<< マヤウブド~あの部屋へ イケテルCHANDI@スミニャック >>
花火とガムラン
テレビをつけたらそそられる番組宣伝が!

b0161409_8194357.jpg

BSジャパン おとなに贈る極上の旅 毎週水曜日 20時から

こちら今日スタートの新場組のようです

記念すべき第1回、第2回はバリ!

8月18日 第一集 大人のバリ~ネイチャー&スピリチュアル
8月25日 第二集 伝統と文化の香り

これは要チェックですね~♪


さて週末の土曜日は恒例の東京湾大華火祭にオットと出かけてきました
去年の模様はコチラ
中央区在住者用の晴海の主会場の入場整理券を今年も入手し、いそいそとおでかけ~
19時開始なのですが、17時前には会場に到着
なかなか良い場所に席取りをし、食べたり飲んだりしながら始まるのを待ちます

この日の天気は曇り
風はあるものの、湿度が高く気温もわりと高い日でした

何だか朝から体調が優れないのが気懸り・・・
「熱中症には気をつけましょう」という場内放送を耳にしながら、
気をつけないととアクエリアスをがぶがぶ飲んでおりました

ところが時間とともに調子が悪い
身体中が暑くて暑くてかなわない~
熱が身体にこもって全然放出されていない感じなんです

オットも私の手を触って「アチッ!」って驚いて、慌てて団扇で扇いでくれました
「何でだろう・・・?おかしいな」と思いながらも更に15分程経った頃、
クラクラして気分が悪くなってきました

何となくこのままここにいたらおかしくなる~と危険を感じたのでオットに
「ごめん、気分が悪い。私一人で帰るわ・・・」と言うと
「え!」とオットの困惑した顔
「大丈夫私はタクシーで帰るから、このまま一人になっちゃうけど観ていって!」
と一人席を立ちました

そうは言ったもののまだ開始前の会場 
ものすごい人の波が向かってくるのと逆行して歩いていくのはしんどく、しかも立ち上がって歩くうちに
ますます気分が悪くなり、たまらず傍らの警備員に気分が悪いと伝え、救護所に連れられて行くことになりました

この日第一号の記念すべき患者だったせいか、待機していた医師と看護師から手厚い歓迎を受け(笑)、
救護所となるテントのベッドに横たわり扇風機やらヒヤロンで身体を冷やしてしばらく様子をみることに

とにかく暑くて暑くてヒヤロンもあっという間に熱くなって使い物にならない状態でしたが、
時間と共に気分が楽になってきてホッとしました

「熱中症の症状ですね・・・ところで旦那さんはなぜ一緒じゃないの??」

まあ、こういう場合、一般的には一緒に帰るものなんでしょうね・・・
でも1年に1回観たいものを私のせいでダメになるのもかわいそうだしね(笑)

救護所を後にしてまた会場に向かってくる客とは思いっきり逆行して歩き、
ようやくタクシー捕まえ自宅へ自宅に辿りついた瞬間、爆音のような花火の音で開始を知るという
今年はちょっと悲しい花火大会となってしまいました(泣)
まだまだ猛暑は続くそうなので、熱中症にはくれぐれも気をつけましょうね!


そしてその翌日

こちらも例年この時期にあるイベント
門前仲町の富岡八幡宮の例祭の行事の1つで、
八幡様の境内で行われるガムラン演奏とバリ舞踊

昨年は開始1時間前から席取りしてたけど、さすがに昨日の今日だし、
しかも猛暑が完全に戻ってきたような暑さ
念の為、今回は開始時間ギリギリに出かけ立ち見でちょっとだけ観ることにしました

b0161409_8315549.jpg


開始前
ステージとなる参道脇は人で埋め尽くされてます
今回は外れの立ち見で

b0161409_8342841.jpg


おお~始まった!
ガムラン演奏隊、がんばってますね~
一番前の上手そうな人はイネ人かな

b0161409_8353671.jpg


場所が悪かったのでどうしても人の頭入ってしまうのよ~

そしてちょっとだけ雰囲気を味わいたい方に⇒





本当にちょっとだけ!!
実はメモリーカード不足してたんです(笑)
相変わらずボケボケ~やはり昨日の暑さで脳までやられてたみたいです

先月現地で本場の物を堪能してきたせいか、今年はちょっと物足りなく感じてしまいました
でも皆さんがんばっていらっしゃったし、東京のしかも神社の境内でバリ気分を味わえるなんて
なかな貴重な催しだと思います^^
例祭は毎年15日辺りなので興味のある方は行ってみてください♪
[PR]
by enakdays | 2010-08-18 08:44 | daily | Trackback
トラックバックURL : https://enakdays.exblog.jp/tb/13791694
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< マヤウブド~あの部屋へ イケテルCHANDI@スミニャック >>