<< どっちを選ぶ?Room No.... warung semestaで... >>
敷地散策&お部屋見学&そして・・・@テガルサリ tegal sari
b0161409_23384176.jpg


今回ちょっと長い記事になってしまいました(汗)

しつこいくらい撮ってしまった田んぼの写真
同じような写真がいっぱいあります
お部屋から目の前一面に広がる田んぼ
もう見ちゃうと撮らずにはいられない(笑)

テガルサリの細長い敷地を散策しました
敷地は両面田んぼに挟まれ細長く、そこにお部屋や施設が建てられています
田んぼがいわゆるこの宿の庭といった感じ

b0161409_232848.jpg


テガルサリの正面入り口
鬱蒼とした緑が風情があります

b0161409_23282859.jpg


レセプションへ通じる道
熱帯植物が生い茂るちょっと怪しげな雰囲気に惹かれる

b0161409_23285550.jpg


テガルサリには小さな池が点在してます
ここにも池があって奥にはバレがあります

b0161409_23294118.jpg


レセプションはこじんまり
サブローさんは私が滞在中夜のシフトだったので
あまりお会いすることができなかった・・・残念
でもテガルサリのスタッフは皆親切なので私の下手なインドネシア語にも
付き合ってくれてとても楽しく話ができました

b0161409_233007.jpg


こちらがレセプション脇のレストラン ABIAN
SEMESTAとは雰囲気だいぶ違います
でもこっちの方がやはりテガルサリらしい雰囲気


b0161409_23302729.jpg


南国のお花etc.


b0161409_2331627.jpg


プール
たった2泊の滞在だったし
またいつもの如く忙しく出歩いていた為泳げませんでした
でもプールからは田んぼが見えるしきれいに維持されているので
時間があったら泳ぎたかったな


b0161409_23313129.jpg


最近出来たヴィラのある辺り
この辺は道までヴィラ仕様できれいに舗装されていて
一見するとスミニャック辺りのヴィラの小道のような雰囲気に見えなくもない(笑)
ヴィラは新しくてきれいだけどお部屋からは田んぼが見えないと聞いたけど・・・
ちょっとそれだと勿体無い気がする


b0161409_2332618.jpg


こちらがテガルサリの敷地マップ


b0161409_2333389.jpg


当初泊まってみたかったSUPER DELUX ROOM WOODEN
8ヶ月前でも予約が取れなかったほどの人気のお部屋
ちょうどお部屋が空いたらしいので折角なのでスタッフにお願いしてお部屋を見せてもらうことに

b0161409_23332725.jpg


ああ~絶景
2Fのテラスも広いし、やはり開放感が違います!
次回は是非ここに泊まってみたいぞ~!!
でもDuplexの2フロアー使える点とジャグジーバスも結構捨てがたい気もする

b0161409_23335095.jpg


ところでこの建築中の建物は?
テガルサリファンには朗報です
現在SUPER DELUX ROOM WOODENと同タイプのお部屋を建設中
3棟 上下で全6部屋
今年の9月に完成・・・・て本当に完成するのかな(笑)
これができるとチャンスが巡ってくる確率も高くなるかも??
配置はマップに記しておきましたのでご覧下さい



テガルサリの良い点は
お部屋の掃除が行き届いているところ、お部屋から見える田んぼビュー、
それにやはりコスパが高い!

でも一番心に残ったのはスタッフの笑顔とサービス!
フロントのスタッフから庭掃除のスタッフまで皆顔を合わせると
優しい笑顔で挨拶してくれます
それってやはり重要
笑顔があるとないとでは同じ滞在でも快適さが全然違ってくる


チェックインの時に実はちょっとしたハプニングがありました
サブローさんが空港に迎えに来てくれた車に何と私ったら財布を置き忘れて
お部屋に入ってしまったらしいんです
空港近くで水を買いに行く時に財布だけ持っていったので
帰ってきてそのまま車のシートに置いてしまったらしいんですよね
全然記憶がないってすごいんですけど^^;深夜だったしね・・・(苦しい言い訳)
そしてずっと財布がないまま気付きもせず、翌朝になってフロントから一本の電話
サブローさんからだ

「お財布手元にありますか?」

チェックしたらお財布がない!!

日本円用と外貨用と旅行中は二つ財布を用意していくのだけど
そのうち外貨用のお財布がない・・・
慌ててフロントに行ってどんなお財布か中にいくら入っているか聞かれました
それに正しく答える私にスタッフは笑顔で財布を返してくれました

このお財布は外貨用に準備した財布なので1万円相当のルピアしか入っていなかった
とはいえ、現地の人にとったら結構な金額

それがこんな形で大切に保管して返してくれたこと
普通のことなんだろうけど、とても有難い気持でいっぱいになりました
サブローさんはもうこの時はシフトが終わっていて会えなかったけど
翌日会った時にしっかりお礼を伝えました
彼はとてもホッとしたような様子だった・・・

サブローさん、本当にいい人だ♪


b0161409_23413828.jpg


スタッフの温かさが心に沁みて
後ろ髪をひかれながらのチェックアウトは初めての経験かも・・・

また帰ってくるね~サブロー♪
[PR]
by enakdays | 2011-06-05 00:01 | bali hotel@Ubud | Trackback
トラックバックURL : https://enakdays.exblog.jp/tb/15693012
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< どっちを選ぶ?Room No.... warung semestaで... >>