろうかといった
でももうちょっとのんびりしたかった私は1本舟を遅らせようと提案
これが思わぬ展開に・・・

乗る舟を一本見送った直後、
明るい真っ青な空が見る見るうちに灰色に変わり濃い雨雲に変わったんです
すると突然雨がボトボトと降り出し、一瞬にしてゲリラ豪雨の様相
海で泳いでいた人も、ビーチチェアで寛いでいた人も皆一目散に駆け出し、
唯一屋根のあるビーチレストランの中へ避難
そこから見る海はさっきまでの景色とはまるで違い暗黒の海
ビュービューうなる風の音と、ボトボト叩きつける雨で視界が開けず恐怖を感じるほど
この時の様子を今となっては写真に残しておけばよかったと思うけれど、
その場では怖くてただ呆然 写真のことなど忘れてしまった・・・

舟はこの悪天の為、予定の時間が過ぎても出航できず

10分が過ぎ、20分が過ぎ、30分が過ぎ・・・なかなか勢い止まぬ暴風雨の状況に
周りのゲストも皆顔がこわばってきて、いつこの島から脱出できるのだろうって不安でいっぱいに
ボートで10分という距離とはいえ、こんな悪天候だと全く身動きが取れません

何するわけでもなく皆ひたすら風と雨が止むのをひたすら待つのみ

この間私の頭の中は無人島サバイバルのテレビ番組なんかを思い出し
「取り残されたらどうしよう」、「帰れずに一晩泊まることになったらやはりサラの争奪戦??」
なんて悶々と想像を膨らませてました(笑)

結局、帰りの舟に乗れたのは約1時間後のことでした




b0161409_12324487.jpg



やっと出航が決まった舟に乗り込みます
行きとは違い乗船制限人数一杯まで乗せたのでぎゅうぎゅう詰め
私の前はスキンヘッドに背中一面タトゥーの入った格闘技の選手かと見間違うほどの強面
ところが「ハ~イ」とニコニコ顔で声を掛けてくれる気さくなお兄ちゃんでした


b0161409_1233056.jpg



脱出です~!



b0161409_12343131.jpg



無事にリゾートの桟橋に到着して一安心
フランス人のキッズがかわいい~あれ~何かすっぽんぽんに見えるし(笑)


b0161409_12421694.jpg



雨が降ったせいかインフィニティプールもがらんとして・・・
でも熱々のカップル一組
誰かと思ったらあのスキンヘッドのタトゥのお兄ちゃんでした
もうラブラブでした~♥

自然の美しさと畏怖を同時に体験することになったボン島
でもとっても魅力的だったのでまた是非行きたいです~♪
[PR]
by enakdays | 2011-11-15 00:03 | phuket ctc. | Trackback
朝食はサンライズとともに@Evason phuket 2011年1月
b0161409_1947232.jpg



エヴァソンの朝食は私のこれまで泊まったホテルの中で
眺めの良い朝食ランキング上位にランクインしましたー^^

エヴァソンでの朝食はインフィニティプールの上にあるレストランIN TO THE SEAで頂きます
2泊の滞在だったので朝食は2回こちらで取りました

初日はゆっくり起きたせいかレストランが混みあっていてIN TO THE SEAではなく、
お隣のIN TO THE THAIに案内されそちらで頂くことに


b0161409_19571025.jpg



混んでいて入れなかったIN TO THE SEA



b0161409_19163670.jpg



こちらはIN TO THAI
窓際はオープンになていって海が見下ろせるので悪くない立地です



b0161409_19183117.jpg



ブッフェ台はIN TO THE SEAの方にあるので取りに行くことになるのですが
名前は違えど一つのレストランのような感覚でお部屋がつながっているので
取りに行くのは不便ではありません
タイらしく和食から中華、タイ料理、洋食まで種類は一通り揃っていました



b0161409_1921493.jpg



巻き寿司とか点心とかいろいろ・・・
味は普通に美味しかったですよ~


b0161409_19224354.jpg



つみれ入りタイヌードルも
あっさりしていて美味 
以前タイ人から習った食べ方 砂糖、唐辛子、酢を入れて
甘さと辛さと酸味がタイでは必須です~!


b0161409_19265251.jpg



翌日、エヴァソン最後の朝
この日はフライトが早いので確か7時くらいにレストランに行くことに
この時間なら早いしきっと空いているだろうとちょっと期待してました

ところがIN TO THE SEAのこちらのスペースがまさかの満席でしかも超うるさい~!
何事かと聞いてみると某国の団体でもうすぐ出発されるのだって
確かにほんの数分で席を一斉に立ったけれど、テーブルは食べ残しやら何やらで
あり得ない散らかりよう・・・さすがだ(汗)

でもすぐにスタッフが機敏に片付けを始めすっかりきれいになりました
本当は昨日と同じIN TO THAIの方に案内されたけれど
こちらの席を希望したら快く一番景色がよく見える特等席に案内してくれました

それにしても一行が立ち去った後は驚くほどの静寂に包まれ(笑)
あれは何だったの~?ていうくらい
ブッフェ台の点心のコーナーが見事にすっからかんになっていました^^;



b0161409_19372687.jpg



ここの席からは幸運なことにちょうどサンライズを見ることができました
ここからサンライズが見えるなんて知らなかった・・・
早いフライトでなかったら気付かなかったかも
何が吉と出るかわかりませんね~


b0161409_19374419.jpg



思わず「ほう~」とため息
きれいだけど直射なのでかなり眩しいし暑いです



b0161409_1938254.jpg



最後の朝食でこんなサンライズが見れてラッキーでした



b0161409_19381934.jpg



レストランの脇の蓮池も


b0161409_19383493.jpg



蓮の花が朝日を浴びて輝いていました♪

エヴァソンに宿泊される予定のある方、早目の朝食に出かけましょう
きっと素晴らしいサンライズショーが見れるかも!
[PR]
by enakdays | 2011-11-09 00:00 | phuket ctc. | Trackback
blue & blueなプール@Evason Phuket
b0161409_11405317.jpg



今日はEvason Phuketのプールのご紹介

とその前に、ちょっとミーハーな話を・・・

家の近所にちょっとしたドラマの撮影スポットがあるんです
何度もロケしているのを目にするせいか、さすがにミーハーの私もイチイチ反応しなくなりましたが

とある数週間前の日曜の夜・・・確かあれは夜8時過ぎ
夕食を食べ過ぎたのでオットと川辺をジョギングしようと出かけました
橋の方に向かってみると何やら人だかりが・・・
車道を挟んで反対側の歩道でロケ隊がいて、何かの撮影をしているようです
いつもの事と特に気に止めず、そのままジョギングに出かけ、1時間程して戻ってくるとまだロケ隊がいました

ここでなぜか私は胸騒ぎがし、オットに「ねぇねぇ、向こう側に渡って誰が撮影しているのか行ってみない?」というと「ええ~面倒臭いからいいよ。早く帰ろう!」とオット
でも何だかとても気になるのよね・・・
遠くから目を凝らしてみると、暗がりの中、白いシャツと黒いパンツ姿の長身の男性が見えたけれど、顔ははっきりと確認できず・・・

それから数週間後
最近日本の俳優の中では私の一番好きな西島秀俊が主演するという日曜のドラマ(キムテヒとの共演)を見て唖然!

「ああ~ここ!ここは家の近所?」
「ぎゃぁ~白いシャツに黒いパンツ・・・西島君だったの!?」

悔やんでも時既に遅し

思わずオットをにらんでやりました(泣)

あの胸騒ぎはきっと西島君からのテレパシーだと今でも信じています(笑)
ああ、会いたかったよ 西島く~ん♥♥



では本題に戻ります~



b0161409_11411890.jpg



ホテル棟は敷地の高台にあって、プールや海の方に行くにはひたすら下っていくことになります
行きはよいけど帰りは怖い・・・もちろんトラムもありますよ
ここがレストランの入り口
ここから先にプールや海へと続くのです



b0161409_11413339.jpg



レストランINTO THE SEAからの眺め
蓮池の向こうにはコバルトブルーの海がパア~ッと視界に広がります!



b0161409_11414773.jpg



レストランの脇の階段を降りていきます
チラッと見える海の青さに胸が高鳴る♪


b0161409_1142033.jpg



おお~~!
想像していたよりも素敵~
もうテンション上がってしまっていてもたってもいられず
ここからダイブしたくなるような衝動に駆られ
思わず階段を踏み外しそうになりました(汗)


b0161409_11422536.jpg



空も海もプールも一体化してる~


b0161409_1143248.jpg



はぁ~幸せ♪
今ここにいれる幸せに感謝!
足がデカイ件については触れないで下さい(笑)



b0161409_11425662.jpg



インフィニティを体感してみましょ
これまで体験したインフィニティプールでここが一番私は気に入りました
まるで海で泳いでいるみたい~♪


b0161409_12334091.jpg



浮いているオット
オットはここがいたく気に入ったようでプールからなかなか出てきませんでした
後ろのゲストの表情を見ると快適さが伝わってきますね^^


b0161409_12335673.jpg



オンシーズンでゲストも多かったはず
時間帯のせいなのか少なめのチェアも確保できました



b0161409_1234124.jpg



南国のカラフルな鳥が遊びに来ます
かわいらしいけれど、こやつが危険!
食べ物を狙って離れません
ちょっと目を離した隙についばまれてしまいます



b0161409_12345592.jpg



奥に見えるのはレストランのIN TO THE VIEW
その奥に見えるのはボン島へ行く舟の為の桟橋です



b0161409_12351172.jpg



エヴァソンプーケットには他に2つのプールがあって
一つはファミリープール、もう一つはガーデンプール
ファミリープールはちょっと覗いただけで子供が多かったので
ガーデンプールの方を利用しました
インフィニティプールからはそう遠くない距離にあります



b0161409_12352814.jpg



遅い時間帯だったせいか人が殆どおらず



b0161409_12354510.jpg



おじさん貸切状態(笑)
海沿いのインフィニティとはまた違った雰囲気で、のんびり過ごせそうです
気分によって使い分けられるプールがあるってやはり大型ホテルの魅力ですね♪
[PR]
by enakdays | 2011-11-01 23:29 | phuket ctc. | Trackback
Evason Phuketへcheck-in♪
b0161409_1058361.jpg


ヒルトンプーケットに滞在後はEvason phuketへ移動
カロンビーチからEvasonのあるラワイビーチまで車で20分程南下
空港からEvasonまで直接行くとなると約50分程かかる距離なので他のビーチに比べ
決してアクセスが良いわけではありませんが、プーケットの滞在地を選ぶにあたって
どうしてもこちらは外せませんでした

最大の理由はホテルが所有するボン島という小島があること!

エヴァソンプーケットのゲストはボートで10分程のボン島へ滞在中何度も行くことができ
その美しい海ではシュノーケルを楽しめるらしい・・・
想像しただけでもワクワクしてしまう~

アイランドホッピングなどプーケットには魅力的なオプショナルが満載ですが、実は結構船に弱い私としては船酔いで苦しむのかと思うとつい二の足を踏んでしまうんですよね

そんな事情だからこそ、ボートで10分の距離の無人島でしかもシュノーケルも楽しめるなんて
私にとっては気楽でうれしい限り



アジアンリゾートの雰囲気溢れるロビー
奥にはアンダマン海が望める造りとなっていてテンションあがります♪


b0161409_1041275.jpg


この水を張っているのは何というのかわかりませんが(プールでもないし池?ここでは池と呼びます)
池の周りにはテーブルセットがあってロビーバーのようになっていて、
点在するサラは各々がフロントデスクの役割を担っています


b0161409_10411844.jpg



サラに案内され、こちらでチェックインの手続きを


b0161409_10413765.jpg



タイカラーなのか私の大好きなムラサキ~のブランコ椅子
こちらにもちろん座りましたとも!
こんなのに座るなんてまさに非日常だわ(笑)



b0161409_10415169.jpg



ウェルカムドリンクは一風変わったスタイルで出てきたレモングラスのドリンク
タイ滞在中は何かとレモングラスを感じる機会が多かったです
タイ=レモングラスのイメージが刷り込まれました


b0161409_1042117.jpg



今回滞在したお部屋はちょっと広めのDelux Room
以前写真で見た時、インテリアが好みではないなぁと思っていたのだけど
実際泊まってみたら思ったより悪くなかったです


b0161409_10422516.jpg



ツイン派なんですが、この時はなぜかダブル


b0161409_10424337.jpg



バスルームから見た様子
Delux Roomはダブルシンクなので便利です
このバスルームが広く、ベッドルームが逆に狭く感じたような


b0161409_10425986.jpg



バスルームは左にシャワーブース、バスタブ、トイレと並んでいます
掃除が行き届いていて(これ重要)機能的でした


b0161409_10431752.jpg



エヴァソンプーケットはシックスセンスのグループなのでエコに力を入れているらしく
アメニティも最小限 必要ならばリクエストというスタイル
当然シャンプー類もこちらの陶器のボトルに入って、無くなったら補充されます

まあ、よく高級ホテルのアメニティを持ち帰る事もあるけれど
持ち帰ったところで殆ど使う事もなく、「思い出に~」なんて言っても
山のようになってくると結局処分する羽目になるんですよね(笑)



b0161409_10433529.jpg



お部屋からは一応シービューということで海が見えます♪
テラスは気持ちよいけれど、日中日差しがありえないくらいきつくて数秒と持ちません
朝や夕方が無難です



b0161409_10441399.jpg



一方、敷地内の場所によってはこのような椰子の木が見え、
ここはどこ?ウブドの渓谷?なんて錯覚するような所もありました


b0161409_10452024.jpg



エヴァソンプーケットと言えば、このトンネルのような入り口

日中は人の出入りが多く撮れなかったので夜の神秘的な雰囲気で
このトンネルをくぐるとTOPにある画像のロビーエリアへと続きます

エヴァソンプーケットの魅力は建物内部より、敷地の美しさ、プール、海、ボン島にあると思います
その辺りは引き続きUPしていきます♪
[PR]
by enakdays | 2011-10-31 13:00 | phuket ctc.
グルメ&マッサージ&ショッピングの備忘録@カロン
b0161409_20323917.jpg



何やかんや言ってホテルに篭れない私達
とはいえプーケットはバリと違って気軽に乗れるメータータクシーがないので街歩きは不便です

取り敢えず、歩いて行けるカロンビーチ界隈の街にお出かけしてみました


b0161409_20321981.jpg



滞在したロータスウィングの所にあったお花
何とカーネーションを浮かべていました!
これはこれで彩りがきれいだけどアジアンリゾートではちょっと珍しいですね


b0161409_20325564.jpg



緑豊かな敷地をお散歩~
こういう一時が最高にリラックスできます♪


b0161409_20333374.jpg



敷地にはタイの祠がありましたた
こういう所はバリと似ていますね
ただタイの祠は金きら&カラフルです!



b0161409_20334610.jpg



ヒルトンのビーチ側の出口から出てて海に向かって右方向に歩いていく事にします
詳しい地図がなく、ホテルスタッフに聞いたらこちら側にレストランが数軒あると言っていたけど
それらしき所が見当たらず・・・

10分以上歩いて何もないと思ったらテント村のようなお土産屋が密集している所を発見
ちょっと覗いてみました
洋服もちょっとセンスが違うし、雑貨もさすが仏教国なのか仏様モチーフ多いです^^;
よって購買意欲を掻き立てるものなし(笑)


b0161409_2034866.jpg



とは言えせっかくだから何か買いたいもの・・・と粘ったら
まあまあよさ気なお店発見

タイシルクだという(?)クッションカバーを購入しました
1枚日本円で500円ほど
定価だったので値切り交渉したけれど一切応じず
かなり強気なインド人定員に自称ネゴシエーター(単なるゴネ魔)の私も撃沈
渋々定価で買いました


b0161409_20342397.jpg



引き返してみると来る時には気付かなかった区画を発見
オールドプーケットというホテルの前の敷地の区画
そこにはレストランやマッサージ屋、お土産屋、旅行代理店等が軒を連ねています


b0161409_20351797.jpg



朝食をあんなにガッツリ食べたのに小腹は空くのです(笑)
入り口から入ってわりとすぐ左側にあったSisawatというレストランへ



b0161409_20353492.jpg



ミックスジュースとビーフンだったかとても美味~
ビーフンには海老がごろごろ♪
適当に入って当たりだと嬉しい^^

声色も物腰もソフトな男性スタッフがちょっと気になるけど、
とても感じがいい


b0161409_20345025.jpg



翌日のお昼過ぎにもオールドプーケット前のモールへ
この日は気分はイタリアンだったのでこちらの可愛らしいお店
その名もアルデンテへ(笑)

でもなぜか客が一人もいない・・・
不安だけど、「アルデンテ」という店名でアルデンテじゃないパスタを出すはずがないだろう
ということで入店することに♪


b0161409_20355215.jpg



ちょっと時間は掛かったけれど待たせられた分熱々のふっくらとした美味しいそうなピザがお出まし
お味の方はどちらもうん美味しい♪
パスタはもちろんアルデンテでしたよ~


b0161409_2036940.jpg



食事の次はマッサージもやらないと!
Siswatの向かいにあるマッサージ屋さん Karma
タイマッサージ 250B(約700円)♪
やるしかないでしょ~


b0161409_20362418.jpg



小さなマッサージ屋さんでしたが、この区画のお店の中で一番混んでいました
この店先にいるお兄さんにオットは揉まれたのだけど相当上手だったらしく、
翌日も彼ご指名でお願いしてました
カロンビーチ界隈に泊まったらカルマはおススメです^^



b0161409_20365244.jpg



カロンビーチの夕暮れ


b0161409_20371293.jpg



一番の繁華街といわれるパトンビーチの方へ一度だけ車をチャーターして行ってみました
訪れたのはショッピングモールのジャンクセイロン
きれいだったけれどショッピングするにも目ぼしい物もなく、ぶらぶら歩いてつまらないので帰りました
車のチャーターはネットを通じて事前に日本人経営の会社に申し込んだのですが
3時間チャーター、運転手のみでお値段日本円で3000円ほどでした
ところが実際利用してみると、時間に遅れてくるし、車はぼろくて、おまけに車が臭い・・・
しかも運転手がタイ語しかわからず、簡単な英語もわからないので、ちょっとしたコミュニケーションに困り果てました 
もう最後はジェスチャーだったし^^;
バリのチャーターのようにはいきませんでした


b0161409_20381160.jpg



結局、夜も昼と同じオールドプーケットの前のモールへ
雰囲気の良さそうなお店は他にもありましたが・・・


b0161409_20373448.jpg



また昼と同じお店 「Sisawat」へ
ちょっとオネエ系の店員が「また来てくれたのね」ってニコニコでした

海老がごろごろ入っててうれしい^^
タイでは海老をよく食べました


b0161409_20375365.jpg



食後のコーヒーはスタバもないことなので
マッサージ屋のカルマの隣のコーヒーショップで

ヒルトンからビーチ沿い北に7分程
オールドプーケット前は一通り揃う便利で居心地の良い場所でした

帰りは必ずここの中にあるコンビニもどきのお店で30円くらいのチョコレートアイスバーを買って
食べながら帰るのがお決まりのパターン

ビーチからは波音が聞こえてきて、空を見上げると星が輝いていて

ああ、いい時間だった~^^
[PR]
by enakdays | 2011-10-26 00:20 | phuket ctc. | Trackback
ビーチ&プール@ヒルトンプーケット Hilton Phuket
b0161409_10281277.jpg



ストレスも影響しているのか、肩凝りがひどくて首も思うように回せないこの頃
仕事帰りにジムに行くパワーも時間もなく・・・ああ、しんどい(泣)
こんな時は、今すぐにでもどっかリゾートに飛んで行きたい欲望が噴出してくるので
過去の写真を見ながら妄想を楽しむことにします・・



b0161409_10283346.jpg



ヒルトンプーケットの広大な敷地をお散歩
乾季らしい好天に恵まれ、朝の散歩は最高に気持ち良い~♪



b0161409_10285167.jpg



ビーチは公道を挟んで向こう
道路を渡るのがちょっと面倒な気がするけれど
それほど気にはならなかったです



b0161409_11355551.jpg



おお~海が見えて来ました!


b0161409_10294175.jpg



パラソルとチェアがダ~っと一列に並んでいる!
これはプーケットならではの光景かも
よくパンフレットで見たような
でもパトンビーチほどゴチャゴチャした感じは受けなかったです


b0161409_10303892.jpg



気もっちいい~♪♪
かなり広いビーチは朝だったから人も少なく開放感いっぱい!


b0161409_11372832.jpg


b0161409_10314314.jpg


b0161409_10305740.jpg



透明度はまあまあ
結構波が高かったですね


b0161409_1032243.jpg



狙ったつもりないんですが、被写体になっていました(笑)
夫婦は似てくるって言うけど、まさに息ぴったり♪


b0161409_1032207.jpg



ビーチサイドの一画でマッサージがあるようです
後述する私が行ったプーケットのマッサージ屋さんよりお値段高いです~



b0161409_10323569.jpg



ヒルトンプーケットのプールは5箇所あるらしいんですけど
多分全部体験してないかも
敷地が広いので億劫な私達はお部屋から一番近いプールに入り浸りでした

こちらはビーチに近いプールの一つ



b0161409_10324745.jpg



朝だからガラガラ
でも日中は席が殆ど空いてなかった
私より外国人が寛ぐ姿の方が絵になるのでこちらを^^
はぁ~今ここで本でも読んでみたいものだわ~♪


b0161409_10331281.jpg



ビーチに近い第2のプール
こちらは変形プールなので子供も楽しめそう
ゴールネットもありました



b0161409_11223494.jpg



ホテル棟の中庭にあるプール
建物の影で暗いけれどあまり焼きたくない私としてはここが一番居心地良かったです


b0161409_11413239.jpg



サービスのフルーツサテを頂いてます♪

ここでは読書したり、昼寝したり、リゾートの過ごし方を久し振りに楽しめました

あ、でも変な泳ぎを編み出してそれをオットに写真に撮ってもらったりなんて
相変わらずおバカなこともしてましたけど(爆)
ヒルトンの大きなプールの端っこだからできることですけどね^^

プールといえば、次に泊まったエヴァソンプーケットが秀逸でした
なるべく空いた時間に書き貯めしてそちらも早くUPできるようにしたいです~♪
あ、でもバリも忘れてませんから(笑)
[PR]
by enakdays | 2011-10-21 11:47 | phuket ctc. | Trackback
朝からモリモリ食べた!@ヒルトンプーケット Hilton phuket
b0161409_1155980.jpg


ホテル滞在のお楽しみ♡ 朝食レポです~
ヒルトンプーケットは朝食用のレストランも2箇所あります
チェックインの日の夜に夕食を取ったレストランで翌朝も朝食を頂いてみました
プール沿いのレストランセイルズ

こちらはロビーに近くアクセスが便利なせいなのかいつもとても混んでいて
結局初日だけ利用して、その後は後述の別のレストランで取ることとなりました

プールサイドは気持ちいいけど、とにかく人が多くワサワサした感じで落ち着かなかった^^;


b0161409_1172037.jpg



お寿司や焼きそば、炒め物と朝からガッツリと(笑)
タイの朝食ブッフェは他の東南アジアの国に比べてどこも種類豊富です


b0161409_1165442.jpg



残り2回はこちらのイタリアンレストランBuon Appetito で朝食を取りました
外のテラスもゆったりとしていて人もセイルズほど多くなかったので落ち着けました



b0161409_1175248.jpg



中はこんな感じ
天井の照明のデザインがユニークです

ヒルトンは男性はラフでカジュアルなファッションの人が多かったけれど
女性は以外にもロングドレス率高かったです
なので私も張り切って朝からロングドレス着ちゃいました^^
バリではロングドレスを持参しても着る機会を逸する事が多いんですよね



b0161409_1181765.jpg



南国のフルーツ~
タイはフルーツの種類が豊富です♪


b0161409_1183447.jpg



サラダコーナー



b0161409_1185188.jpg



麺、スープコーナー



b0161409_119668.jpg



ホットミールコーナー
ランチにもなるような品揃えでした

なぜかタイなのにタイカレーがなかったのが残念
インドカレーはあったけど



b0161409_1192550.jpg



目玉焼きと奥にはローストポーク♪
この他にエッグステーションももちろんあってオムレツ作ってもらえます



b0161409_1194599.jpg



ジュースコーナー
タイのグアバジュースはピンクではなく緑です



b0161409_1110052.jpg



嬉しかったのはここ
好きなフルーツをリクエストして絞りたてのジュースを頂けるんです♪♪
あ~幸せ!


b0161409_11125327.jpg



タイは海老が豊富
海老入りのお粥にしてみました



b0161409_11145878.jpg



そして又もや朝からガッツリ~(笑)
もちろんこんなに食べたんだから昼は抜き?
いえいえ、ピザとかアイスとか食べてましたから~超デブになったのは言うまでもありません


b0161409_11104535.jpg



折角なので海が見える場所で朝食を食べたい気もするけど
この広大なお庭の景色を見て頂くのも気分は最高♪
[PR]
by enakdays | 2011-10-19 11:50 | phuket ctc. | Trackback
ラウンジに入り浸り@ヒルトン・プーケット Hilton phuket
b0161409_23222452.jpg



やはり予約投稿は便利ですね^^
PING送信もできるようになったので言う事なし!

さて前回に引き続き、プーケットで宿泊したヒルトンの記事を

ヒルトン・プーケット無料宿泊の滞在ですが、
今回エグゼクティブラウンジの利用も可能でした

私のHオーナーズゴールド会員になってからの数年を振り返って言えることは
東京を含め東南アジアのヒルトンでは一番下のクラスの部屋で予約してもエグゼクティブフロアーへアップグレード&ラウンジアクセス権は100%可能
ただコンラッドに関しては予約カテゴリーからワンランク上のアップグレード、ラウンジアクセス権は皆無だったので必要であれば差額を支払って利用するということになります

私もオットもお酒はあまり飲める方ではないのでラウンジはあればラッキー

なくても全然問題ないけれど、ここ、プーケットのラウンジは使えて良かった♪
としみじみ感じる場所でした



b0161409_2311116.jpg



ロータスウィング12Fにあるラウンジ
お部屋からは徒歩10歩ほど(笑)
計ってないけど多分そんな近さ

なので喉が渇く度に立ち寄るっていうのは大袈裟だけど
それくらいふらっと立ち寄れる距離感ということもあって
頻繁に使わせて頂きました~



b0161409_23112146.jpg



ラウンジはそんなに広くないし、まあ家具もヒルトンなのでこんな感じで(笑)

ここはグアムのヒルトンのラウンジに雰囲気がソックリ!
ちなみにKLのヒルトンのラウンジは東京のヒルトンのラウンジにソックリでした



b0161409_23113781.jpg



フリーのPCが2台あります
ネットサーフィンはもちろん、ヘッドセットがあったのでスカイプで海外に電話しているゲストが多かったです
スカイプなら無料もしくは格安でかけられますものね!
私も便乗して友人に電話してみました
「あれ~今、旅行じゃなかった?どこにいるのー?」てすごく驚かれたけど(笑)


b0161409_2334618.jpg



ここのラウンジに入り浸った理由の一番は窓からの景色


b0161409_23201181.jpg



ここからはカロンビーチが一望できるのです~♪


b0161409_23102562.jpg



ビーチから見る海もきれいだったけれど
こうやって高台から見渡す海も本当に素敵でした!


b0161409_23115913.jpg



入り浸った割には写真はあまり撮っておらず、ある日のカクテルタイムの写真のみ
うれしいデザートコーナー
結構デザートからいっちゃったりします^^


b0161409_23121535.jpg



ホットミールも充実してました



b0161409_23125064.jpg



トートマンプラーがギュ~っと旨みが凝縮していてさすがの美味しさ
スパイシーなサテももう~絶品でした
やはりこれではビールが欲しくなるってもんです♪
この後早速コーラからビールへ~

ラウンジのお料理はどれもかなりレベル高かったので大満足!



b0161409_2335593.jpg



段々、日が傾きかけてきました


b0161409_23225023.jpg



そろそろサンセットの時間


b0161409_23231366.jpg



海辺でのサンセットが一番好き
光りが海を照らし出し黄金色に輝くのが何度見てもいいなぁ♪♪

ラウンジで対応してくれたスタッフの中に、チェックインの時対応してくれた韓国人の女性スタッフもいました
彼女はチェックインの時から対応も丁寧だしきれいな英語を話しとても印象に残ってたんですが彼女も私達を覚えていたらしく、ドリンクとかいろいろ勧めてくれたのでお話してみました

彼女は前はグアムのヒルトンにいて、最近プーケットのヒルトンに移ってきたそう
若いうちに海外で見聞を広め、経験を積んで、いずれはソウルに戻る計画だそうです
そう語る彼女の眼がとても輝いていて昔の自分をちょっと思い出し懐かしい気持ちになりました

そういえばバリで出会った南部の方のガイドのワヤン君もそんなことを言っていました
バリでのガイドの仕事はあるけど、海外に出て違う世界を見てみたいのでクルーズ船の仕事もするんだっていう話を熱く語っていたなぁ

はぁ~皆素晴らしい!
若い人たちの熱い思いに触れ、私まで良い刺激を受けたような気がします
皆、がんばってね~♪♪ お姉さん?は応援してます(笑)


 
[PR]
by enakdays | 2011-10-12 11:48 | phuket ctc. | Trackback
ヒルトン・プーケットへチェックイン♪ プーケット旅行記 2011年1月
b0161409_17594260.jpg



1月のタイ旅行記の続き
バンコクの滞在後、プーケットへ向かいます
今回無料特典で宿泊するヒルトンプーケットに3泊、後半エヴァソンプーケットに2泊の予定

もうかなり昔プーケットに1泊だけしたことがあります
記憶が殆どないくらいで今回実質初といってもいいほど
乾季のベストシーズンなのでどれだけきれいな海なのか期待で胸が膨らみます

バンコクのマンダリンオリエンタルからスワンナプーム国際空港までタクシーで30分程度
料金は320バーツ(高速代70バーツ含)なので約900円でした



b0161409_181321.jpg



これからリゾート行くぞ~!という白人が殆ど
日本人はあまりいなかったような

搭乗予定の飛行機が30分ほどディレイしました
早く飛んで行きたい気持ちを抑えて、ゴルフの中継を見ながら待ちます


b0161409_187096.jpg



TG 215 バンコク14時過ぎ発の便
国内線ですが軽食程度のものが出ました
何気にサンドイッチがおいしかったです♪


b0161409_18184099.jpg



プーケットの空港
メータータクシーがあるという話だったので空港出て右端の乗り場に行ってみたんですが
タクシーが出払っていて一台もいないので乗車を断られました
そもそもが台数が少ないらしいです
仕方ないので、エアポートタクシーで
確か750バーツほど(約2100円)
領収書を紛失してしまい大体の料金です

プーケットは移動にかかる費用が高いのがネック


b0161409_18235627.jpg



プーケット空港の前の風景
のどかな田舎の雰囲気(笑)

タクシーで40分程でカロンビーチにあるヒルトンへ到着
と思ったら入り口を抜けてからが長いようで・・・


b0161409_18263965.jpg



タクシーを降りて、さらにヒルトンの専用バス?に乗り換えます
木々に囲まれ、大きな池もある広大な敷地(まるで公園)をひた走り


b0161409_2111384.jpg



ようやく本当に到着!
敷地も広いけれど、こちらの玄関も大きくて圧倒されます


b0161409_18332678.jpg



フロントの辺り
照明が面白いデザイン


b0161409_18361479.jpg



今回ヒルトンHオーナーズのポイントが貯まったので無料宿泊での滞在

プーケットのオンシーズンはオフシーズンに比べルームレートが倍近く跳ね上がる傾向があるので
この時期どこもお高い・・・
そんな中、ポイント利用で宿泊できたことはとてもお得感がありました

気になるアップグレードですが、無料宿泊でオンシーズンにも関わらず、
エグゼクティブラウンジのあるロータスウィングの最上階12階のお部屋をアサインして頂けました
もちろんラウンジアクセス権付♥

Hオーナーズデスクで対応してくれた韓国人の女性スタッフがとても感じがよくって、
無料宿泊でアップグレードでも有難いことなのに、オンシーズンの為山側のお部屋しか用意できないことをとても申し訳なさそうに詫びていてこっちが恐縮するくらい



b0161409_1850475.jpg



この時すっかり疲れてしまっていてやる気なく写真を撮ったので
何だかよくわかんない写真ですみません~
62平米あるらしくとっても広々としたお部屋



b0161409_18502163.jpg



大抵ツインをリクエストするのですが、今回ツインのお部屋の空きがなく1ベッド



b0161409_1858030.jpg



このタイプのお部屋にはシャワーブースがあるそうです



b0161409_18594777.jpg



いたってノーマルなタイプの洗面
何も考えず思いっきり自分が写った為モザイク処理(笑)



b0161409_1914147.jpg



山盛りフルーツ
欲を言えばもうちょっとタイらしいフルーツだったら良かったなぁ
盛り付けが変


b0161409_1944688.jpg



この日の夜はプール近くのレストランで


b0161409_1952193.jpg



連日バンコクではタイ料理三昧だったのでいい加減飽きました
ここでナシゴレンをチョイスする私(笑)
「ほんと、好きだよね~」ってオットに言われる
だってこの時バリがちょっと恋しくなってきたんだもの~


b0161409_1985044.jpg



夜の落ち着いた雰囲気
バーラウンジでの生演奏が心地良く聞こえてきていい気分
バンコクみたいなシティもいいけど毛穴がグッと緩むようなリゾートの雰囲気はいいなぁ♪

長くなったので今日はこの辺で
[PR]
by enakdays | 2011-10-10 20:20 | phuket ctc.