「ほっ」と。キャンペーン
タグ:yogyakarta ( 4 ) タグの人気記事
日常のひとこま
b0161409_1351554.jpg



更新すっかりスローモードです。
日々忙しすぎてじっくりブログに向かう時間がありません。

ジョグジャではこんな光景をいつも目にしてました。
開店休業状態(笑)。
[PR]
by enakdays | 2012-10-06 13:12 | yogyakarta
空からの訪問者@プランバナン
b0161409_22223593.jpg


7月のジョグジャカルタ訪問の最後の地は世界遺産のプランバナン寺院
スケジュールを詰め込み過ぎたせいか時間が押してしまってプランバナン寺院に着く頃にはもう薄暗い・・・早足で遺跡まで向かいます

b0161409_2223204.jpg



といっても実はこの遺跡群がある地は広大な公園になっていて入り口から遺跡まではかなりの距離
遺跡見物ってまずは体力が充実してないとダメですね

b0161409_22235156.jpg


空を見上げると・・・何これ?


b0161409_2230336.jpg


パラグライダー?
え、こんなとこで出来るんだ!


b0161409_22242680.jpg


なぜかこの時パラグライダーのイベント?があったらしく
プランバナン遺跡とパラグライダーの異色のコラボが見れました
それにしてもパラグライダーで上から見るとどんな感じなんだろうか??
その光景にすごく興味があるけど高所恐怖症だから私は絶対無理!やったら絶対死ぬから!!


b0161409_22245440.jpg


おお~遺跡が間近に見えてきました
すごい存在感~圧倒されます!
ちょうど小学生くらいの子供たちが来てました

b0161409_22252646.jpg


子供たちの制服に目を奪われます
バリで見ぬジルバブ(頭の布)がここはイスラムの国なのねと実感させられます


b0161409_22254570.jpg


石塔の一部が落下したままの状態
地震の爪痕が痛々しい

b0161409_2226944.jpg


ヒンズーの神を祀る シヴァ堂、ヴィシュヌ堂、ブラフマー堂
その三大神殿の向かいには小さな神殿があってそれぞれの神が乗る
牛・ガルーダ・ヤギなどが祀ってあります

ヒンドゥーと仏教の寺院の見分け方はリンガ(男性の象徴)の有無だそう
なるほど、寺院は多くのリンガで装飾されてます


b0161409_22263335.jpg


敷地にはまだ復元されていない石材が無数に取り残されています
1549年の地震で崩壊した240もあった寺院
そのうち復元されたのが16寺院とまだほんの一部しか復元されていません
また2006年の地震で倒壊したものの修復もあり、実際に全ての寺院が復元が完了するのは
私がこの世にいないいつかになるんだろう・・・考えると気が遠くなりそうです

歴史的にも地震によって破壊と修復を続けるプランバナン
今後日本を含む世界各国の協力によって遺跡の修復・復元作業が順調に進み、
これ以上地震による損害を被ることがないよう望みます

ちょっと今回のプランバナン訪問は時間が足りなさ過ぎ
次回はジョグジャカルタに少なくとも2泊以上でボロブドゥールとプランバナンをじっくり見て回りたいと
遺跡マニアではないけど本気で思いました


b0161409_2227799.jpg


バリへ行く夜のフライトの前に軽食が付いてました
空港近くのシェラトンホテル内のレストラン
なかなか素敵な雰囲気じゃありませんか

b0161409_22272481.jpg


ツアーで付いていた軽食とはナシゴレンでした
ホテルだしあそこのランチのこともあったので、正直あんまり期待してなかったんです皆
でも驚くことに、このナシゴレン、メッチャおいしい~!!これまで食べたナシゴレンの中でダントツ1位
初ナシゴレンの母も「ちょっとこれおいしくない?」といたく気に入った様子
ちなみに秋に行ったサヌールのハイアットでルームサービスで頼んだナシゴレンも相当おいしかった
今のところナシゴレンはこことハイアットが首位を争うって感じです~!

ジョグジャでの最後の晩餐は3人ともニッコニコ~と機嫌良く空港に向かったのでした^^
[PR]
by enakdays | 2011-03-09 22:36 | yogyakarta | Trackback
水の宮殿とベチャ体験@ジョグジャカルタ
b0161409_11481395.jpg


アマンジヲでのランチの後はジョグジャカルタ市街の観光
エンジェウィサタツアーのガイドのエディさんと共に訪れたのが水の王宮
この辺りから日差しがまた強烈に照りつけてきたのでちょうど涼しそうで良かった

こちらはいわゆる王様のハーレム
もちろんその役割だけではなく城塞として利用されるよう設計されてるとのこと
実際、王宮から地下道でつながっているんだそうです
ポルトガル様式の建物がとても美しい


b0161409_11482881.jpg


王様の覗き窓
ここから覗いて水浴びしている女性の中から
その日の相手を選んでいたんだって・・・ったく、英雄色を好むだわ


b0161409_11484317.jpg


建物の出入り口にはこんなユニークな表情の絵
これでも魔よけなんですって(笑)
思わず笑っちゃいそう

b0161409_11485884.jpg


オットはエディさんと一緒に別の場所に
私は母と一緒に歩いていたら欧米系のちょっとデップリとしたおじさんに声をかけられた
写真を撮りたいんだって
「え、誰の?」
て聞いたら、「二人の」と言われた
私はちょっと引き気味で躊躇してたんだけど母があの調子ですごいノリノリだったので
「まぁ、いっかー」って撮ってもらうことにした
写真を撮り終わると、このデップリおじさんが名刺をくれて
「こちらで見ることができるから~」って笑顔で立ち去っていった

b0161409_11491472.jpg


フォトグラファー と書いていたけどインドネシア語でダウンロードが何チャラって書いている
でも意味がわからない
翌日気になったのでバリのホテルのPCで記載されたアドレスにアクセスしてみたら
それは彼の作品集みたいなサイトであった
日にちごとに分かれていていろんな人々の写真が掲載されているんだけど
その中に何と母と私の写真を発見~!
バカみたいにニコヤカな母の笑顔ちょっと引き気味で引きつった私の笑顔と・・・
「ええ~何?これ~!!!」ってちょっとパニクってしまった
でも、他の写真を見たら他の人皆いい表情で楽しそうに写っているし、
減るもんじゃないし、それにどれほどアクセス数があるサイトかも不明なんだから
まあいっか・・・ていうことで程なくして気持ちが収まりました
それにしても母と一緒にいるとちょっと不思議な出来事に遭遇するようです^^;


b0161409_11492921.jpg


水の宮殿を後にし、静かな住宅街を散策
軒先に立派な鳥籠が吊るされています
これがまたいい声で鳴いているんですよ♪

b0161409_11494831.jpg


途中、ワヤンクリの工房があったので中を見学させてもらいました
水牛の皮に模様を彫っています

b0161409_1150633.jpg


こちらは完成品
繊細で精巧な柄で美しい
今回残念ながらワヤンクリは見れなかったので次回是非とも見てみたい

b0161409_11502852.jpg


さてさて待望のベチャ乗り場へ~
おお~これがベチャか!
オッチャン達がものすごい笑顔で歓迎(笑)

b0161409_1150476.jpg


オッチャン
近くで見るとか細いし、それに結構お年を召している
私なんかでスミマセンって申し訳ない気持ちで乗らせて頂きました

細い路地を抜け・・・


b0161409_1151850.jpg


後ろにいるオット
すごく楽しそう~!
母は私の前なので見えないけどキャァキャァ奇声が聞こえているので楽しんでいる模様(笑)

b0161409_11512728.jpg


住宅街にあったいい感じの雰囲気のお店
日本で言えば駄菓子屋?

b0161409_11514795.jpg


車通りに出てきました
さすがオッチャン、ぐんぐん馬力を上げてきました~!
風が心地よくてめっちゃくちゃ気持ちいいんですけど~!!
ラララ~♪

b0161409_1152496.jpg


大通りに出てきました
大広場には大きなスクリーンが設置
ちょうどこの時ワールドカップ開催時だったのでパブリックビューイング用
インドネシアの人はサッカー好きよね

b0161409_11522230.jpg


未来のワールドカップ予備軍?
とってもかわいかった


b0161409_11524176.jpg


愉快なベチャ体験もあっという間に終了
ジョグジャの人も皆笑顔が素晴らしくていいなぁ~!

b0161409_1153048.jpg


道着を着ている子供達に遭遇
写真を撮っていたら興味深げに近づいてきたので写真を撮ってあげました
テコンドウを習っているんだって
とってもかわいいハニカミ屋の女の子達

b0161409_11531736.jpg


ああ~楽しかったな!ベチャ!!
また乗ってみたい♪
でもあの馬車にも乗ってみたいぞ~!!


「fufu log」のふふさんも2010年9月に訪問されてます♪ 記事はコチラ
[PR]
by enakdays | 2011-03-02 00:43 | yogyakarta | Trackback
ジョグジャカルタフライト & プランバナンでラーマヤナ
b0161409_1284454.jpg


7月の渡バリ後、気まぐれに更新していましたがついついバリネタばかりに集中してしまったので
ここらでジョグジャカルタの話題を

今回ジョグジャカルタはもちろん初めてで、遺跡好きの母にせがまれ行くことになりました
どうしてもインドネシア国内線は墜ちるイメージがあったので
ライオン航空とかマンダラ航空とかローコストキャリアは今回避けるのが必須条件で
ガルーダ国内線を選択・・・といってもガルーダも墜ちてますけど(汗)

効率上、成田~デンパサール~ジョグジャカルタと初日に行った方が楽?と思い、
ガルーダのサイトで周遊チケットで購入してしまったのですが、発券後、激しく後悔・・・

ガルーダの東京支店で支払い&発券をお願いしている時にふと何気なく質問したのが
「デンパサール到着後、ジョグジャカルタ行きに乗り継げないことってありますか?」
すると、
「そうですね~、ここ最近、東京行きが遅れて間に合わず、翌日になったことがありました」
という回答に一抹の不安が!
デンパサール着が17時05分でジョグジャカルタのフライトが18時50分
その間1時間45分・・・ちょっと微妙な時間です
もし、その日に乗り継げなければ、予定が全て狂ってしまう~
でももう発券してしまったし、後はもう運を天に任すしかないというちょっとお粗末なスケジューリングのまま
出発することになりました

さて出発当日
何と嫌な予感が当たり、デンパサールからの到着便が遅れた為東京出発に遅れが!
結局、40分程の遅れで無事出発したのですが、もう出発するまで気が気じゃなくって冷汗ものでした^^;

成田のガルーダのカウンターであらかじめ乗り継ぎの際の説明を受けていました
ところが到着後、説明を受けた場所に係員がいて誘導されるはずが係員がいない!
仕方ないのでよくわからぬまま入国審査を通り抜け、いつものカウンターテーブルの辺りに到着

b0161409_1823864.jpg


その辺の人に聞いても、誰が正しく信じていいのかわからない状況でしかも遅延で到着した為焦りまくり~
結局、通常のデンパサール入りの時と同様に、荷物を普通にカウンターテーブルからピックアップし、税関を通り、その後、係員に荷物を預け渡すといった流れでした
同じようにジョグジャに乗り継ぐらしい日本人の旅行者もとても不安な感じで、本当にわかりづらかったです

b0161409_18232936.jpg


ここでモタモタ時間をロスしてしまったので走る走る~
こちらの方々は全然関係ない人です^^;

b0161409_18234557.jpg


あ~久々の空港を出たとこの景色!
しかし、このムンとする湿度 乾季なのに暑いじゃないの~

b0161409_18251277.jpg


b0161409_18265547.jpg


相変わらずの光景を横目に見ながら、初めてなので急ぎます!
バリ初訪問の母は座り込む人々を目にして
「あの人たち何してるの、何で座っているの?」
とすごく不思議な光景だったよう
帰る頃には見慣れてしまったようですが(笑)

b0161409_18275564.jpg


国内線のターミナルはまるで長距離バスの待合っていう雰囲気

b0161409_18284744.jpg


カウンターの方々、のんびりしていてなかなか私達の番が来ない!
こっちは初めての乗り継ぎなのでもうイライラし通しでした~
注:この方はよその人です

b0161409_18385578.jpg


何はともあれ間に合いました
タラップから乗るのは何年ぶり?写真撮りまくってはしゃいでしまいました


b0161409_18412230.jpg


全席満席状態!
機内は3-2の席の並びでピッチもとっても狭かったけれど1時間そこそこなので問題ないです

b0161409_1842276.jpg


軽食の甘辛のパンとゼリーとキットカット
初めて食べた味付けだったけど、このパン何気に美味しかった

b0161409_18444671.jpg


あっという間に到着
こちらがジョグジャの空港入り口 歩いて入ります

b0161409_18452359.jpg


ジョグジャの空港内 
ここでエンジェウィサタツアーズのガイドさんと会い、プランバナンへ向かいます!

b0161409_18472971.jpg


ラーマヤナ・プランバナン屋外劇場
ライトアップされた世界遺産プランバナンを背景に設置された屋外劇場で
ジャワ舞踏劇、ラーマヤナを見ることができます
本来はこのままホテルへ向かう予定だったところ、母がどうしてもこちらに立ち寄りたいということで
アレンジしてもらいました

b0161409_1854739.jpg


広大なステージと客席
奥にぼやっとライトアップされたプランバナンが見えます

b0161409_1855134.jpg


私達のカメラではこれが限界
もっときれいに見えていたのに・・・
とても幻想的な姿でした

b0161409_18562569.jpg


b0161409_2146171.jpg


ダンスは200名も出演という迫力あるものだそうです
私達は踊りはあまり興味がなくライトアップされたプランバナンが見たいためだけの立ち寄りだったので
ちゃんとは見てません
見た感じ、私はやはりバリ舞踊の方が音楽も踊りも好みだと思いました

b0161409_18592225.jpg


この劇場の係員のおじさん達の一服風景(笑)
二等席なのにVIP席に潜入して写真を撮っていたら注意を受けちゃいました(汗)

b0161409_18594011.jpg


ダンサーの人達
何か左の人、日本人でもこういう俳優いましたよね~ちょっとあっち系で(笑)
化粧バッチリです~

翌朝4時起きなので、ここで長居はしてられません
今から出発してもホテルに到着するのは22時
ほんの30分程度の鑑賞でしたが、プランバナンの幻想的な姿と舞踊を見ることができ大満足でした♪


ラーマヤナ・プランバナン屋外劇場 
   
上演時間は午後7時半~9時半

5月から10月までの期間、火、水、木はフルストーリーのダイジェスト版
満月の前後4日間の晴れた夜には1つづつのエピソードをプランバナンの屋外劇場で上演されます

料金:

VIP IDR 250.000
Preferred Seat IDR 175.000
Premium Seat IDR 150.000
Standard Seat IDR 75.000

詳しくはコチラ

私達がお願いしたのは17万5千ルピアの二等席
バリと比べるとかなり高い設定で、そのせいなのかお客さんも多くはなかったです
でもせっかくなのでこの期間訪れることがあれば一度プランバナンの幻想的な遺跡をバックに
ラーマヤナを鑑賞してもいい記念になるのではないでしょうか

この後、1時間半かけてホテルに向い、遅い夕食です~


 
[PR]
by enakdays | 2010-09-05 23:28 | yogyakarta | Trackback